HOME >> スケジュールに戻る > 大阪ラプソティ Vol-24。
大阪ラプソティ Vol-24・観衆205人

5月11日(日) 12:00開場・12:30開始  会場:大阪市立生野区民センター
大阪府大阪市生野区勝山北3-13-30
TEL:06-6716-3020


ADEYAKAブロック公式戦(15分1本勝負)
<2試合/3点>◯桜花由美(10分27秒、エビ固め)
渋谷シュウ●2試合/2点>
※タイムマシンにのってを切り返して


5・5後楽園で開幕したCATCH THE WAVE2014。
初戦で木村響子と当たり、まさかの引き分けとなってしまったRegina桜花由美。
戦前、二上美紀子社長は「桜花が決勝トーナメントに残れない場合はRegina剥奪」と厳しいコメントを寄せていただけに、桜花にかかるプレッシャーは大きい。


対照的に渋谷シュウは後楽園大会のメインを任され、見事勝利。
さい先良いスタートを切ったばかりだ。

開始早々、フォール合戦が繰り広げられる。
その後は静かな攻防が続いたが、ビッグブーツが決まり出すと、流れは桜花へ。

渋谷もドラゴンスクリューを皮切りにニークラッシャーを連発。桜花の足を破壊にかかる。
さらにDDT、ノーザンライトSH、ミサイル弾と追い打ちをかけると、桜花のビッグブーツをキャプチュードで切り返す。


桜花のネックハンギングボムや、ビッグブーツも切り返した渋谷は、タイムマシンにのってを狙ったが、最後の最後で桜花が切り返して3カウント。
リーグ戦初勝利を飾った。

TSUYAYAKAブロック公式戦(15分1本勝負)
<2試合/1点>▲紫雷美央(15分、ドロー)
飯田美花▲<2試合/3点>

若手からの脱却をはかる飯田美花。
旬な選手揃いの20代(TUYAYAKA)ブロックの中で、どこまで存在感をアピールできるのかも見どころの一つだ。


得意のグラウンドで試合をリードする飯田。
会場が静まり返るなか、静寂を破ったのは美央だった。
張り付けドロップキック、619と試合を動かす。

しかしながら飯田も再び関節技を駆使して、美央の動きを止めると、ミサイル弾からのアームロックを決める。

関節地獄に苦しめられた美央だが、首4の字固めで形勢逆転に成功すると、顔面へのサッカーボールキックを叩き込む。


飯田も反撃のヘッドバット! 鈍い音を響かせると、美央も負けずにやり返す。
再度、ヘッドバットを後頭部に放った飯田はヨーロピアンクラッチで丸めるがカウント2。
その後も果敢に丸め込んでいくが、いずれもカウント2止まり。

残り30秒から飯田はフィッシャーマンSH、これをキックアウトした美央がヘッドバットを放つと、飯田もヘッドバット返し。
額に大きなたんこぶを作った飯田だったが、時間切れ引き分けに終わってしまった。

YOUNGブロック公式戦(10分1本勝負)
<1試合/2点>◯山下りな(5分13秒、エビ固め)
あきば栞●<1試合/0点>
※バックドロップ

3月にデビューしたばかりのアイスリボン・あきば栞のリーグ初戦は山下りな。
「お願いします」と握手を差し出すあきばに、山下がガットショットでご挨拶。
そのままゴングとなった。

山下はエルボー、ボディースラム、逆エビ固めに捕らえたが、あきばは匍匐前進でエスケープ。
コルバタを放ったあきばはドロップキックの連発でお返しする。


一方の山下もカウンターのショルダータックルで再び攻めに転じると、逆エビ固めでステップオーバー。
あきばの悲鳴が響きつつ、かろうじてロープに手が届く。

逆襲に出たあきばはウラカンラナでカウント2。
山下のバックドロップも首固めに切り返すなど対策はできていたが、山下もしつこくバックドロップを狙い、手堅く勝利。
勝ち点2をゲットした。

.OSAKAコミカルWAVE(20分1本勝負)
フェアリー日本橋&救世忍者・乱丸&◯チェリー
(8分14秒、ウラカン?ラナ)浜田文子●
&ハイビスカスみぃ&華名


5・5後楽園大会で勃発した凡女美ィーナス解散騒動。
袂を分けた乱丸とみぃがそれぞれ凡女美ィーナスを名乗り、非常にややこしい状況のようだ。

開始早々、乱丸は「おいおいおいおい、お前らよ。5月5日から凡女美ィーナス解散するみたいな話になって、私は解散する気ないのに、みぃちゃんが『そんなら解散じゃ』と乗ってしもて、みぃちゃんが大女の大阪大会でカードを変えたんじゃ。そして今日のカード、実は華名が決めたということは、華名が黒幕やったんや! というのが前回までのあらすじや」と長々と事情説明。

「みんなで力をあわせて行くぞ!」と華名に向かっていくが、フェアリー&チェリーは無視。
乱丸ひとりが餌食となる。
フェアリーが「お待ちになって」と止めに入ると、一瞬は足を止めるみぃ&華名&文子だったが、すぐにストンピング。乱丸をボコボコにした。


劣勢の乱丸だったが、華名の胸を鷲づかみにしてパイスラム(?)。
手応えがあったようで、満足げにチェリーとチェンジした。
華名もみぃと同時に交代。

チェリーはみぃとのタッグ結成を打診するが、みぃの返事はNO。
スタナーを放って相手にしないどころか、「この妖怪が!」とドロップキックを叩き込む。

続いて文子vsフェアリーへ。
フェアリーの自己紹介を文子が河津掛けで遮ると、ファンは大ブーイング。
やりづらそうな文子だったが、構わずにボディースラムにニールキックを放っていく。

乱丸が慌ててカットに入ると、文子&華名の標的が乱丸に移る。
このピンチを「金縛りの術」で乗り切ろうとする乱丸。
だが、文子が無視すると、乱丸ではなく華名が「空気読んで貰っていい? 乱丸の忍法やからかかっとかなアカンちゃうの?」と仲間割れ!?

フェアリーが「お待ちになって。仲間割れはよくないわ。私とお友達になりましょ」と仲裁に入るが、無視されると、「このー! バカにするなっ!!」とステッキ攻撃で華名&文子を投げまくった。
やりきったフェアリーも満足してチェリーと交代。


チェリーはみぃにチェリートーンボムからカバーにいくと、乱丸が条件反射でカットに入る。
この行動に少しは心が動いたみぃだったが、解散の意志は固かった。

この雰囲気に耐えられない文子が試合を終わらせようとライガーボムの体勢。
だが、華名が邪魔に入ると、すかさずチェリーがウラカンラナで文子をクルリ!
勝ったチェリーが一番驚くという結果に終わった。

試合後、華名はチェリーとみぃを引き連れ「私のもんやねん。コイツはもろたで」と退場。
その姿を追う乱丸は「待て! みぃちゃん、それでええの!? 操られているだけやで。みぃちゃん、なんか言うてや、みぃちゃ〜〜〜ん……」と悲痛な叫びを上げた。

To be Continude……?

YOUNGブロック公式戦(10分1本勝負)
<1試合/0点>●夏すみれ(5分00秒、片エビ固め)
世羅りさ◯<2試合/2点>
※エアーズロック

世羅りさvs夏すみれのビジュアル&ヤング対決は、夏が開始早々のドロップキックで先制し、ダイヤル固めでまわしていく。


世羅もダブルニードロップでお返しすると、夏は「イッテーな!」とエルボー合戦を挑む。
ひるまない世羅はドロップキックからの逆エビ固め。
エスケープされると、セラリズムバスターを狙うが、これは夏が丸め込みで切り返す。


ならばと世羅はもう一度セラリズムバスター。
返されると、最後はエアーズロックでトドメを刺した。
試合後、世羅はセコンドにいた山下をしっかりと挑発し、リングを降りた。

TSUYAYAKAブロック公式戦(15分1本勝負)
<2試合/0点>●春日萌花(9分20秒、片エビ固め)
大畠美咲◯<1試合/2点>
※花マルどっかん

序盤からアクセル全開の春日は、各種フットスタンプを連発。

試合をリードしたが、大畠はヘアホイップであっさり攻守を入れ替える。
さらに低空串刺しボディーアタックにミサイル弾を叩き込む大畠。

一方、春日は飛びつきコルバタから、腰へのダイビング・フットスタンプを命中させる。
丸め込みの応酬では一歩も譲らず。


いずれもカウント2に終わると、大畠がカウンターのバックブローから逆打ちを敢行。
キックアウトされると、花マルどっかんでトドメを刺した。
これで大畠は勝ち点2。春日は2連敗を喫してしまった。


ADEYAKAブロック公式戦(15分1本勝負)
<2試合/2点>◯山縣優(11分11秒、片エビ固め)
藤本つかさ●<2試合/0点> ※L.A

互いにリーグ初戦は黒星発進。


早く1勝をあげ、気持ちをラクにしたい2人の対戦となった。

力比べにグラウンド、場外を使った攻撃など、ベテランの山縣が試合をリードする。

執拗な腕攻めに遭い、劣勢の藤本だったが、ロープに振られたところをカサドーラで攻守を入れ替える。
さらにはドロップキックで山縣を場外に落とすと、プランチャで追撃。
張り付けドロップキックで突っ込んでいく。
返されるとクロスフェースに、逆さづり串刺しキックを放つ。


藤本も2発目をかわして、ミサイル発射。
キックアウトされると、ビーナスシュートを狙うが、山縣が後ろから掴んで、バッククラッカー。

続くエルボー合戦に打ち勝った山縣がロープに走ると、藤本はカウンターのドロップキック。山縣もすぐにやり返し、フェースクラッシャーで叩きつける。


残り5分。藤本はツカドーラを狙うが、山縣が押しつぶしてカウント2。
すぐさま藤本も延髄斬りからのビーナスシュートを狙うが、かわした山縣がキックのコンビネーションで攻め続け、最後はLAで仕留めたのだった。


Copyright (c) ProWrestling WAVE & KENTASTY All rights Reserved.