2019.09.16

HAKODATE WAVE

9月16(月・祝)
HAKODATE
none
1、HAKODATE・ヤングwave(20分1本勝負)
笹村あやめ&○有田ひめか(11分38秒 片エビ固め)優宇&進垣リナ●
※ジャンピング・ニー
none
2、HAKODATE・MOTHERwave(15分1本勝負)
○星ハム子(12分36分 ハムロール)旧姓・広田さくら●
none
3、HAKODATE・wave of wave(15分1本勝負)
○宮崎有妃(11分02秒 外道クラッチ)HIRO'e●
none
4、HAKODATE・スクランブルwave(30分1本勝負)
○水波綾&野崎渚&中島安里紗(18分11秒 エビ固め)桜花由美&志田光●&世志琥
※ホットリミット
none
5、ビーフインパクトプレゼンツ・バトルロイヤルwave(時間無制限勝負)
○志田光(24分28秒 スモール・パッケージ・ホールド)旧姓・広田さくら●
▼参加選手
桜花由美、宮崎有妃、水波綾、野崎渚、HIRO'e、中島安里紗、星ハム子、世志琥、優宇、笹村あやめ、有田ひめか、進垣リナ
【各種当日割引のご案内】
■障害者割引
障害者手帳をお持ちのお客様、
身体障がい者(第1種)の方の介護者(1名)の方
各席種2000円引き※自由席のみ2000円
■学生割引
大・高・中・専門学生
自由席=2000円
■小学生以下は保護者1名につき1名自由席無料。
※障害者割引以外はその他席種の場合は通常料金。
各種割引に対する証明証をご提示願います。
2019.09.15

SAPPORO WAVE~NA・MA・RA7

9月15日(日)
SAPPORO WAVE~NA・MA・RA7
none
1、SAPPORO・エボリューションwave・Ⅱ(15分1本勝負)
○中島安里紗(11分05分 ドラゴン・スープレックス・ホールド)HIRO'e●
none
2、SAPPORO・MIX wave(20分1本勝負)
○笹村あやめ&吉田孝志(9分52秒 ブロック・バスター・ホールド)進垣リナ●&頓所隼
none
3、SAPPORO・パワーwave(15分1本勝負)
●桜花由美(10分53秒 片エビ固め)優宇●
※ビッグブーツ
none
4、SAPPORO・スクランブルwave(20分1本勝負)
○水波綾&有田ひめか(14分59秒 ラ・マヒストラル)野崎渚&世志琥●
none
5、DUAL SHOCK WAVE~WAVE認定タッグ選手権試合(30分1本勝負)
〈王者組〉宮崎有妃&○旧姓・広田さくら(20分58秒 サクラライト)星ハム子●&星いぶき〈挑戦者組〉
※急遽タイトルマッチに変更。第23代王者組が3度目の防衛に成功。
2019.09.01

「NAMI☆1〜Sep〜」

◎入場式
リニューアル後、初の所属選手だけの大会となった今回の「NAMI☆1(ナミイチ)」興行。今大会ではおニャン子世代の桜花由美、宮崎有妃、旧姓・広田さくらと、AKB世代の水波綾、野崎渚、HIRO’eにわかれ、シングルマッチ3本、3WAYマッチ、2VS1のハンディマッチ、6人タッグマッチの計6試合がおこなわれた。

また対抗戦とは別に同会場でおこなわれた人気投票、2ショット撮影回数、ポートレートの販売数、さらに大会終了後に、新宿歌舞伎町の女子プロレスバー「ちゃんす」に場所を移しカラオケ対決をおこない、個人の総合得点の一番高かった選手の願いが叶えられるという特別企画も実施された。
まずはwave選手が入場。選手を代表し、桜花由美社長が「みなさん、こんにちはー!(観客からこんにちは!の声)もっと元気よくよろしくお願いします。こんにちは!(こんにちは!)ありがとうございます。本日はwaveの6選手のみでおこなわれる大会です。waveの選手が一人3試合、闘い抜きます。こっちのAKB世代チーム、私たちおニャン子世代チーム、お客様はおニャン子世代が多いと思っています。どうですか? おニャン子世代だろ! わかってるぞ。これはチーム対抗戦なので、応援したいチームを思い切り応援してください。選手一同、3試合、気合入れて張り切って闘っていきますので、お客様も盛大に応援のほうよろしくお願い致します!」と挨拶。ナミイチ興行をスタートさせた。
1、waveOFwaves(10分1本勝負)
○宮崎有妃(2分3秒、体固め)野崎渚●


第1試合は、宮崎有妃VS野崎渚のKUSO ONNA NIGHT対決。野崎が先に入場したが、宮崎が奇襲しそのままゴングを迎えた。
野崎も串刺しビッグブーツで応戦するも、受け止めた宮崎がバックドロップでコーナーに投下。そしてムーンサルトプレスにつなげる。

これをキックアウトした野崎がドルミルⅡへ。
なんとか宮崎がブレイク。
走る野崎に宮崎がカウンターのラリアット。えびす落としを狙うが着地で逃れる野崎。すぐさまスクールボーイを狙う宮崎はロープの反動を利用したあと、そのまま押さえ込み3カウント!
2、waveOFwaves(10分1本勝負)
○桜花由美(8分30秒、エビ固め)HIRO’e●
※ビッグブーツ


第2試合は桜花由美VSHIRO’eのシングル対決。開始早々、HIRO’eがカサドーラからのエビ固め、スクールボーイ、回転エビ固めなどで仕掛ける。いずれもキックアウトされると走るHIRO’e。

桜花が払い腰で攻守を入れ替え、腕固めで捕獲する。耐えたHIRO’eがエルボー弾で向かっていく。桜花が「若いだけが人生じゃねーんだよ!」と叫べば、HIRO’eは「若いほうがみんな好きなんだよ!」と言い返す。ならばと桜花は「私にだって若いときはあったんだよ!」とクロスフェースへ。
これを耐えられるとキャメルクラッチに移行する。そして串刺しビッグブーツを狙うが、HIRO’eがかわして串刺しスピア。

攻勢に転じたHIRO’eは低空ウラカンラナからロングビーチへ。そしてミサイルキック、サクラ落としでカウント2。
桜花もエルボー弾でやり返し、キルスイッチ、カカト落としを敢行。ビッグブーツにつなげるもカウント2止まり。一方のHIRO’eも起死回生の裏カサドーラの体勢。あわやのシーンを作ったものの、なんとかキックアウトした桜花がネックハンギングボム、ビッグブーツと畳みかけて3カウント! これでおニャン子世代が2連勝。
3、waveOFwaves(10分1本勝負)
○水波綾(8分10秒、エビ固め)旧姓・広田さくら●
※ビッグブ
ーツ

最後のシングルマッチは同じ愛知県出身で、GAEA JAPAN時代では先輩・後輩の間柄であった旧姓・広田さくらVS水波綾の対戦。

開始早々、テンションの高い水波。それをかわすように広田がアームホイップ。リストロックの取りあいから水波がヒジへのエルボースタンプ。すると広田は「折れたー!」と主張。冷ややかな目を向ける水波に、広田は「なんだよ、その目は! あのときの輝いた目はどうしたんだ!」と投げかける。消極的になった水波に、今度は広田がヒジへのエルボースタンプ。水波も「折れたー!」とかぶせていくが、広田は「そんなわけねーだろ!」とロープ渡りへ。
水波は広田をロープから転落させると、マシンガンチョップでお仕置き。広田もフェースクラッシャーで応戦して走る。これを水波がパワースラム、レッグドロップに切り返す。さらに張り付けラリアットを狙うが、かわした広田が619。

広田の高田純次は自滅。広田は野崎を呼び込もうとするが、ここで偶然にも水波の鼻血に気付く。いままでの攻防からすると、そこまで激しいものはないだけにツッコミを入れる広田だったが、試合を続行させる。
広田の高田純次は自滅。広田は野崎を呼び込もうとするが、ここで偶然にも水波の鼻血に気付く。いままでの攻防からすると、そこまで激しいものはないだけにツッコミを入れる広田だったが、試合を続行させる。
裏投げを狙う水波。堪えられると張り付けラリアットからもう一発を狙うが、広田がふらふらドーン。カウント2。ときめきメモアリルからへなーらサンセットの体勢。だが持ち上がらずに下敷きに。カウント2。ならばとボ・ラギノールを突き刺す広田。これを水波が踏ん張り投げ返す。
すぐさまラリアットを叩き込むと、意表を突いたラ・マヒストラルで3カウント。AKB世代が初勝利を収めた。
◎公開抽選会
第3試合終了後、wave6選手がリングに上がり、このあとおこなわれる3WAYマッチと、2VS1のハンディキャップマッチのチェーン抽選会へ。その結果、第4試合は桜花由美VS野崎渚VSHIRO’eの3WAYに。そしてチェーンに封筒が付いていたHIRO’eにだけ2カウントフォールが適用されることがアナウンスされた。続く第5試合は、奇跡(宮崎&広田)VS水波のハンディマッチに決定。圧倒的に不利な水波には「お助けカード」が用意され、ピンチのときには使用できることが発表された。
4、3wave(15分1本勝負)
○桜花由美(7分41秒、エビ固め)HIRO’e●
※ビッグブーツ。もう1人は野崎渚

試合前、AKB世代のHIRO’eと野崎が「頑張りましょう」と握手をかわすと、負けん気の強い桜花はTommyレフェリーと握手。おニャン子世代の桜花が一人のため、3WAYとはいえ、2対1の状況となるのは必至だ。

案のじょう開始早々、孤立する桜花。だが2人にまとめてフェースクラッシャー。串刺し攻撃はうまいこと野崎を巻き込み競演してみせる。
戦況は野崎VS桜花へ。野崎はブレイジングチョップを連発。野崎&HIRO’eでツープラトンのブレーンバスターを狙うが、桜花が逆に敢行。ブラディーEXから桜花がケンカキックで追い打ちをかける。

ここでHIRO’eは野崎を裏切りカサドーラ。カウント1。桜花にもカサドーラでカウント1。桜花のブレーンバスターを首固めに切り返すHIRO’e。奮闘するもカウント1止まり。
野崎の串刺しビッグブーツ、桜花の串刺しビッグブーツがHIRO’eを捕らえる。桜花がカバーするも、野崎がカット。これでHIRO’eが戦線離脱。野崎VS桜花のビッグブーツ対決となり、相打ちを繰り返す両者。そしてダウン。
復活したHIRO’eが2人まとめてスピアでなぎ倒すも、カウント1。逆に桜花&野崎のダブルのビッグブーツを食らい失速してしまう。
野崎はHIRO’eにドルミルⅢ、耐えられるとランニング・ダブルニーアタックでカウント2。ザキゴエの体勢。これをHIRO’eがかわしてスクールボーイ、ヒロギョプサルでカウント1。ならばとカサドーラを狙うが野崎がフェースバスターへ。HIRO’eのサクラ落としもカウント1。走るHIRO’eに桜花がカウンターのビッグブーツ。
そして桜花は垂直落下ブレーンバスターで野崎を排除。HIRO’eにも垂直落下ブレーンバスターをお見舞いし、最後はビッグブーツでトドメを刺した。
5、ハンディwave(15分1本勝負)
○宮崎有妃&旧姓・広田さくら(11分18秒、外道クラッチ)水波綾●

第5試合は宮崎有妃&旧姓・広田さくらVS水波綾のハンディマッチ。水波には特別ルールとして困ったときの「お助けカード」が採用され、そのルールが一定時間認められることがアナウンスされた。

先に仕掛けたのは奇跡(宮崎&広田)の2人。広田がスパインバスターを決めると連係攻撃へ。そして宮崎の片足ドロップキックから広田がボ・ラギノールを決めると、水波が最初の「お助けカード」を要求。野中リングアナが読み上げたルールは「ハードコア」。曲が鳴っている間はハードコアルールが適用される、とのこと。
だが、このハードコアルールを使ったのは奇跡。宮崎はリング内にイスを持ち込み、水波を座らせる。普通であればここで顔面蹴りなどが来るところだが、宮崎は水波の目の前で広田に恥ずかし固め。ギブアップを迫るという作戦に出る。目の前で繰り広げられる光景を、首を横に振りながら耐える水波。奇跡らしいハードコア作戦に観客からは笑いが起きつつ、水波に「耐えろ!」の声が飛ぶ。さらに広田はリングロープを巻き上げるための金具を持ち出し、ナイフ・フィンガー・ゲーム。
なんとか水波が耐えきりハードコアルールが終了。すぐさま宮崎はビッグヒップ。水波を窒息地獄に陥れると、ここで水波から2枚目の「お助けカード」が要求される。今度のルールは「高速カウントルール」。ここでも宮崎が仕掛けていく。丸め込みを連発すると、高速カウントでカウント2。場外カウントも高速だったため、休む暇もない水波と宮崎。リングに戻るとエビ固めの応酬となり、カウント2が量産される。
その結果、選手はもちろん、Tommyレフェリーが一番ダメージを負うハメに。

続いて、広田が高田純次の体勢。野崎を呼ぶが、姿が見えなかったためセコンドに来ていたマーベラスのMariaが犠牲となる。これが不発に終わると、広田は「この役立たずが!」と切り捨て試合に戻る。ときめきメモリアルの連発から広田が宮崎とタッチ。

ときメモの嵐に水波がまたまた「お助けカード」を要求。3枚目は「技ごっちゃんルール」となり、水波のみ相手の技を使っていいルールが採用された。ようやく反撃に出た水波はビッグヒップで広田、宮崎にお返し。しかし広田への一撃はボ・ラギノールで迎撃されてしまう。

ならばと水波はハンマー式プレスで広田を宮崎に投下。ハイテンションの高田純次を宮崎に成功させると、すぐさま恥ずかし固めを狙うも、これは未遂。逆に宮崎がラリアット。もう一度走る宮崎に、水波がふらふらドーン。キックアウトされるとショートレンジラリアットを宮崎に放って行く。ラリアットで追い打ちをかける水波だったが、ここで広田が水波にときめきメモリアル。宮崎がスクールボーイで丸めていく。返されると、すぐさま外道クラッチにつなげて勝利を収めた。
6、おニャン子世代VSAKB世代対抗wave(30分1本勝負)
○水波綾&野崎渚&HIRO’e<AKB世代>(21分18秒、エビ固め)<おニャン子世代>桜花由美&宮崎有妃&旧姓・広田さくら●<おニャン子世代>
※ホットリミット

メインイベントは桜花由美&宮崎有妃&旧姓・広田さくらVS水波綾&野崎渚&HIRO’eの6人タッグマッチ。場外乱闘で幕を明けると、広田が捕まりトレイン攻撃。水波のギロチンドロップが決まり、「AKB」コールで自らを鼓舞する。

おニャン子世代も出ていき、その水波を踏みつけキメポーズ。水波はHIRO’eと交替。小刻みエルボーを放って行くHIRO’e。広田もフェースクラッシャーからの高田純次へ。HIRO’eがガードすると、「…ということはHIRO’e、お前がやるということか!?」と仰向けになる広田。HIRO’eが走ると広田がガットショットで迎撃。そして野崎を指名する。
しかし広田は、自分のかわりにリング中央に雑巾をセット。雑巾相手に高田純次をやるハメになった野崎。しぶしぶ応じた野崎に対して、広田は「雑巾でやるか、普通」と冷ややかな反応で精神的なダメージを負わせていく。

怒った野崎は「誰がやりたいか!」とブレイジングチョップで反撃開始。ケンカキックで追撃する。さらにおしゃれキックを狙うが、かわした広田がボ・ラギノール。すかさず桜花が串刺しビッグブーツを野崎にお見舞いする。

今度は桜花VS野崎でビッグブーツのラリーとなる。野崎はドルミルを狙うが、かわした桜花がカカト落とし。エビ固めの応酬から野崎が桜花にドルミルⅡ。逃げられるとリバースおしゃれキックをお見舞いする。HIRO’eとタッチ。
HIRO’eのブレーンバスターはカウント2。ミサイルを発射させたあと串刺し攻撃を狙うが、桜花がかわしてブラ下がりブラディーEXへ。ダイビング・サンマドロップでカウント2。ここでおニャン子世代は宮崎のハンマー式ボディープレスで桜花→広田を投下したが、広田のみHIRO’eが両足で迎撃。

形勢逆転に成功したHIRO’eがスピアを敢行。10分経過。ならばと宮崎がHIRO’eに恥ずかし固め。さらに3人クローズラインで水波&野崎を排除する。

宮崎VSHIRO’eとなり、HIRO’eがスピア。サクラ落としでカウント2。すぐに宮崎は桜花との合体DDTでお返しし、スーパーパワーボムを狙う。これをHIRO’eが雪崩式フランケンシュタイナーに切り返す。
続いて水波VS宮崎へ。ラリアットで衝突を繰り返す両者。そこから宮崎がときメモからの首固め、外道クラッチにつなげるが、野崎が寸前でカット。攻守が入れ替わり、水波のギロチンドロップ、裏投げが決まる。一方、宮崎もえびす落としからコーナーへ。これを水波が突き落とすと、今度は広田が水波をボ・ラギノールで場外へ。

この状況にファンは手拍子。ファンに乗せられた広田がトペ・スイシーダを発射させると、そのままおニャン子世代がAKB世代を連れてバックステージへと消えていく。
しばらくして会場に現れると、奇跡の顔が緑色に染められている。どうやらHIRO’e&水波が返り討ちにした模様。しかし、最後に現れた野崎だけが失敗。桜花のグリーンミストを食らってしまったようだ。
何事もなかったかのように試合が続行され、3対3でブレーンバスターの掛け合い。これはおニャン子世代が制す。すかさず広田がミサイル発射。ボ・ラギノールの連発からへなストラルの体勢。これは未遂に。
混戦模様となり、桜花のビッグブーツが広田に誤爆。広田のふらふらドーンが水波に決まる。カウント2。ヒヤリとした水波だったがホットリミットの体勢。これをサクラライトに切り返す広田。キックアウトした水波はHIRO’eのスピアを挟んで、ラリアットで飛び込む。返されると水波がダメ押しのホットリミットで熱戦に終止符を打った。
◎エンディング
水波「最後までのご観戦ありがとうございました。ちょっと自分から一つ。自分、彩羽が持ってるレジーナのベルト、挑戦したいです。こないだの名古屋、あんなこと言われて、黙ってられねー、こっちは!」

桜花「それは私だって同じだよ。全員制覇? ふざけんじゃねーよ。私だってな、挑戦したいんだよ」
宮崎「私ももちろん挑戦したいと思ってるよ。あんなメインでもどこでもとかいい子ぶってたくせに、試合終わったらあんな口叩いて。本当イライラしてます。アイツのワキの下までなめ回してやろうと思います。私の怒りはそっちのほうに向かってます」

HIRO’e「私だってね、まだ挑戦したいんですよ」

桜花「お前は1回やっただろ、挑戦。私たちはまだなんだよ」

広田「そんなこと言ったら私だって挑戦したい」

桜花「お前はこないだ終わったばっかりだろうよ。私たちは全員制覇と言われて、本当イラっとしてる。だから私も挑戦したい」

野崎「私は時期を見て挑戦したいと思います」
桜花「みんな、waveの選手はレジーナのベルトを取り返したいと思っています。なので全員制覇って言われて黙ってられません。水波も私も宮崎さんもまだ彩羽と対戦していません。なのでこの3人、誰が最初に挑戦しにいくかはあとで決めたいと思います。waveのベルトがwaveに戻ってきますようにみなさん応援よろしくお願いします!」

ここで、本大会でおこなわれた投票結果が野中リングアナウンサーから発表され、3位=桜花由美、2位=HIRO’e、1位=水波綾となった。ちなみに残りの3名は同票だったとのこと。
水波「わ、どうしよう。なんで桜花さん、涙目なんですか。すみません、ありがとうございます! どうしよう、ビックリしちゃった。私が1位なので締めちゃっていいんですね。私が締めたいと思いますが、今日はビッグウェーブはやりません。会場が満員になったらみなさんでビッグウェーブやりたいと思いますし、それは名古屋から言っててね、広田さん。ねっ! ということで今日はコール&レスポンスやって、これがwaveだー!で最後絞めたいと思います。今日の波は最高だったか? なんだっけ? この波に乗り遅れるなよ! また波に乗りに来てねー! よっしゃー、行くぞ、これがwaveだ! ありがとうございまーす!!」
2019.08.25

GOLDEN GRAMPUS~JAN☆DARA☆RIN~

none
1、NAGOYA・ヤングwave(15分1本勝負)
○高瀬みゆき&美月(14分23秒、体固め)沙恵&Maria●
※ブレーンバスター
none
2、NAGOYA・プレミアムwave~President(30分1本勝負)
○桜花由美(11分25秒、片エビ固め)井上京子●
※ビッグブーツ
none
3、NAGOYA・wave of waves(20分1本勝負)
○野崎渚(5分52秒、ドルミル)HIRO’e●
none
4、NAGOYA・プレミアムwave~ANJO(30分1本勝負)
○高橋奈七永(16分21秒、パッションパッケージ)宮崎有妃●
none
5、NAGOYA・プレミアムwave~OOGIDAI/JH(30分1本勝負)
○里村明衣子(17分45秒、片エビ固め)水波綾●

※スコーピオ・ライジング
none
6、プレミアムwave~OWARI~Regina di WAVE~WAVE認定シングル選手権試合(30分1本勝負)
<王者>○彩羽匠(15分25秒、エビ固め)旧姓・広田さくら●<挑戦者>
※ランニングスリー。王者2度目の防衛に成功
2019.08.12

「anniversary wave 12th」

◎入場式
8月12日、後楽園ホールにて、12周年記念興行を開催。大会に先立ち、所属全6名がリングへ。選手を代表して挨拶を任されたのは、メインイベントで彩羽匠が持つレジーナに挑戦するHIRO’eだった。「みなさん、本日はwave12周年、後楽園ホール大会にご来場ありがとうございます。12周年を迎えた今日、waveのリングマットが新しくなりましたー! 汚さないように気をつけてもらって、これからもリングマットと一緒に頑張っていきたいと思います。13年目のwaveもみなさん変わらず応援してください。そして私はメインで彩羽匠のベルトに挑戦します。必ず取ってみなさんと一緒にビッグwaveをやりたいと思うんで、みなさんよろしくお願いします。本日、全7試合、休憩なしとなっております。みなさん応援のほうよろしくお願いします!」と元気よく大会をスタートさせた。
1、ヤングwave(15分1本勝負)
○星いぶき&Maria&梅咲遥(8分41秒、片エビ固め)青木いつ希&進垣リナ●&星月芽依
※ダイビング・ボディープレス


wave12周年記念大会のオープニングマッチは、ヤングな選手たちによる6人タッグマッチ。スタートから元気ハツラツな6選手は、アピール合戦で沸かせる。

序盤は星月が捕まる展開。いぶきのショルダータックル。梅咲のドロップキックやクロスボディーが決まる。ボディースラムの体勢に入る梅咲。星月が堪えてエルボー合戦に。抜け出した梅咲のボディースラムが決まり、カウント2。星月もドロップキックでやり返してなんとか青木にタッチする。

青木はショルダータックルで梅咲を倒すと、小刻みエルボー。張り付けボディーアタック、ボディープレスでカウント2。さらにセカンドからのフットスタンプを狙うが、かわした梅咲がドロップキック、セカンドからのドロップキックをお見舞い。カウント2。Mariaとタッチ。
青木はショルダータックルで梅咲を倒すと、小刻みエルボー。張り付けボディーアタック、ボディープレスでカウント2。さらにセカンドからのフットスタンプを狙うが、かわした梅咲がドロップキック、セカンドからのドロップキックをお見舞い。カウント2。Mariaとタッチ。
勢いよく飛び出たMariaは青木にドロップキックを連発。しかしカウント2止まり。梅咲を呼び入れ、ダブルのドロップキックを成功させる。一方、青木もMariaを担ぐとバックフリップでやり返す。進垣とタッチ。

進垣はドロップキック2連発からワキ固めに移行する。耐えたMariaはドロップキックを放って、いぶきと交代。
ショルダータックルを見舞っていくいぶき。だが、トレイン攻撃につかまる。進垣とエルボー合戦を繰り広げたあと、グラウンドの攻防。攻守が入れ替わり、進垣がワキ固めへ。味方のMaria&梅咲が助けに入ると、いぶきが復活。ネックブリーカードロップを決めると、カウンターのローリングエルボーをお見舞い。最後はダイビング・ボディープレスにつなげて勝利をおさめた。
2、ルチャwave(20分1本勝負)
AKINO&○Leon(10分40秒、クラッチ・デ・ガオー)本間多恵&X=ミル・サクラカス●


AKINO、Leon、本間多恵といったルチャスタイルを得意とする選手が集結した第2試合。本間のパートナーは当日発表の大物Xとされていた。大物Xとは誰か? 注目が集まるなか、会場に流れたのはミル・マスカラスのテーマ曲!? 確かに大物のテーマ曲だが、現れたのはマスクを被った旧姓・広田さくららしき人物。リングアナは「ミル・サクラカス」とコール。マスクの正体がほぼほぼわかるネーミングにガッカリするAKINO&Leon。Tommyレフェリーも「大物だと聞いていた……」と落胆の表情を浮かべる。
そんななか、試合は本間VSLeonでルチャらしい攻防。Leonがリープフロッグをみせれば、本間はアームホイップ。AKINOがガットショットでカットに入ると、本間はAKINO&Leonにクロスボディーを放つ。キャッチされてしまうと、サクラカスがクロスボディーでカットに入る。だが、かわされ本間に誤爆。

続いてAKINOが出ていき、本間にローキック。そしてロープに張り付けると、AKINOがキック、Leonが逆水平チョップを交互にお見舞い。そしてダブルのフライング・クロスチョップを放つ。さらにLeonが本間をスリーパーで捕獲。サクラカスがロープワークからカットに入るかと思いきや、「頑張って!」と励ますだけ。
ローンバトルを強いられる本間。なんとかLeonにヘッドシザースホイップを放つと、サクラカスがボ・ラギノールでようやく出ていく。さらにAKINO&LeonにDDTを放つと、2人まとめてボ・ラギノール。AKINO&Leonが場外に転げ落ちると、本間がプランチャ・スイシーダで追い打ちをかける。
リングに戻った本間&サクラカスは同時にスパインバスターを敢行。すかさずダブルのジャベを狙うが、サクラカスはLeonのnoki-anバックブリーカーで捕獲されてしまう。さらにLeonはバックブリーカーを決めると、マッドスプラッシュ。これは本間がカット。

本間はAKINO&Leonを相手に孤軍奮闘。AKINOにミサイル発射。カウント2。サクラカスもミサイルキックで続き、ボ・ラギノール、そして619を決める。4選手が入り乱れるなか、AKINOはサクラカスにハイキック。走るAKINOにサクラカスがふらふらドーンでカウント2。混戦となるなか、サクラカスはLeonにへなストラル。カウント2。最終的にはLeonがクラッチ・デ・ガオーに切り返し3カウントが入った。
試合後、サクラカスがわりと流ちょうな日本語でマイク。

サクラカス「メキシコから今日のためにはるばるやってきたよ! ありがと。ルチャの神髄、見せられたと思うよ。ルチャ大好きなんだよ。ここで提案がある。私の妹分の旧姓・広田さくらといういい選手がいるんだけど、その選手が10月1日、自分の興行やるといってる。私もちろん、オファーを受けてメキシコからまたくる。ルチャをやるにはお前達が必要だ。10月1日、出てくれるか?」

サクラカスは本間、Leonの了承を得るも、AKINOは「ごめん。10月1日でしょ? すごい忙しい」とお断り。するとサクラカスは「オマエ地獄に落ちればいいよ! とっておきのヤツ、メキシコで小林香萌、いい選手と聞いた、その選手も出てくれるよ。10月1日、ルチャの神髄を見せてくれるよ。どうもありがとう!」と返した。
3、Future wave(15分1本勝負)
○優宇(8分16秒、レフェリーストップ)野崎渚●
※変形片羽締め


CATCH THE WAVEのビジュアルブロック優勝を果たしたものの、波女を惜しくも逃した野崎渚に用意されたのは、優宇との初シングルマッチ。

ロックアップから優宇が押し込みクリーンブレイク。今度は野崎が押し込み、逆水平チョップを狙う。これをかいくぐる優宇。すぐさま野崎は串刺しビッグブーツ、ドルミルの体勢に入るが、脱出した優宇が逆にスリーパーへ。なんとか野崎がロープ。
優宇は逆水平チョップを放つと、野崎もブレイジングチョップでお返し。激しいラリーが繰り広げられ、改めて逆水平を狙う優宇。これをキックで払った野崎がビッグブーツで攻勢。おしゃれキック→ビッグブーツ→ランニング・ダブルニーアタックにつなげる。
さらに野崎はドルミルで捕獲。なんとか脱出しようとする優宇。マットに野崎を叩き付けて解くと、すぐに走る。これを野崎がビッグブーツで迎撃する。
5分経過。優宇のセントーンに、野崎は片足ドロップキックで応戦。ビッグブーツを狙うが、受け止めた優宇が担いでコーナーに叩き付ける。そしてキャノンボール。カウント2。ここで優宇は片羽締めへ。なんとか脱出した野崎が走るが、優宇が払い腰。そして、もう一度、片羽締めへ。旋回したあと、変形の片羽締めへと移行。グイグイと絞り上げると、野崎が朦朧としたためレフェリーが試合を止めた。
4、Hot wave(20分1本勝負)
▲水波綾(15分41秒、両者ノックアウト)志田光▲


4・14新木場で時間切れ引き分け。決着をつけるべく4・28大阪で再戦が組まれていたが、直前に水波綾が蜂窩織炎のため緊急入院。決着はお預けになっていた。志田光は10月の自主興行以降、AEWに合流するため、これが渡米前のラストシングルとなる可能性が高い。
試合はロックアップでスタート。水波が押し込み逆水平チョップ。かいくぐった志田が走ってショルダータックル。受け止めた水波が豪快なショルダータックルを放つ。すぐさま志田もドロップキック。水波もショルダータックルで応戦しボディースラム、ギロチンドロップでカウント2。キャメルクラッチで捕獲したが、志田は噛みつきで脱出。
続くブレーンバスターの掛け合いを制したのは志田。ランニングニーで追い打ちをかける。水波もパワースラムでやり返し、張り付けラリアット、レッグドロップを敢行。すぐさま肩固めへ。志田がなんとかブレイク。
今度はコーナーに向かう水波。追いかける志田。2人ともエプロンへと転落すると、志田がエプロンでインプラント。場外に落ちた水波に、志田がエプロンからのヒザ蹴り、雪崩式ブレーンバスターでリングに戻す。カウント2。ファルコンアローもカウント2止まり。スリーカウントはカウント1。後頭部へのヒザ蹴りもカウント1。
驚異的な打たれ強さをみせる水波がショートレンジのラリアットで反撃開始。正調ラリアットを叩き込む。いずれもカウント1。水波のラリアットに志田はジャンピング・ニーで応戦。10分経過。さらに水波もラリアットを放ちダブルダウンとなる。

立ち上がるとエルボーの打ち合いに。ここから水波が裏投げを放ち、ラリアットで追い打ちをかける。さらにもう一発を狙ったが、これは志田もかわす。ここで志田は目突きからの首固め。キックアウトされると延髄斬りから走る志田。

しかし水波がラリアットで迎撃し、ホットリミットにつなげる。だが、惜しくもニアロープでカウント2。もう一度、水波はホットリミットの体勢。着地した志田が後頭部へのスリーカウント、もう一発スリーカウントを叩き込む。立ち上がった水波がラリアット、志田もスリーカウントでやり返す。2度目のダブルダウンとなり、両者立ち上がれずにKO裁定となった。

試合後、水波は「志田! 志田のまっすぐで熱いプロレスが自分は好きです。アメリカ行っちゃうけど、絶対、絶対、世界の志田になってきてください。そして、自分たちのシングル、決着ついてないから、どこまででも行って決着つけてやるからな。今日はありがとうございました」とマイク。決着戦はまたもやお預け。次の機会は日本になるのか、それとも志田の新天地となるアメリカとなるのか? いずれにせよ熱い闘いは間違いない。
▼バックステージ
——志田戦は4月の大阪で流れたカードだが。

水波「そうなんですよ。入院しちゃって」

——そこからの思いを引きずっていた?
水波「それももちろんあるんですけど、それはまず一番にありますし、志田のファイトスタイルっていうか、私はどんな志田がいるか知りませんけど、私の対角に立つ志田は、まっすぐで熱い気持ちがあって、本当に感情でぶつかって勝負してくる。そこの勝負をしてくる選手だと思っているので、自分ももちろんそういうタイプの人間だし、同じ者同士やるのがすごく刺激になるし、ここ最近のAEWに行くのが近づくのにつれて、志田のプロレスが本当に毎回、毎回、大きくなっていくし、それは世界を見据えているからかなと思ったり、そういう姿を本当に素直に尊敬。異国の地で勝負するわけですから、尊敬できる半面、自分もまだまだできるんじゃないかとか、自分もまだまだ悔しい。そういった気持ちも同時に沸き起こってくるので、やっぱり水波綾というレスラーが成長するためには必要な選手だなと思っています」

——今後はなかなか対戦できない相手、今日決着を付けておきたかったのでは?
水波「それはもちろん! もちろん×2。でも、元から勝負は当たり前なんですけど、この試合を終えたあとのは新しい自分に出逢えるんじゃないかっていうのを思っていましたし、次の里村戦に向けてここは絶対勝っておきたかったけど、勝てなかった自分っていうものに対してはこのままではもう1回、里村明衣子に負けるだろうっていうふうな気持ちはもちろんありますんで、そういう意味ではこのシングルは勝っておきたかったですけどね。まあでもいま終わった感じの自分が次のステージというか、そういったものを視野に入れれてる。『うわ、負けた、どうしよう』っていうウジウジではなく、この段階からしゃっかりと次を見据えているっていう部分でもう新しい自分になってると思うので。勝ってればなおスーパー・ウルトラ・すげー水波になってたんですけど。それができなかったのはちょっと…。あとはwaveの12周年ということもあったんで、まあでも私はこのまま貫きます。これが水波ですから!」
5、Anniversary WAVE~桜花由美デビュー18周年記念試合(30分1本勝負)
○尾崎魔弓(11分34秒、エビ固め)桜花由美●
※桜花のビッグブーツからのカバーを切り返して。


2001年8月19日にデビューし、今年で18周年を迎える桜花由美。記念試合の相手はOZアカデミーで同じ正危軍として行動をともにする尾崎魔弓だ。2人のシングルは、尾崎の30周年記念マッチ以来3年ぶりとなる。

試合前には桜花に記念の花束贈呈。その桜花がゴングと同時にビッグブーツで仕掛けていく。だが、尾崎も読んでおり、早々にチェーンを持ち出す。序盤からラフファイトを展開する尾崎。イスで桜花のヒザをぶっ叩いていく。さらにイスで桜花の指を挟んだ尾崎はチェーンパンチで追い打ち。
尾崎はこれをチェーンで墜落させると、桜花の首にチェーンをまき付け宙づり状態。このあと戦場は場外へ。
劣勢を強いられる桜花。いつもであればバラムチを使うところだが、ここはwaveのリング。丸腰で耐えた桜花はなんとかバックドロップを放つと、ビッグブーツで反撃。尾崎がセカンドロープにもたれかかると、場外助走からのビッグブーツ。ダイビング・サンマドロップにつなげる。
リングに戻ると桜花がビッグブーツ、尾崎がバックブローをお見舞い。走る尾崎に桜花がネックハンギングボム。すぐに尾崎もオザキックをお見舞いする。両者ダウン。ほぼ同時に立ち上がると、尾崎のバックブロー、桜花のビッグブーツが交互に炸裂
桜花の垂直落下ブレーンバスターはカウント2。走る桜花に尾崎がカウンターのバックブロー。オザキックもカウント2。なおも走る尾崎に桜花がビッグブーツを叩き込みカバーするが、寸前で切り返した尾崎が技あり勝利を収めた。
▼バックステージ
桜花「負けたー、悔しい!」

——18周年記念試合だったが。
桜花「勝って恩返ししたかったんですけど、まだまだ。尾崎さんは強いということを痛感しました。っていうか今日試合をしてて、尾崎さんとは対戦より組んだほうがいいなと思います」

——19年目になるが。
桜花「本当にいろいろありすぎて、目まぐるしく毎年過ぎていって、私はずっとこのままでいいんだろうかと模索中なんですけど、今年は実験の年なので、いろいろ実験して、waveがいい方向に向かえるように私は19年目、waveは13年目進んでいきたいと思います」
6、DUAL SHOCK WAVE~WAVE認定タッグ選手権試合(30分1本勝負)
<王者組>宮崎有妃&○旧姓・広田さくら(17分7秒、サクラライト)高瀬みゆき&有田ひめか●<挑戦者組>
※第23代王者組が2度目の防衛に成功


7・15新宿大会で奇跡(宮崎有妃&旧姓・広田さくら)が持つWAVE認定タッグ王座に挑戦したThe Beginning(高瀬みゆき&有田ひめか)。敗れた直後に、高瀬は毒霧を意識するあまり、タイトルマッチに集中できなかったことを素直に告白。次は「ベルトだけを取りにいきますので、もう1回やらせてください!」と再戦を申し入れ、2回連続のタイトル挑戦が実現した。
ビギニングの2人は防護服のような真っ白なつなぎスタイルで登場。これなら何色に染められても大丈夫ということか。ゴングと同時に場外へと出て行く4選手。なぜか奇跡が連れ戻し、有田をロープに振る。高瀬が奇跡の足をすくって再び場外。ビギニング主導でバックステージへと消えていく。

しばらくして戻ってきた4選手だったが、奇跡の顔面が緑色に!? どうやら奇跡が先手を取られた模様。

リングに戻ると奇跡が反撃を開始させる。有田の防護服のお尻部分を破った広田はピンポイントでボ・ラギノール。高瀬にもお見舞いする。その脇では宮崎が有田に恥ずかし固め! これは高瀬がカット。
有田は宮崎に串刺しニーで攻勢に出る。宮崎も串刺しラリアットでお返し。すぐに、有田がボディースラム、ボディープレスでカウント2。

続いて高瀬が出ていき、逆水平チョップ。宮崎は攻めながら防護服をビリビリに破くと、ビッグヒップ。そして「キミが爆弾!」と有田を高瀬にハンマースルー! さらに場外に高瀬&有田を連れ出すと、広田がトペの体勢。だが、これは失敗に。
リングに戻り、宮崎がムーンサルトプレスを投下。寸前でかわされ自滅。攻勢に出る高瀬だったが、宮崎がラリアットで迎撃する。そして広田とタッチ。

広田はフェースクラッシャーからのLOVEポーズ。ロープ渡りを狙うが、高瀬が拒む。すると広田は「オマエがやるってことかーーー!」と高瀬に無茶ぶり。ロープ渡りに挑戦する高瀬。広田がゆさぶり落とすと、高田純次の体勢。しかしここで、広田はセコンドの野崎と目があい、野崎を強引にリングへ。しぶしぶ高田純次に挑戦する野崎だったが、寸前で高瀬がかわす。すると広田は「この出たがりが!」と野崎を蹴り落とす。

広田は「邪魔者がいなくなったところで!」とエルボー合戦。ヒートアップした2人は高瀬の逆水平チョップ、広田のボ・ラギノールの応酬となる。高瀬がドロップキックを見舞うと、掟破りのボ・ラギノール。そのままバックステージへと4選手が消えていく。
戻ってきた奇跡は、欠場中のマーベラス・桃野美桜を連れて登場。毒霧は桃野に誤爆してしまった模様。広田は「なんでオマエがいるんだよ。勝手に入ってきてるんじゃねーよ!」と八つ当たり。これには桃野のパートナー・桜花が助けに入る。

遅れてビギニング勢が戻ってくる。奇跡側のセコンド・野崎に毒霧を見舞ったようだ。リングに戻ったビギニングは、広田にダブルの攻撃。高瀬のブレーンバスター、有田のショルダータックルが決まる。そして逆エビ固めへ。耐えた広田が有田にボ・ラギノール! 高瀬もボ・ラギノールで助けに入り、もう一度、ビギニングがダブルの攻撃につなげる。
かわした奇跡がコーナーtoコーナーのときめきメモリアルを敢行。広田のへなーらサンセットは押しつぶされてカウント2。有田のバックフリップ。高瀬のギロチンドロップが決まるが、ボ・ラギノールがきいている高瀬はのたうちまわる。
続いて有田は広田にアルゼンチン・バックブリーカー。高瀬はカットに入ろうとする宮崎にドロップキックを放つがかわされて、有田に誤爆。それでも、有田はすぐにジャンピング・ニーで立て直す。そしてファイアーマンキャリーで担ぐも、広田がサクラライトに切り返し、逆転勝利を収めた。
◎試合後のマイク
高瀬「もう1回! もう1回やらせろ」

宮崎「わかったよ。(喜ぶ高瀬に)そのわかったよじゃない。何度もやるか!」

広田「いまはゆっくりさせろ(仕方なくビギニングが退場)」

そこでマイクを握ったのはセコンドの桃野。

桃野「おいお前達! 11月3(サン)に復帰するので」

広田「(毒霧は)ちょっと早いけど復帰祝いってことでおめでとうございました」

桃野「美桜、ぜんぜん関係なくてさ、心配だったから付いて行ったら、こんなになって。はじめてやられたんだけど! もうやられた瞬間に決めたから! 復帰したらすぐそのベルトに挑戦する。(桜花が喜ぶと)一人で。だから覚えておけよ!」

広田「何だっけ×2、忘れちゃった(名前)」

桃野「ボスと」

桜花「マミー」

広田「オマエはもう、美桜はそれ以上ケガするなよ」

桃野「……ありがと」
7、Regina di WAVE~WAVE認定シングル選手権試合(30分1本勝負)
<王者>○彩羽匠(18分39秒、エビ固め)HIRO'e●<挑戦者>
※ランニングスリー。第14代王者が初防衛に成功


今年のCATCH THE WAVEを制し、波女となった彩羽匠。第14代レジーナとして迎えた初防衛戦は、ヤングブロックを制したHIRO’e。他団体に流出してしまった至宝を取り戻すべく、やる気満々のHIRO’eだったが…。
試合はHIRO’eが投げっぱなしジャーマン、スピア、ジャーマンSHで奇襲を仕掛ける。キックアウトされると低空ドロップキックを狙うが、かわした彩羽がエプロンでパワーボムを狙う。これをHIRO’eが水車落としでやり返す。

場外では彩羽がローキックをお見舞い。HIRO’eもプランチャ・スイシーダでやり返す。
リングに戻ったHIRO’eは彩羽のキックをかいくぐり正拳突き。サッカーボールキックを放つ。これが彩羽の闘志に火をつけた。彩羽はキックのコンビからサッカーボールキックでお返し。ネックツイストからチキンウイング・フェースロックへ。

耐えたHIRO’eも低空ドロップキック、串刺しスピアでお返し。ブレーンバスターでカウント2。コーナーに向かうも、彩羽が雪崩式ブレーンバスターに切り返す。そしてフロントネックロックで捕獲。
なんとかブレイクするHIRO’e。彩羽はローキックで追撃する。受け止めたHIRO’eがドラゴンスクリュー。そして足4の字固めへ。耐えられるとミサイル発射。走るHIRO’eに彩羽がニールキックで返り討ち。

続いてエルボー合戦に。そこから彩羽がローキックを連発。走る彩羽を捕まえたHIRO’eが投げっぱなしジャーマン。カウンターのスピア、ジャーマンSHでカウント2。そして、ミサイル発射。さらにコーナーからのチンクラッシャーを放ってバックドロップホールドにつなげる。キックアウトされるとムーンサルトプレスも放ったが、彩羽が剣山。
これでペースが変わる。彩羽はローキック、低空ドロップキックで追い打ち。顔面蹴りからのスワントーンボムを投下させる。返されるとランニングスリーの体勢に入る彩羽。なんとか切り返したHIRO’eが丸め込みを連発していく。キックアウトされまくるも、いま一度、カサドーラを狙うHIRO’e。これを彩羽がぶっこ抜きジャーマンへ。
再び彩羽はランニングスリーの体勢。だがこれも裏カサドーラに切り返すHIRO’e。ヒヤリとした彩羽だったがキックのコンビネーションで立て直すと、ライガーボムを敢行。これも返されてしまったものの、三度目の正直でランニングスリーを決めて3カウント!
◎エンディング/8・25名古屋で広田のレジーナ挑戦が正式決定。メインに水波、宮崎も名乗り。中継で公開討論がおこなわれることに…!?
彩羽「おいHIRO’e、HIRO’e。キャリア何年だ?」

HIRO’e「もうすぐ5年だ。オマエの1個下だよ!」

彩羽「HIRO’eはキャリア1個下だよね? おい×2、オマエ悔しくないのかよ。確かにウチも今日、何回かスリーカウント取られそうになったよ。でも、オマエとは背負ってるものが違うんだよ。オマエはwave背負ってるのかよ、本当に。何か言ってみろよ」

HIRO’e「私だってな、私なりに背負ってるけど、まだまだできていないのはわかってるんだよ! わかってんだけど…わかってんだよ! 私だってオマエみたいに、先輩後ろにつけて、先頭立ってwave引っ張っていきたいけど、まだまだ自分にはそうできてないの、わかってる! でもな、いつかオマエ以上にこの団体背負って、またオマエとベルト戦ができるようになってやるから、待っとけ!」

彩羽「大きな波に乗ってくれるの、待ってるよ。防衛したので、次の防衛戦の相手……」

広田「はい、はい、はーい。そうですよねー! そうですよ! よくぞ×2、防衛してくれました。おめでとう、匠! 8月25日、名古屋国際会議場でメインでオマエとレジーナのベルト懸けて……(水波が現れる)これな、これな、これなんですよ」

水波「8月25日の名古屋国際会議場、メイン。自分と里村さんのシングルじゃダメですか? 自分、いままでwaveでやってきて、その集大成を地元のメインで出して闘いたいんです。自分がメインでやらせてださい」

宮崎「だったら、私と高橋奈七永の試合をメインじゃダメかな?」

広田「みんな待って。落ち着いてくださいよ。そもそもレジーナだし、団体のベルトがメインでしょうが。ねえ! (水波の顔を見て)何それ泣きそうな、めんどくせーな……。えっと、ちょっとゴメンね。わかった。たぶんその当たり前のことを覆したいっていうほどの思いがあるんでしょ? 里村さんとのシングルマッチには。それは宮崎さんのぶんもわかってます。宮崎さんも一緒。そんなに思いがあるっていうのはわかりました。じゃあ、ちょっとよくその話を聞きましょう。今日はもうあれなんで、このおかしいことを聞いてしまったみなさん。みなさんにも、どうなるか経過を伝える責任があると思うので、はじめての試みやりたいと思うんですが、このメインが誰かっていう話し合いを何かしらの手段を使って中継するか何かで、みなさんも見れるという状態で、みなさんの前で正々堂々と話を、思いのたけを語って、正々堂々と納得した上でメインを決めましょう。ちょっと後日リリースします。で、いいかな? チャンピオン」

彩羽「自分は何試合でも。このベルトの価値を下げなければいいので、何試合でもいいです」
広田「いい子ぶってんじゃねーよ!」

水波「いろんな自己主張があっていいと思うんです。広田さん名古屋、レジーナ、タイトルマッチ決まったんですよね。彩羽が防衛したから。それはそれで絶対、waveにベルトを持って帰ってください。取り戻してください。それはお願いします! ということでいいですか。今日はwave12周年の記念すべき興行ですよ。だから私が締める!」

桜花「水波、最後に締めてください。締める前に一つ発表ごとがあります。9月1日、波の日、NAMI☆1大会。こちらwave所属6人のみの大会にしようと思っています」

広田「3試合くらい?」

桜花「いえ×3(笑)。6人しかいないからシングル3本って思うでしょ。んなわけないから×2。一人何試合かしてもらいます。馬車馬のように試合をしてもらおうと思います。ははは。なので、その試合の組み合わせは後日発表したいと思います。ぜひみなさん9月1日、楽しみにしていてください」

水波「改めまして今日はwave12周年の記念すべき興行なんですよ。じゃあコール&レスポンスをしてビッグウエーブをやっていきますからね。行きます! 今日はいい波乗れたか! 今日の波は最高だったか! またこの波に乗りに来いよ! 行くぞ、ビッグウエーーーーーブ! これがwaveだ! ありがとうございました!」
▼バックステージ(彩羽)
彩羽「まず、よかった。前、レジーナ取ったときに初防衛戦で一度も防衛できずにベルト取られた過去があったから、それを払拭できてまずはほっとしています。リング上で一番言いたかったこと、HIRO’eの言葉に心やられた部分もあって、一番言いたい部分を言い忘れた。このベルトを取っていま自分が一番にやりたいこと。やらなきゃいけないこと。それはwaveの選手全員制覇。それが第一目標。なぜならばこのベルトはwaveが大事にしてきたベルトで一度、活動休止になるときに一度封印したと思うけど、新生waveになって一発目、よそ者の自分がチャンピオンになりました。あの封印をとくとき異様な雰囲気がしましたね。それはwaveの選手の圧というか、そういうものを感じたときにこのベルト、全員一人一人タイトルマッチをして全員に認めてもらおうと思いましたね、そのときに。認めなくてもいいよ、認めなくてもいいから。でも負けた者に言う資格はないからさ。自分はこのベルト、waveの選手全員と防衛する。それをしたら桜花社長もGAMI会長も何も言えないでしょ。自分の好きなところで防衛戦もやるし、好き勝手にこのベルトとともに女子プロレスを変えていきたいと思います。まずは一番それが言いたかった。全員制覇目指します。次は広田さくら。名古屋国際会議場。もうアイツの空気には絶対飲まれないし、付き合わない。時間はそんなに必要ないんじゃないかなと思います。すぐにでも決めにかかります。

HIRO’e……、次はもっと大きな波に乗って自分の目の前に現れてくることを自分は願っているから。でもまだまだだね。まだ、ぜんぜんウチのほうがキャリアの差よりもっと経験の差が違うよ。以上! あと波ヲタ! 応援してんじゃねーっつーの、ウチのこと。ぜんぜん楽しくないよ、もっとブーイングくれないと。本当にこのベルトをwaveに取り戻したければ、波ヲタの声援も必要なんじゃないかな。自分はそっちのほうがやりがいあるし、もっと波ヲタも頑張ってもらわないと」

▼バックステージ(奇跡)
——防衛おめでとうございます
宮崎「ありがとうございます」

広田「ありがとうございます」

——いかがでしたか。
広田「3度目?」

宮崎「2度目」

広田「(苦笑)2度目の防衛で、2度とも有田と高瀬」

宮崎「そう」

広田「もういいですよね。もう1回とか言ってたけど」

宮崎「しつこい。しつこく言ってきたけど」

広田「不思議と本当に、勝ったからアレなんですけど、いい選手に私たちが育てましたよね」

宮崎「ふふふ。あの2人がね」

広田「あの2人があそこまで成長したのは奇跡の2人のおかげです」

宮崎「そうですね。幅が広がった」

広田「広がりすぎて将来不安なんですけども。ベルトも守って対戦相手も育てる。こんな素晴らしいタッグチームほかにはいないと思いますよ」

——次の挑戦者が名乗りをあげていますが。
広田「桃野が言ってますが、そんなね、欠場1年近くしてて、いきなりタイトル挑戦って。そんなお膳立てあります!?…あるかもしれない」
ね」

宮崎「あるね(笑)」

広田「あるかもしれないですよ。みんなが待ってる。私たちもちょっとは待ってましたよね」

宮崎「そうだよ、待ってた」

広田「本当に。美桜が一番悔しい思いをして、1年間やってたので、まあちょっとそれが爆発したらちょっと気をつけないといけないかなって思うんですけど、私たちの敵なしぶりには変わらないと思うので」

宮崎「一人でって言ってたけど、たぶんボスマミで来るんじゃないですかね」

広田「ハンディキャップでもいいんですけどね」

——次はシングルのタイトルマッチもあるが。
広田「そうなんですよ。二冠になる予定なので、子ども達にベルトをちゃんと巻くというのが私の直近の夢なので、それはすぐに叶うでしょ! 8月25日、水波がね、なんか面倒クサイことを言ったおかげで宮崎さんもメインだっていう話なってるので、本当にこれは話し合いです。話し合いで試合順決めるって」

宮崎「でも水波がああやって言うんだったら、私だってね、メインでやりたいです」

広田「いいですよ。主張していきましょうよ、みんなで。でもベルトは取る。それはお約束して」

宮崎「お願いします」

広田「はい! waveにベルト戻します」

宮崎「ずっと(彩羽には)勝ってるしね」

広田「次も勝つでしょ」

——今日、所属で勝ったのは奇跡だけだった。
宮崎「えっ!?」

広田「本当だ、よかった。ちょっとwaveの人達、頑張ってよ、もっと」

宮崎「私たちだけ? よかったです。12周年のアレなのに」

広田「負けすぎだろ!」

宮崎「勝ってみんな笑顔で終われたらよかったのに」

——さりげなく周年だったが。

広田「そうだ、忘れてた!」

宮崎「言うの忘れてたね」

広田「なんのアピールもしてない。8月12日、デビュー記念日でした。伝説の武道館デビュー。そうでした。いまからもう1回、みんなを集めて(笑)。そうでした。じゃあまた来年祝って」

宮崎「いま?」

広田「23周年なので、24年目に突入!? きゃあー!」

宮崎「リング上で結婚して、子供産んでなんて思わなかったよね。あの頃は」

広田「人生のすべてをプロレスのリングで披露しています。ありがとうございます。なにこのしんみりした」

宮崎「あの子たちが成長するまでもうちょっと」

広田「ねー、成長記録をリング上でどんどん出していきたいので、24年目もよろしくお願いします」
2019.08.01

「NAMI☆1~Aug~」

◎前説
いつものように野中美智子リングアナが前説。この日はZABUN設立8周年記念日ということで、桜花由美社長も浴衣姿で登場した。桜花社長はライブ配信&動画アプリ「MixChannel」(ミクチャ)にwaveの選手全員が登録したことをアナウンス。「選手個人が動画配信をこれからやっていこうということなので、みなさんぜひMixChannelにぜひ登録してください」とアプリへの登録を呼びかけた。
1、ヤングwave(10分1本勝負)
○進垣リナ&梅咲遥(10分49秒、アームロック)松井珠紗●&Maria



第1試合は進垣リナ&梅咲遥VS松井珠紗&Mariaというフレッシュな顔合わせ。梅咲とMariaは今年のCatch the WAVEヤングブロック公式戦で対戦しており、そのときは梅咲がMariaに勝利している。

先発は進垣とMaria。進垣が力比べを嫌ってガットショット。リストロックの取りあいとなる。Mariaが至近距離からのドロップキックを放って、松井とタッチ。松井は首投げを連発。ボディースラムでカウント2。

進垣がヘアホイップでやり返し、ロープに張り付ける。そして張り付けドロップキックを放って梅咲とタッチ。梅咲はドロップキックを連発。リバースインディアンデスロックで捕獲する。
耐えた松井は逆エビ固めで逆襲。ブレイクされるとドロップキック。続くMariaが梅咲にドロップキック。エルボーのラリーとなる。髪の毛をつかみ合った2人はお互いにビンタを放っていく。

続いて進垣が出ていきMariaにドロップキック。そしてワキ固めへ。耐えたMariaがドロップキックで反撃。三角締めで捕獲する。慌てて梅咲がカット。そして進垣とのダブルのクローズライン。
これをかいくぐったMariaが2人にまとめてドロップキック。そして松井とタッチ。松井は進垣に串刺しドロップキックを連発。さらに松井はMariaを進垣の上にボディースラムで投下。ロープに振ろうとしたが、進垣がワキ固めに切り返す。これはMariaがなんとかカットに入る。すると梅咲がMariaをセカンドからのドロップキックで排除。

リング上は進垣VS松井となり、スクールボーイを連発する松井。なんとかキックアウトした進垣が腕固めに移行し、ギブアップを奪った。
2、ヤングwave(10分1本勝負)
○HIRO’e(6分32秒、ジャーマン・スープレックス・ホールド)星月芽依●

8・12後楽園で彩羽匠のRegina di WAVEに挑戦するHIRO’eが、彩羽の後輩である星月芽依とシングル。タイトル前の調整をおこなった。

小刻みエルボーで先制した星月。ドロップキックはHIRO’eもかわす。ならばと星月はアームホイップ。ヘアホイップをお見舞い。

HIRO’eもやり返し、キャメルクラッチ。耐えた星月がドロップキックで反撃。何発も放って行ったが、HIRO’eは倒れない。足を踏みつけてなんとか低空ドロップキックを決める星月。
HIRO’eもカウンターのドロップキックを決めると、串刺しスピア、逆エビ固めでステップオーバー。なんとかロープ。低空ドロップキック、ブレーンバスターでカウント2。コーナーに登るも星月が妨害。ボディースラム、ジャックナイフエビ固めでカウント2。
躍動する星月にHIRO’eがカウンター攻撃。すかさずサクラ落としにつなげる。ミサイルキックも返されると、ジャーマンSHでトドメを刺した。
試合後、HIRO’eは「星月、お疲れさん。彩羽に12日、覚悟しておけと伝えておけ。お前はもういいから帰れ。お前にはもう用がない。桜花! 私はこの試合が終わったら言いたいことがあった。よく聞け!!」と本部席の桜花社長に向けてマイク。

HIRO’eはメインの浴衣3wave(3WAYマッチ)に参戦するため、浴衣と水着を持参していることを猛アピール。桜花社長は「見たいですか?」とファンに確認。観客が好意的な反応をみせたため、急きょメインイベントは「4wave、時間無制限1本勝負」に変更された。

HIRO’eは「お前も含んで先輩を食う気でいるから」と宣戦布告。しかも、自分の浴衣準備のために、ここで休憩時間にすることを要求。言いたい放題のHIRO’eに困惑する桜花社長だったが、HIRO’eのわがままを飲み、休憩時間へと突入した。
3、アブノーマルwave(15分1本勝負)
○高瀬みゆき(11分18秒、ふらふらドーン)旧姓・広田さくら●


8・12後楽園で宮崎有妃&旧姓・広田さくらが持つwave認定タッグ王座に挑戦が決まっている高瀬みゆき&有田ひめかがそれぞれシングルマッチで前哨戦をおこなった。

まずは広田と高瀬が対戦。握手はなし。ジワリジワリと間を詰めていったあと、高瀬が襲いかかるも、広田がテイクバック。高瀬がリストを取りに行くと、広田がヘッドロックに切り返す。高瀬が外して広田がロープに振る。腹ばいでかわそうとする高瀬を転がして、広田がカバー。カウント2。
広田「お前、場外行かなくていいのか」高瀬「行かない!」広田「リングで正々堂々、勝負」高瀬「望むところだ!」とロックアップ。試合が再開されたが、今度は高田純次をやったことがない高瀬に広田がチャンスを与える。

高瀬は「ついにこの日がやってきたー!」と高田純次の体勢。しかし、広田がスクールボーイ。フェースクラッシャーで「プロレスLOVE」ポーズ。高瀬も負けずにLOVEポーズで応戦する。

広田はロープ渡りからボ・ラギノールを狙うが、高瀬がかわして、張り付けドロップキック。ブーメランアタックを決める。
高瀬の逆水平チョップに、広田はボ・ラギノールで応戦。チョップとカンチョーのラリーという珍しい攻防が真剣に繰り広げられる。「負けるか!」と気合を入れ直した高瀬は小刻みチョップ。広田も小刻みカンチョーでやり返していく。

走る広田を捕まえた高瀬はカミカゼからギロチンドロップを投下。しかし、高瀬はボ・ラギノールが効いており、ほぼ自滅状態。ダブルダウンとなり、両者カウント9で立ち上がる。ここで広田は「私は場外に行くけど、お前も行くか!」と誘惑。高瀬が「行くぞー!」とやる気になるも、これはフェイント、広田は619を敢行。走る広田だったが、高瀬がパワースラムに切り返す。

さらに高瀬はドロップキック。ボ・ラギノールで応戦する広田。走る広田だったが、高瀬がふらふらドーンで3カウントが入ってしまった。
4、アブノーマルwave(15分1本勝負)
×宮崎有妃(11分4秒、無効試合)有田ひめか×

続いて宮崎有妃VS有田ひめかのシングル戦へ。有田が「お願いします」と握手を求めると、宮崎は一瞬考えたあと握り返す。そしてゴングへ。早速、セコンドの高瀬が大声援。集中できない宮崎は高瀬に突っかかる。

試合はショルダータックル合戦でスタート。これは互角。宮崎はセコンドの高瀬を牽制しながら恥ずかし固めへ。そして有田をサードロープにかけると、ギロチンドロップ。すぐさま場外に助走を取るも、高瀬がさりげなく妨害。同じくセコンドの広田が「先輩の見せ場、潰すんじゃねーよ」とセコンド同士で口論に!?
リングに戻った宮崎は有田にビッグヒップ。ボディースラムを狙うが、これは有田が敢行。ランニング・ボディープレスを投下するも、これは宮崎がガードする。

ショルダータックルの打ち合いから、ジャンピング・ニーにつなげる有田。そして、逆片エビ固めへ。耐えた宮崎がロープに走るも、何もないところで転倒。あたかも高瀬が足をすくったかのような視線を送る宮崎だったが、自作自演の匂い……。すかさず広田が有田をロープに張り付ける。宮崎が突っ込むが、寸前でかわされ同士討ちとなる。
このチャンスに有田&高瀬でクローズラインを試みるが、かわした宮崎が両腕ラリアット。そのまま場外に落ちると、広田がトペ・スイシーダの体勢。これが失敗に終わり、4選手がバックステージへ。

戻ってきた宮崎が「お前らよく見とけ!」と叫ぶと、広田がグリーンミストに染められたセコンドの松井を連れて登場。
悔しがる高瀬。リングに戻った4人は自然と2対2の対戦に。Tommyレフェリーが注意するも、選手たちはヒートアップしていく。

有田が宮崎にアルゼンチン・バックブリーカーで捕獲。広田がボ・ラギノールで救出する。そして広田&宮崎はコーナーtoコーナーのときめきメモリアルを敢行すると、広田のシャイニング・ウィザードを挟んで宮崎がムーンサルトを投下。だが、ここでレフェリーが収拾不可能と判断し、試合を止めた。
◎試合後のマイク
広田「この試合、あっちチームが先に手を出したから私たちやったのに、ノーコンテストになってしまいましたよ! タッグで延長? バカかー! この続きは後楽園ホールでやればいいじゃねーかよ。こっちはもう40過ぎてるんだよ。これから延長とかふざけんじゃねーよ! 後楽園、来れないヤツはなんとかして来いよ! お前らな、何色になるか準備できてるんだろうな?」

高瀬「もちろんだ!」

有田「もちろん!」

広田「何色? 緑? 赤、黄色? 黒!? ふざけんなよ。お前、黒、噴いたときはどうなるか。そのままなきれいなコスチュームじゃ…っていうか洗濯しても落ちないからな。それなりにコスチュームも用意しておけよ。12日、後楽園。お前ら、マジで覚悟しとけよ! そのときはタッグマッチなんで、どっちがどう手を出してもいいからな! ね、ですよね、Tommyさん。ルール破るなよ、お前ら!(高瀬がノーマイクで『スベるなよ!』と言うと)コミカルのリングでスベるんとか言うんじゃねーよ! 禁句だろ、コミカルのリングでスベるとか言うの! スベるとか言うんじゃねーよ。覚悟してろよ、スベるとか使うなよ!」
5、浴衣4wave(15分1本勝負)
○HIRO’e(11分46秒、浴衣ぬがし)桜花由美●
※両肩がはだけたため。残りの2人は水波綾、野崎渚

HIRO’eの要求により、急きょ3WAYから4WAYマッチに変更されたメインイベント。夏の風物詩・浴衣マッチが桜花由美VS水波綾VS野崎渚VSHIRO’eでおこなわれた。ルールは通常のプロレスに加え、浴衣がはだけ両肩が出た時点で負けとなる特別ルールとなる。

桜花、水波、野崎の3人はHIRO’eをガン無視。HIRO’eが割って入ると、標的となる。トレイン攻撃を狙う桜花&水波&野崎の3人だったが、浴衣を着ているため歩幅が狭い。痺れを切らしたラスト走者の野崎が浴衣をたくし上げて串刺しビッグブーツ。HIRO’eも水波にドロップキック、桜花にエルボー、野崎には串刺しスピアでお返しする。
ならばと桜花&野崎が共闘。HIRO’eが標的となるも、カバーをめぐって仲間割れに。野崎が「脱がすぞ!」とアピールしたが、桜花がなんとか回避。逆にビッグブーツでカバーする。ここで水波がギロチンドロップでカット。

水波VS桜花となり、水波がフロントスープレックス。そして桜花の胸元を大きくはだけさせると、マシンガンチョップをお見舞いする。さらに串刺しエルボー。串刺しラリアットで追撃。
ここでHIRO’eが水波にミサイル発射。続くカサドーラは水波が堪えて投げっぱなしジャーマンに切り返す。

今度は水波VS野崎。野崎のビッグブーツに水波はエルボーで応戦。ヒートアップした水波は片方の肩を出して、「おい野崎! 片方の肩を出す勇気はあるのか。出すのか、出さないのか!」と挑発。野崎も片方の肩を出してチョップ合戦となる。
桜花も片方の肩を脱ごうとすると、HIRO’eが「お前のなんか見たくないから」と止めに入る。頭にきた桜花が「需要はあるんだよ!」とビッグブーツでお仕置き。野崎にはブレーンバスターをお見舞いする。さらに桜花&水波でHIRO’eに合体式の雪崩式ブレーンバスターを放って行く。
もう一度、桜花は野崎に垂直落下ブレーンバスター。HIRO’eがカットしスピアを敢行。バックドロップホールドでカウント2。一方では野崎が水波にドルミルをしかけている。その間にHIRO’eが桜花にヒロ・ギョプサル。キックアウトされるも、浴衣をはだけさせて勝利を収めた。
試合後、桜花は「私にもな、まだ需要があるんだよ。(HIRO’eぬ向かって)オマエ12日、彩羽からぜってぇベルト、取り返せよ。この勢いでベルトをwaveに戻してください。よろしくお願い致します。ということで、12日の全カード、決まりました。野崎、アンタのカードまだ決まってなかったけど、野崎渚VS優衣。初シングルでしょ? 後楽園よろしくお願いします。そして、まだ組み合わせは決めてないんですけど、やっぱりヤングがウチには必要だなと思って、ヤングの選手、お願いしました」と、マイク。しかし、頭を打ちすぎて名前が出て来ない……」
見かねた二上美紀子会長が「Mariaさん、進垣さん、梅咲さん、星いぶきやろ?」と助け船。

桜花「Maria選手、進垣リナ選手、梅咲遥選手、星いぶき選手でタッグマッチやっていただこうと思っています。8月12日、ぜひよろしくお願い致します」
HIRO’e「オッシャー! wave大会は12日の後楽園まで今日が、この試合が最後でした。次のwaveの後楽園ホール大会です。みなさんチケットはお持ちですよね!? いまから12日、あいてる友達を2、3人連れて来てください。そしてメインでの私の試合の応援をしてください。そして広田さん、彩羽匠の応援ばかりじゃなくて、私の応援しっかりしてください」

広田「絶対やだね!」

HIRO’e「私の応援しろよ!」

広田「絶対やだ。だって名古屋タイトルマッチじゃなくなるもんね」

広田「いいじゃないか、別に!(彩羽とは)普通のシングルマッチやれよ」

広田「うるせーよ!」

HIRO’e「私がタイトルマッチを名古屋でやる! だから私が彩羽匠からベルトを取ります。それではみなさん前説でやったビッグウェーブやりますよ。今日参戦した選手上がってください。これで12日の後楽園に士気をあげて向かっていきたいと思います。今日もいい波に乗ったか! また乗りに来いよ! 乗り遅れるなよ! いくぞ、ビッグウェーブ。これがwaveだー!」
◎バックステージ
——次回後楽園ホールで彩羽匠選手とタイトルマッチだが。
HIRO’e「HIRO’e「タイトルマッチ、100%、チャンピオンが勝つだろうって言われてタイトルマッチを何度もしてきて、今回もチャンピオンが100%勝つだろうと思ってるほうが、確実に割合は多くて。でも自分は2年前の大田区のとき、チャンピオンがゴキゲンBBA、米山さんとチェリーさん。こっちが小林香萌選手と私が挑戦者だったとき、そのときもチャンピオンがみんな勝つと思ってた。けど、私はそのとき自分が勝つって自分自身で信じなきゃ意味がないと思っていたので、自分を信じて試合に臨んで、諦めなかったから最後勝つことができたんですよ。だから、今回も最後まで諦めなければ勝てるところは私はあると思ってる。100%なんて絶対ないんで、絶対に彩羽匠からベルトを奪いとります」
2019.07.27

プロレスリングwave Phase2 『大阪ラプソディーvol.46』

none
1、対戦カード決定バトルロイヤル(時間無制限勝負)
○有田ひめか(15分23秒 ギブアップ)HIRO'e●
※アルゼンチンバックブリーカー
※勝った選手順に抜けて行きくじを引き、書かれた番号の試合に入り当日の対戦カードを決定する。
▼勝ち抜け順
野崎渚、沙恵、水波綾、志田光、青木いつ希、桜花由美、旧姓・広田さくら、高瀬みゆき、宮崎有妃、有田ひめか
none
2、3wave(15分1本勝負)
○桜花由美(10分16秒 エビ固め)沙恵●
※ビックブーツ。もう1人は野崎渚

none
3、シングルwave(15分)
△高瀬みゆきvs有田ひめか△
none
4、シングルwave(15分)
△宮崎有妃vs旧姓・広田さくら△
※15分間戦い続けて高瀬vs有田の試合と宮崎vs広田のどちらのシングルが良い試合だったか、お客様の拍手で勝敗を決める対決。
お客様の拍手が微妙に同じぐらいだったので、ドローとなった。
none
5、タッグwave(20分1本勝負)
水波綾&○HIRO'e(14分45秒 片エビ固め)志田光&青木いつ希●
※ムーンサルト・プレス
2019.07.15

『Catch the WAVE 2019~波女決定リーグ戦決勝~

日時
7月15日  月曜・祝日
時間
開場11:15・開始12:00
観衆
308人
◎オープニング
7月15日に新生waveが新宿FACEにて「Catch the WAVE 2019~波女決定リーグ戦決勝~」を開催。

大会前の選手入場式では、志田光とシングルマッチをおこなうHIRO’eが「みなさん本日は3連戦の最終日、ご来場ありがとうございます! あ、3連戦? 3連休の最終日……ふふ。えっと、本日Catch the WAVE2019が終わり、今年の波女、第14代レジーナが決まります。私はそのレジーナと8・12後楽園でタイトルマッチをすることが決まっています。だから今日は志田光に胸をかしてやりたいと思います。なので志田光は全力で向かって来てくれたらいいなと思っています。全試合、選手全員気合込めて闘いますので、みなさん応援お願いします!」と挨拶した。
1、チャレンジwave(10分1本勝負)
①○桜花由美(6分46秒、片エビ固め)Maria●
※ビッグブーツ
②○桜花由美(6分57秒、片エビ固め)梅咲遥●
※ビッグブーツ


今年のCatch the WAVEは予選敗退となってしまった桜花由美。今大会では、ヤングブロックで活躍したマーベラスのMaria、ディアナの梅咲遥とシングル2連戦をおこなった。

まずはMariaが挑んでいく。スタートからMariaは桜花に挑発的な態度。
ドロップキックで仕掛けて行く。ボディースラムを狙うが、逆に桜花が叩き付けてカウント2。すぐさまMariaは串刺しエルボーの体勢。これをビッグブーツで迎撃した桜花は串刺しビッグブーツでお仕置き。その後も桜花はラフファイトを展開し、Mariaをいたぶっていく。

劣勢のMariaだったが、その場ドロップキックで流れを変えると、キャメルクラッチでお返し。耐えられると小刻みに桜花の顔を蹴っていく。
すべて受け止めた桜花はエルボー弾。そしてビッグブーツでやり返す。もう一発狙うが、かいくぐったMariaが丸め込みの連発や押さえ込みの連発で勝利への執念を見せる。

だが、桜花も冷静だった。すべてをカウント2で切り抜けるとカカト落としで攻勢。すぐさまビッグブーツを叩き込み3カウントを奪った。
続いて梅咲が登場。選手コールが終わるやいなやドロップキックで飛び込んで行く。そして得意のラ・マヒストラルでカウント2。その後も丸め込みを連発していき桜花を追い込む。そしてリバース・インディアンデスロックへ。耐えられると弓矢固めに移行する。

耐えた桜花が串刺しビッグブーツで反撃開始。エルボー合戦を挟んで、桜花がランニングエルボー弾。バックドロップを狙うが、梅咲が体勢を入れ替えていく。

躍動する梅咲はクロスボディー3連発。キックアウトされるとさらにボディースラムで叩き付ける。ミサイル弾から押さえ込みを連発するが、いずれもカウント2。
桜花のブレーンバスター、ビッグブーツを丸め込みに切り返す梅咲。ラ・マヒストラルに持ち込むが、カウント2止まり。

丸め込みの連続に苦戦する桜花だったが、クロスアーム式DDTを放つと「終わりだ!」とカカト落とし。キックアウトされるとビッグブーツへ。これを梅咲が返すと、ダメ押しの一撃で貫録勝ちを収めた。
2、エボリューションwave(15分1本勝負)
○志田光(12分13秒、エビ固め)HIRO'e●
※魂のスリーカウント


8・12後楽園でのレジーナ挑戦が決まっているHIRO’eがアメリカに飛び立つ志田光を相手に調整マッチ。戦前より「胸を貸す」発言をしていたHIRO’eは、志田を相手に本当に胸を貸すことができるのか!?

最初に主導権を握ったのはHIRO’e。アームロック、アームホイップで試合をリードする。髪の毛をつかみ合ったあと、HIRO’eがフェイントのからのボディーブロー。志田をロープに張り付け突進するも、志田がカニばさみ。ロープ際にHIRO’eを転倒させると場外助走からのジャンピング・ニー! さらにはキャメルクラッチ+鼻フックでお返しする。
バイト攻撃で脱出したHIRO’e。すると「手を抜いてんじゃねーぞ。竹刀使えよ!」とあえて挑発していく。志田が竹刀を持ち出すと、これはTommyレフェリーが阻止。その隙に竹刀を奪ったHIRO’eが志田を殴打。そして串刺しスピア、逆エビ固めで捕獲。ロープに逃げられると低空ドロップキックで追撃する。
劣勢を強いられた志田だったが、ブレーンバスターでお返し。HIRO’eもすぐに同じ技でやり返し、ミサイル発射。志田も延髄斬りで応戦するが、すぐにHIRO’eもスピア→ジャーマンSHにつなげる。さらにムーンサルトプレスを放ったが、寸前でかわした志田が至近距離からのヒザ蹴り。
手つなぎ状態のエルボー合戦から、志田がフランケンシュタイナー。そしてランニングニーで攻勢。残り5分となり、志田がファルコンアロー。

キックアウトしたHIRO’eが丸め込みを連発していく。ならばと志田は目突きを放つが、HIRO’eが逆に首固め。続く裏カサドーラは失敗に。

これで再び攻勢に転じた志田が雪崩式ブレーンバスター→スリーカウント→魂のスリーカウントと畳みかけて快勝を収めた。
3、DUAL SHOCK WAVE~WAVE認定タッグ選手権試合(30分1本勝負)
<王者組>○宮崎有妃&旧姓・広田さくら(6分18秒、外道クラッチ)高瀬みゆき●&有田ひめか<挑戦者組>
※第23代王者組が初防衛に成功



2018年12・29後楽園にて桜花由美&桃野美桜(Boss to Mammy)を破り第23代王者組となった宮崎有妃&旧姓・広田さくら組(奇跡)。その後、waveが3カ月間の活動休止に入ってしまったため、その間のタイトルマッチはお預けに。待ちに待った初防衛戦の相手は、6・19新木場で両リン裁定となり、タイトル挑戦を表明してきたアクトレスガールズの高瀬みゆき&有田ひめか組(The Beginning)だった。
スタートから気合が入りまくっている高瀬。あまりにもハイテンションだったため、味方の有田が引きずるようにして自コーナーに連れ帰る。

試合は有田が先発するも、ゴングが鳴らされると高瀬はリングを降りて場外戦モード!? そのテンションの高さに、ほかの3選手は無視を決め込む。

リング上では試合が進み、奇跡が有田に波状攻撃。一人でしのいだ有田が宮崎にショルダータックルで反撃。逆エビ固めで捕獲するも、これは広田がカットする。
ここで高瀬が出ていき、「場外に落ちろ!」と宮崎にミサイル発射! まんまと宮崎は場外にころげ落ちるも、広田が高瀬を足止め。そのまま高瀬がつかまり宮崎がムーンサルトの体勢。これを有田がアルゼンチン・バックブリーカーで阻止するも、有田に広田がボ・ラギノール。
その間に宮崎が復活し、高瀬にパワーボム。高瀬も切り返してカウント2。ヒヤリとした宮崎だったが、高瀬&有田に両腕ラリアット。場外に落ちたBeginning勢に広田がトペ・スイシーダで追撃する。
そして広田は有田を連れてバックステージへ。リング上では、高瀬VS宮崎が繰り広げられる。宮崎のエルボー弾が決まり、リップロックからの首固め。カウント2。ならばと外道クラッチの体勢。これは読んでいた高瀬だったが、再び切り返した宮崎が外道クラッチでクルリ!
その直後にバックステージから戻ってきた広田と有田は、ただただ呆然……。
◎試合後のマイク
高瀬「ちょっと待てー! なんだこの試合は!×2。ウチは今日はまだ恥ずかし固めもカンチョーも、なんなら場外も行ってないよ。見よ、この2人の美しい顔を! 知ってるのか、私は今日のために1個1000円もするシャンプー、リンス、コンディショナーと、メイク落とししっかり揃えてきた。ボ・ラギノールも持ってきたんだよ! お前ら、こんな試合で満足なのかよ!」

宮崎「いや……そうやって凄い来られると、なんか引くっていうか。逆に絶対行かないぞって思ったしね」

高瀬「私がこういう人間って知ってるだろ!(広田に向かって)わかってんだぞ! その口の中にあるだろ!」

広田「ないよ」

高瀬「さあ思う存分やるがいい!」

グリーンミストを待ち構えるが、広田は高瀬ではなくセコンドが出したバケツに吐き捨てる。

高瀬「なんでだよーーーー!」

広田「あのな、今日はタイトルマッチ。お前はベルトを取りに来たのか、緑になりにきたのか、どっちだ!」

高瀬「み…、みぃ…、みっ(有田が止めに入る)ベルトに決まってんだろーーー! しょうがなくない!×2。確かにちょっと、ちょっとだけおいしい気持ちを捨てきれなかったのは……。ですが、反省してます!」

広田「もう遅いから」

高瀬「いえ…ねっ、ひめか。私たち今度はベルトオンリー。ベルトだけを取りにいきますので、もう1回やらせてください!」

広田「……こんなに言ってるんでって思うんですけど、そんなに引き延ばすことでもないと思うので直近で8月の? 12日の? 後楽園ホール、カードあいてますかね?(宮崎に確認)あいてるって。後楽園、じゃあそこでまたタイトルやってあげましょうか」

高瀬「よっしゃーーー!」

有田「ちょっと待って。ちょい待って×2、待て、待て。私、今日何もしてない。知らない間に試合終わってて、暴走して…。こないだのwaveさんの大会で覚醒したっていろんな人に言われて、今日ひとつも覚醒してない。だから8月12日は覚醒した有田と暴走した高瀬で絶対にそのベルト取りに行くんでよろしくお願いします」
◎インフォメーション
試合後、そのままリングに残った広田。

広田「煮え切らない思いではありますが、もう言ってしまったことなので、女に二言はないと言うことで8月12日、タッグのベルトをかけてアイツらと再戦やってやりますよ! ベルト取ったのは今日私たちなので……すみません、まだしゃべります。ここからは私の個人的な告知コーナーでございます。ご存じ10月1日、waveを買いとっての自主興行をやらせていただきたいと思うんですが、チケットは好評発売中でございまして、今日発表したいことがございます。なんと無事に志田にオファーをいたしました。それでは志田さん来てください!」

志田は広田興行のポスターを持ってリングへ。

広田「一部カードを発表したいと思います。こちらサブタイトル通り、志田よ永遠に。メインイベントで志田とシングルマッチやらせていただきます。言ってなかったよね。これが日にち的にもきっと私と志田の、ラストシングルマッチ。東京のコミカルラストマッチだと思います。ケンちゃん、(ポスター)2枚持ってきてるんでしょ?」

志田「2枚持ってきています(苦笑)。ありがとうございます。だってこれ(広田興行のポスター)私の鞄の上に置いてるから…、持って来ざるを得ない。私も自主興行やらせていただきます(と志田自主興行のポスターを出す)。10月15日が後楽園ホールでやらせていただきます。これ3連休明けの火曜日なんですけども、ぜひ来ていただきたいと思います。そしてこれの前日、10月14日、大阪でも自主興行やらせていただきます。これはですね、JOSHIPRO OSAKA ASSEMBLE。この3日間で8興行やるなかでウチも一つやらせていただきます。10月14日は大阪なので、15日ホールと2日連続でやらせていただきます。私もひとつ大阪のメインを発表しようと思って、今日……。ちょっとこの流れで言うのは非常に心苦しいんですけども、10月14日、こちらのメインイベントが志田光VS救世忍者・乱丸です」

広田「1日と、14日、15日で志田コンプリートということで。皆様よろしくお願い致します」

志田「ぜひ3興行ともよろしくお願いします。お待ちしています」

広田「チケットは今日も持って来てるんだよね? 私もじゃんじゃか売っていますので、皆様お買い求めください。以上告知コーナーでした!」
◎奇跡バックステージ
——おめでとうございます。
宮崎&広田「ありがとうございます」

——防衛戦はいかがでしたか?
広田「いかがでしたかっていうか、宮崎さんですよね」

宮崎「高瀬がね、もう圧が凄いんで、なんかアイツの思い通りに行かせなかっただけですね、ただ。場外行ったのですごく隙ができたと思うので」

広田「そういうところですよね。そういうところが負ける要因」

宮崎「そ」

——次回後楽園で再戦が決まったが。
広田「有田が『私ぜんぜん出てないですよ、覚醒してないですよ』と言ってましたけど、こっちだって私ぜんぜん出てませんよ、悪いけど。任せてください。フルメンバーで後楽園は、4人ちゃんと出場して試合をやって私たちは必ず勝ちます」

宮崎「はい」
◎The Beginningバックステージ
——残念な結果に終わったが。
高瀬「大変申し訳ございませんでした。でも、かわりに後楽園だから!」

有田「そうですね」

高瀬「そう。なんか雨降って地かたまる的な? そういうことですよね!? これぞ私の作戦だった!」

有田「本当ですか? でも次、取れば。次、逃したら……」

高瀬「私は言いません。オイシイものが欲しいなんて言いません。緑になんかならなくていい。カンチョーもいらない。恥ずかし固めもいらない。きれいな美しいままカッコよくあのベルトを取って、後楽園でチャンピオンの名乗りをあげたいと思います。次が本番!」

有田「はい」
4、CATCH THE WAVE2019優勝決定三つ巴戦(時間無制限1本勝負)
①○野崎渚<ビジュアルブロック1位>(8分7秒、レフェリーストップ)彩羽匠●<テクニカルブロック1位>
※ドルミルⅢ
②○水波綾<パワーブロック1位>(1分6秒、片エビ固め)野崎渚●
※ラリアット
③○彩羽匠(3分10秒、場外リングアウト勝ち)水波綾●
④○野崎渚(2分25秒、レフェリーストップ)彩羽匠●
※ドルミルⅡ
⑤○水波綾(5分18秒、首固め)野崎渚●
⑥○彩羽匠(6分30秒、片エビ固め)水波綾●
※ランニングスリー
⑦○彩羽匠(5分42秒、エビ固め)野崎渚●
※ランニングスリー。彩羽が2連勝。第11代波女となるとともに、第14代Regina di WAVEとなる


5・5後楽園で開幕した今年(2019年)のCatch the WAVEはビジュアルブロック、テクニカルブロック、パワーブロックの3ブロックのリーグ戦によって争われ、各ブロックの1位が三つ巴戦で波女を争うこととなった。

ビジュアルを制したのは開幕戦で高々と波女宣言した野崎渚。テクニカルを制したのは、現・シードリング・ビヨンド・ザ・シー王者であり、マーベラスのエース彩羽匠。そして、パワーブロックを制したのは、waveのアニキこと水波綾だった。なお野崎と彩羽が勝てばはじめての波女。水波が勝てば、2016年以来、3年ぶり2度目の戴冠となる。

①野崎VS彩羽
試合は先日の記者会見で決定した通り、野崎VS彩羽でゴングを迎える。開始早々、野崎がドルミル狙い。当然のことながら彩羽は警戒。極めさせずにショルダータックルをお見舞いする。得意のキックを狙うが、かいくぐった野崎がドルミルの体勢。なんとか回避した彩羽がヘッドロック。
脱出した野崎がブレイジングチョップを連発する。野崎式の串刺しビッグブーツやおしゃれキックなどのオリジナルムーブで試合をリードする。

一方、彩羽はカウンターのトラースキックを皮切りに、ミドルキック、サッカーボールキックでカウント2。ランニングキックにつなげる。

今度は野崎がカウンターのビッグブーツ。流れを変えるとミサイル発射。そしてダブルニーアタックでカウント2。すかさずドルミルへ。彩羽がかろうじてロープ。
野崎はリバース式のおしゃれキックから片足ドロップキックを敢行。彩羽もエルボー弾からニールキックをお見舞い。これはかわされるも、パワーボムでカウント2。すぐさまランニングスリーの体勢に入るも、これは未遂。スピンキックで追撃する。

走る彩羽だったが、かわした野崎がドルミルⅢ(チキンウイング式胴締めスリーパー)へ。彩羽の意識が遠のき、レフェリーストップ勝ち。まずは1勝を収めた。
②野崎VS水波
すぐさま野崎VS水波がスタート。はじめから水波がラリアットで飛ばしていく。カウント2。レッグドロップで飛び込むも、野崎はやはりドルミルを狙い。
これを脱出した水波がラリアット。これだけでも十分に説得力あったが、さらにもう一発豪快に叩き込み、66秒で決着!
③水波VS彩羽
野崎戦を速攻決着で終え、体力が有り余っている水波。ゴングと同時に猛ラッシュをかける。彩羽もカウンターのローリングエルボーを放って攻守逆転。スリーパーで捕獲する。
水波がラリアットを放っていき場外戦となる。彩羽の場外ブレーンバスターが決まる。リングに戻ろうとする彩羽を水波が足止め。振りきった彩羽がハイキックを見舞って先にリングイン。リングアウト勝ちを収めた。
④野崎VS彩羽
ここから2巡目に突入。雪辱したい彩羽が胴締めスリーパーへ。野崎が脱出すると丸め込みの応酬に。いずれもカウント2。野崎の後方回転エビ固めもカウント2。ここで野崎がドルミルⅡ(胴締め式ドラゴンスリーパー)で捕獲。すると再び彩羽の意識が遠のき、レフェリーが試合を止めた。
ここで野崎にレフェリーチェックが入る。右ヒザに処置がほどこされたあと試合が再開される。
⑤野崎VS水波
スタートから走る野崎に水波がラリアット、レッグドロップでカウント2。そして肩固めからのイチジクで攻勢。
⑥水波VS彩羽
ゴングと同時に彩羽がハイキックで先制。ニールキック、ローキック、低空ドロップキックと猛攻を仕掛ける。

いきなり攻め込まれた水波だったが、裏投げで抵抗。ならばと彩羽はキックのコンビネーション。水波もラリアットで応戦する。
コーナーに向かう彩羽。水波が雪崩式パワースラムに切り返し、ダイビング・ギロチンドロップにつなげる。カウント2。続くホットリミットも返されてしまう。
彩羽も胴締めスリーパーで形勢逆転。なんとか水波がロープ。彩羽がライガーボムで追撃する。キックアウトされると、スクリューキックからこの日はじめてのランニングスリーで3カウント!
⑦彩羽匠VS野崎渚
3巡目。これまで2度野崎に落とされている彩羽が最初から仕掛けていく。エルボーのラリーとなり、野崎がビッグブーツ。カウント2。彩羽もカウンターのハイキック、正面ドロップキックでお返しする。両者ハーフダウン状態。

野崎が先にエルボー弾を放てば、彩羽もキックで応戦。投げっぱなしジャーマンを放つ。すぐに野崎もビッグブーツ。
彩羽はパワーボムからのライガーボムでカウント2。さらにスワントーンボムを投下。しかし切り返した野崎がカウント2。そのままドルミルへ。これは彩羽の足がロープに伸びる。

野崎は片足ドロップキックを連発。カウント2。彩羽もハイキックからランニングスリーの体勢。着地した野崎がドルミルⅡへ。なんとか彩羽がロープ。

反撃に転じた彩羽はキックのコンビから再びランニングスリーの体勢。今度は完璧に決めて3カウント! 計7試合、32分18秒の熱戦に終止符が打たれた。
◎各賞発表
すぐに表彰式がおこなわれ、株式会社ZABUNの二上美紀子会長が「すごかった。2019年、今年の新生waveになってのCATCH THE WAVEも今日で終わりました。みなさんどうだったでしょうか(拍手が沸き起こる)。ありがとうございます。では章の発表にいきます。全試合を見たのが、私と野中リングアナだけなので私の独断と偏見でいきます」とマイク。各賞を発表した。各賞は以下の通り。
【敢闘賞】星いぶき、梅咲遥、Maria(本戦は該当者なしのためヤングを評価)
【殊勲賞】優宇(宮崎有妃に勝利したことを評価)
【技能賞】宮崎有妃(攻守の巧さを評価)
【ベストバウト】野崎渚VS有田ひめか戦(7・1新木場)
※次点は6・16川崎=梅咲遥VSMaria、6・19新木場=桜花VS志田
【功労賞(特別賞)】志田光(これまでのCatch the WAVEを支えてきたことを評価)
【ヤングブロック優勝】HIRO’e
【2位】水波綾、野崎渚
【波女】彩羽匠
続いて大畠美咲がアタッシュケースに封印したRegina di WAVEのベルトが運び込まれ、開封。7カ月ぶりにベルトがお目見えし、彩羽の腰に巻かれる。そして、賞金100万円が手渡された。
彩羽「一言ということでGAMI会長! 三つ巴メッチャしんどかった。死ぬかと思いました」

二上会長「私は本部席で見ていて、来年のCATCH THE WAVE全部三つ巴でもいいかなと思いました」

彩羽「いやー、こんなしんどい思いするからにはもっと大きい会場でやりたかったんですけど、まあ次の防衛戦、8月12日後楽園ホール、HIRO’e選手、決まりましたね。まあHIRO’eはいいや。防衛する前提で次、ビッグマッチ8・25名古屋国際会議場。ちょっと自分つっかかってる相手がいるんですよね。勝てそうに思えて、ぜんぜん勝てない…旧姓・広田さくら! HIRO’eにはちゃんと防衛するんで、その次の挑戦者として、このベルトかけてやらせてください。王者はそのくらいリスクないとやっていけないのでお願いします」

広田「ぜんぜん勝ったことないじゃん。ってことは、次もきっと勝てないけどいいの?(彩羽が頷くと)私、じゃあwaveのチャンピオンにならせていただきますぅ! まずね(HIRO'eには)3割くらいの力で勝てると思うので、余力残してもらって名古屋でやりましょう」
すると今度は宮崎がリングへ。

宮崎「私も8月25日、私もやりたい相手がいます。愛知県・地元で名古屋国際会議場でやりたい相手は…いるんだろ? 高橋奈七永! お前とずっとやりたいと思っていたよ。魂と魂のぶつかりあいをしましょう」

試合を見に来ていた奈七永がリングに上がる。

奈七永「宮崎さん、何年ぶりになりますかね。シングルマッチやりますか。宮崎さんのパッションに、高橋奈七永のパッションは負けませんからね。よろしくお願いします!」
彩羽「(優勝の余韻を消されてしまった彩羽はやりづらそうに)なんやねんホンマ…何がこれがwaveや…。自分、2冠チャンピオンになりました! これから自分が女子プロレスの景色を本当に変えていきます。これはいま来ているお客さんみんなに約束します。だからwaveさん、どんどん引っかき回して楽しくしていきます。第14代レジーナチャンピオン。これでなんて言おうとしたか、頭打ち過ぎてわからなくなっちゃった(苦笑)。これ締めますか?」

勝利者マイクが打ち切られ、激闘を繰り広げた選手たちが記念撮影。そして、改めて波女&レジーナとなった彩羽にリングコール。拍手のなか彩羽が退場すると、HIRO’eが再びマイクを握る
勝利者マイクが打ち切られ、激闘を繰り広げた選手たちが記念撮影。そして、改めて波女&レジーナとなった彩羽にリングコール。拍手のなか彩羽が退場すると、HIRO’eが再びマイクを握る
HIRO’eは「今日はまだwaveの締めをしてない。だから私が締める! waveの選手、上がってください(水波は不参加)。今日、レジーナは彩羽匠に決まりました。個人的にはwaveの先輩たちに取ってもらって、私が8月12日に挑戦したかった! けど、他団体にベルトが流出したってことは取り返さないとダメですよね。なので絶対取り返します」とファンに約束。そして、恒例の締めでCatch the WAVE2019を締めくくった。
◎彩羽バックステージ
——waveのベルトを巻いた感想。
彩羽「いやー、久しぶり感が凄いですね。一度自分もレジーナのベルトを取らせていただいたんですけど、一度も防衛せずに終わったベルトなので凄い心残りがあったベルトで、新生waveになってから初お目見えということで、面白くなるんじゃないですかね。これでwaveの選手がどう思ったかわからないですけ、新生waveになって、レジーナのチャンピオンが他団体に渡るってどういう気持ちなんでしょう。それも聞きたいですよね。自分、2冠になりました。マーベラスには何度も言いますけど、ベルトがありません。だからこそ他団体のベルトを自分は常に狙っています。で、いま自分のもとに2つベルトがきました。まだまだ狙いたいですけど、でもやっぱりベルト集めればいいということじゃなくて、これとともに女子プロレスをどんどん盛りあげていくっていうのがチャンピオンとしての指名だと思うので、そこに期待してもらえればと思います。メチャクチャしんどかったです、三つ巴戦。こんなに三つ巴戦ってやるもんなんですか?(苦笑)こんだけやれたら次、何来ても怖くないですよね。だからこそ、お客さんからしたらどう思うかわからないんですけど、自分からしたら超・強敵の旧姓・広田さくら指名しました。もうこの三つ巴を制したので、怖さも何もないですね。キャッチのときも試合しましたけど、ふざけてるのか本気なのかわからないですけど、自分はあのスタイルがいろんな意味で合わないです。だからこそ、しっかり名古屋国際会議場。広田さくらの出身地・凱旋ということで、しっかり広田選手をひねり潰したいと思います。自分のプロレスを貫き通します」

——HIRO’eについては?
彩羽「HIRO’e選手…うーん、どうだろ。最近、口達者になったとは思うんですけど、それに実力がともなってるのか、ともなってないのか。まあヤングの中で1位通過したので、それなり。それなりの力はあると思いますけど、ぜんぜん驚異ではないです。だから、まあ口だけじゃなく、カラダも鍛えておけよっていう感じですかね。やっぱり生え抜きの選手で、waveさんも凄く大事にしてる選手だと思うので、HIRO’e選手が一番、自分にこのベルトが渡って悔しいと思ってくれないと困るし、余裕だから言います。本気で取りに来いって」

——1年ぶりにレジーナが戻ってきて前回できなかったことや、自分が思う王者像みたいなものは?

彩羽「そうですね、うーんと、やっぱりもちろん凄い選手、いい選手と当たって、このベルトの価値を高めるのはもちろんなんですけど、いま自分コレを取った時点で、waveさんのトップに立ったということで間違いないですよね? それでいまシードリングさんのチャンピオンベルトも持っています。シードリングのトップとしても間違いありません。じゃあやるべきこと…それは女子プロレスを上手くまとめたいですよね。自分がいま2団体のチャンピオンなので、プラスマーベラスのエースでもあって、3団体を背負っているぐらいの勢いで自分はいると思っているので、面白くひっかきまわしていきたい。女子プロレスを盛りあげる、動員数もそうですし、話題もどんどん作っていきたいし、そしてこのベルト、どんどん価値を高めていけたらなとそう思います。それがやりたいことですね。防衛はもちろん当たり前のことです、チャンピオンだから」

——手にした100万円をどうします?
彩羽「100万円ね。どうしましょう。実は自分ですね、このコスチュームあるじゃないですか。コレを取るために、このある意味、高額なコスチュームを作ったので、まあよかったです。ふははは! 100万円凄くありがたいですね。でもやっぱり、もっと面白いことやりたいですね。この100万円でできることは限られてくるかもしれないですけど、女子プロレスを変えるための何かだったり、若い子を増やすための何かに使えたら凄く、有意義なお金の使い方になると思います。ありがとうございます、大事に使います」

——野崎選手になかなか勝てなかったが。
彩羽「勝ったことないですかね」

——今日はじめて? 苦手意識ある?
彩羽「そうですね、もちろん自分、野崎選手には勝てない。そしていつもスリーパーで落とされる。三つ巴、いま記憶がほとんどないんですけど、たぶんスリーパーで落とされて何回か負けましたよね。そのときに何回、自分、変な夢を見たか、落とされて……(苦笑)。なんか汽車に乗ってましたね、試合中。起きたときにお客さんがいた。そういう状況のなかでそこまでされるっていうのは自分が意識というより、たぶん、カラダ全体が苦手なんだと思います。たぶん手が合わない。それが勝てない原因にもつながっていたと思うんですけど、最後、ランニングスリーが決めれて、やっとやっと1勝。この1勝がコレ(ベルト)になって波女になって、なのでこの1勝は大きいですけど、でもやっぱり負けた数のほうが多いので、またやっていきたいですし、もっともっと水波選手とも、まだ水波選手には今回勝ちましたけど、負けたこともありますし、いいライバルとして、そして女子プロレスを盛りあげる一員として一緒に頑張っていきたいので、まだまだ。今日いっぱい試合しましたけど、たくさん試合しましたけど、まだやりたりない。もっとドンドン、ガンガンぶつかっていきたいですね」
2019.07.01

「NAMI☆1~Jul~」

1、ヤングwave(15分1本勝負)
○HIRO'e&まるこ(13分43秒、バックドロップ・ホールド)高瀬みゆき&梅咲遥●

公言通りヤングブロック全勝優勝を果たしたHIRO’e。
今大会では同世代のまること改名後、はじめて同じコーナーに立つ。
対峙するのは、かつてのパートナー高瀬みゆきと、ディアナの新人・梅咲遥だ。
なお、まること梅咲は初対決となる。
先発はまるこVS高瀬。まずは、まるこがヘッドロック、アームホイップ、ヘッドシザース・ホイップで流れを掴むと、続くHIRO’eが高瀬にショルダータックル。

高瀬もエルボー弾でやり返し、串刺しドロップキック、ギロチンドロップでカウント2。続く梅咲がHIRO’eにドロップキックを連発していく。

HIRO’eがやり返すと、まるこも続く。
劣勢の梅咲だったが、高瀬とのダブルのドロップキックで形勢逆転。
高瀬が逆水平チョップにつなげ、串刺しラリアットから担ぐ。
これを着地したまるこが低空ドロップキック。
ボディースラムでカウント2。

タッチを受けたHIRO’eが低空ドロップキックで続き、セカンドからのドロップキック。
カウント2。
高瀬も同じくセカンドからのドロップキックで応戦。
ドロップキックの打ち合いから高瀬がパワースラムを放つ。
カウンターラリアットもカウント2止まり。
ならばとカミカゼからのギロチンドロップを投下。
キックアウトされるとセカンドからのエルボーアタック。
続く梅咲のダイビング・クロスボディーはカウント2。
ドロップキック4連発からミサイルキックにつなげる。
残り5分となり、HIRO’e&まるこがダブルのドロップキックで攻守を入れ替える。梅咲を孤立させると、HIRO’eが串刺しスピアを敢行。
ブレーンバスターでカウント2。
ミサイルキックも返されるとバックドロップを狙うが、切り返す梅咲。
スクールボーイ、首固め、逆さ押さえ込み、ラ・マヒストラルで攻め込む。

ピンチをしのいだHIRO’eが反撃に転じる。
スピアからのサクラ落としを放ったが、これは高瀬がギリギリ滑り込みカウント2。
ならばともう一度スピアを放つHIRO’e。
最後はバックドロップ・ホールドをマットに突き刺し、ジ・エンド。
2、チャレンジwave(15分1本勝負)
○水波綾(10分44秒、逆エビ固め)Maria●

CATCH THE WAVEパワーブロック1位通過を決めた水波綾は、6・30大阪でHIRO’eに敗れ惜しくもヤングブロック優勝を逃したMariaと対戦。

試合はMariaが水波のリングインを奇襲しスタート。
ドロップキックを連発したあと、小刻みエルボーで向かっていく。

受け止めた水波がギロチンドロップ。
キャメルクラッチで捕獲する。
耐えたMariaに、水波が逆水平チョップで追撃。
串刺しラリアットでカウント2。
コーナーに登るも、Mariaが張り手で妨害。
デッドリードライブで阻止する。
そして正面ドロップキックを連発していき、ワキ固め→三角締めで捕獲する。
これを叩き付けて脱出した水波がギロチンドロップ。
逆エビ固めへ。
慌ててMariaがロープに逃げ込む。

Mariaもカウンターのドロップキックから逆さ押さえ込み、スクールボーイ、首固めでカウント2。
すぐに走るも、水波が追走式ラリアット。
キックアウトされるとスピアでカウント2。
そして再び逆エビ固めへ。
粘るMariaだったが、水波が絞り上げ貫録勝ち。

試合後、Mariaは水波に張り手。悔しさを露わにしてリングを降りた。
3、チャレンジwave(15分1本勝負)
○桜花由美(13分30秒、体固め)清水ひかり●
※ビッグブーツ


桜花由美の誕生日記念マッチとして、4・14新木場でおこなわれる予定だった桜花VS清水ひかりの一戦。
清水が直前にケガをしてしまい流れてしまったカードがようやく実現する。

試合はヘッドロック、アームロックの取りあいでスタート。
桜花がロープに走ると、清水がリープフロッグ。
すぐに腹ばいになるも、桜花が冷静にストンピング。
ならばと清水はドロップキック。
桜花はビッグブーツ、串刺しビッグブーツで応戦する。
そして、張り付けエルボーからショルダータックルで追い打ち。
桜花の2度目の串刺しビッグブーツをかわした清水がクロスボディーで反撃。
サッカーボールキック、PKでカウント2。
さらに張り付けミドルキック、背中への張り付けドロップキックでカウント2。

桜花もブラ下がりブラディーEXで攻守を入れ替えると、ダイビング・サンマドロップを投下。クロスフェース→腕固めで捕獲する。なんとか清水がロープ。
今度はエルボー合戦。清水がヘッドシザース・ホイップ→PKF(串刺し式のジャンピングミドルキック)→PKへ。返されると横十字固め、スクールボーイ、首固めで丸め込む。いずれもカウント2に終わるとダイビング・ボディーアタックにつなげる。
ダイビング・フットスタンプもカウント2止まり。

残り5分となり、桜花がビッグブーツでようやく攻勢。かいくぐった清水がカサドーラ。
キックアウトされるとすぐに走るも、桜花が追走式ビッグブーツ。
すぐさまビッグブーツで追撃。
そして、タイガーSHの体勢に入るも、なんとか回避する清水。
ならばと桜花はカカト落とし。キックアウトされるとビッグブーツで追い打ち。これも返されると垂直落下ブレーンバスターを敢行する。これをカウント2で引き起こした桜花はもう一度ビッグブーツ。さらにダメ押しの一撃を叩き込み、3カウント!
試合後、泣きじゃくる清水に、桜花は「清水、自分で起きろ。1回、アンタの肩の欠場でこのカード流れました。今日もなにそのテーピング。プロならちゃんと肩を治してからリングに上がりなさい。それができないなら、もっと肩を鍛えて、立派なプロレスラーに成長してください。私は応援してます」とマイク。
4、CATCH THE WAVE2019~ビジュアルブロック~(15分1本勝負)
○野崎渚<2勝1分=5点>(レフェリーストップ)有田ひめか●<2敗1分=1点>
※ドルミル

水波綾、彩羽匠が各ブロックの1位通過を決めるなか、ビジュアルブロックは公式戦1試合を残して、桜花由美、野崎渚、志田光が3点で並ぶ状況。
すでに桜花、志田は全日程を終了しているため、この日、最終戦を迎える野崎は引き分け以上で1位抜けが決定する。
ただし、有田ひめかも現在1点を獲得しており、有田が勝てば、4選手が3点で並ぶ大混戦となる。

野崎の入場を有田がヒザ蹴りの連発で奇襲。
すぐに走るも、野崎がビッグブーツで迎撃。ようやくガウンを脱ぐ。

野崎は小刻みエルボーから走るも、今度は有田がショルダータックル。
ボディースラムでカウント2。バックブリーカーを決める。
さらに串刺し攻撃を狙う有田。

これをビッグブーツで迎撃した野崎がおしゃれキックで反撃開始。
ビッグブーツでカウント2。コーナーに向かうも、有田が阻止。
串刺しボディーアタックにつなげる。そして、バックフリップでカウント2。
さらに走る有田。

野崎がカウンターのビッグブーツ、ダブルニーアタックでカウント2。
そしてザキゴエへ。
返されると、ドルミルで捕獲。ロープに逃れた有田に、野崎はリバースおしゃれキック。すかさず走る野崎だったが、有田が追走してボディーアタック。
これで有田が攻勢に。ラリアットで追い打ちをかけると、逆エビ固めでステップオーバー。耐えられると、アルゼンチン・バックブリーカーで絞り上げたあと、ジャンピングニー! 
カウント2。

今度は野崎がカウンターのビッグブーツ。
引き込み式ビッグブーツ、片足ドロップキックと波状攻撃。
返されると野崎はドルミルへ! 
有田の意識が遠のいたのを認めたTommyレフェリーが試合を止めた。

これにより野崎のビジュアルブロック1位通過が決定。7・15新宿では、野崎渚、水波綾、彩羽匠の三つ巴戦となり、勝者が波女となる。
5、アブノーマルwave(20分1本勝負)
彩羽匠&○橋本千紘(19分57秒、オブライト)宮崎有妃&旧姓・広田さくら●


テクニカルブロック1位通過を決めた彩羽匠が、センダイガールズの橋本千紘と新世代タッグを結成。
現・wave認定タッグ王者組の宮崎有妃&旧姓・広田さくら<奇跡>とメインイベントで激突した。

広田はCATCH THE WAVEを途中欠場した岩田美香のコスプレで登場。
観客の大歓声を浴びるなか、“旧姓・岩田美香”とコールされる。
彩羽は6・30大阪大会に続いて、“旧姓・岩田”との対戦だ。

その広田が先発すると、ファンは大「岩田」コール。
ふだん岩田とコンビを組んでいる橋本は納得いかない様子だが、広田は「橋本、どうしたの?」と何食わぬ顔。
橋本は「さすがにそんな(コスチュームが)ボロボロじゃない」と返すも、広田は「これは連戦が続いたからボロボロになったけど、岩田よ。そんなに疑うなら試したらいいわ」と自信満々。

すると橋本は以前、カエルのドッキリで岩田を驚かせたシーンを再現。
広田が驚きまくると「本物の岩田さんだ!」と納得し、ようやく試合へ。

広田が岩田ばりのミドルキックを連発。
橋本が受け止めエルボー弾。
走る広田を橋本が担いでビューティ・ベアーポーズ。
しかし、橋本はそのままマットに叩き付ける。
広田は「もっと美香を大事にしてよ。橋本、今日、誕生日なんでしょ?」と手紙を渡す。橋本が読み上げるも、単なる広田自主興行10・1新木場の告知だった。
ハメられた橋本だったが、さらに広田は「オファーじゃないからな。勘違いするなよ」とフェースクラッシャー!

続く宮崎は「カメラの準備をしろ!」と橋本を恥ずかし固めへ。
これを自慢の脚力で防いだ橋本。
ラリアット合戦となり、宮崎がコマネチでテンションあげると、橋本もラリアットでやり返し、コマネチポーズ。
そして卍固め→俵返しを放って彩羽と交代。
宮崎も卍固めを狙うが、回避されるとリップロック狙い。
なんとか凌いだ彩羽が右ストレート。
彩羽はニールキックで飛び込むも、かわした宮崎が低空ドロップキック。
広田とタッチ。

彩羽のキックをかわす広田。
ボ・ラギノールを狙うが、彩羽も警戒。
さらに広田の高田純次を阻止すると、キックをお見舞い。
サッカーボールキックでカウント2。

コーナーに登る彩羽を広田が足止め。
広田はロープ渡りを彩羽に強要する。
ふらつきながらもロープ渡りにチャレンジする彩羽。しかし、ロープを揺らされ転落すると、広田がすかさずボ・ラギノール。619、シャイニング・ウィザードと波状攻撃。そしてへなーらサンセットの体勢に。
踏ん張る彩羽に宮崎がラリアットで突っ込むも、寸前でかわされ広田に誤爆。
すかさず彩羽がツイスターでカウント2。
橋本にタッチ。橋本は広田にカミカゼ。
コーナーからのサマーソルトドロップを投下する。

一方、奇跡はコーナーtoコーナーのときめきメモリアルで流れを変えると場外戦へ。
ファンにあおられ、広田がトペ・スイシーダで飛び込むが、失敗。
すると宮崎が橋本に「飛ぶの?」と無茶ぶり。
しかし、橋本もフェイントで返す。
すると広田と橋本はもみあいながらバックステージへ。
彩羽はバックステージ行きを阻止して、リング内で宮崎にミドルキック。
正面ドロップキックをお見舞い。
コーナーに登るも、宮崎がリップロックで阻止して雪崩式ブレーンバスターに切り返す。改めてリップロックを敢行すると、彩羽もハイキックで応戦しダブルダウンとなる。

そこに広田と、グリーンミストを食らった橋本が戻ってくる。
ダブルダウン状態のリング上を見た広田は反撃にかかるも、彩羽が阻止。
ならばと宮崎が広田をハンマー式ボディープレスで彩羽&橋本に投下する。

彩羽&橋本もダブルの攻撃で流れを変えると、橋本が広田にパワーボム。
これは宮崎がカット。すぐさま彩羽もパワーボム→ライガーボムで追撃。カウント2。

広田もウラカンラナで攻守逆転。
裏拳から走るも、逆に橋本がふらふらドーンでカウント2。

残り1分となり、橋本がオブライトの体勢。
着地した広田がボ・ラギノール。
しかし、へなーらサンセットは押し潰されてカウント2。もう一度、広田はへなーらの体勢。堪える橋本。
宮崎がリップロックでアシストに入るも、寸前でかわされ広田に誤爆。
チャンスとばかりにバックにまわった橋本は、吐血する広田にダメ押しのオブライトで葬った。
◎試合後のマイク。
宮崎は「岩田…。お前、よくも岩田を!」と駆け寄るも、桜花社長がエプロンへ。
桜花「もういいですか? 終わりました? 説明したいことがあるんで」
宮崎「いま?」

桜花「メイン終わったところすみません。7月15日の大会の説明をさせていただきたいと思います。7月15日、新宿FACE大会で、今年の波女決定戦があります。今日リーグ戦が終了しました。テクニカルブロック1位通過・彩羽匠、パワーブロック1位通過・水波綾、そしてビジュアルブロック1位通過・野崎渚。この3人で、7月15日、新宿FACE大会で三つ巴戦で今年の11代・波女と第14代レジーナと100万円をかけて闘っていただきます。そして宮崎さん、広田さん。タイトルマッチ早くやりたいですよね? 今日、有田が負けたので、有田&高瀬、タイトルマッチ早くやりたいよね? ちょっと上がってください。7月15日、タッグのタイトルマッチ◎宮崎有妃&旧姓・広田さくらVS高瀬みゆき&有田ひめか、どうですか。このタイトルマッチ決定で、よろしくお願いします」
高瀬は宮崎と、有田は広田と「お願いします」と握手をかわす。
すると広田が「お前、何持ってるんだよ」と高瀬にツッこむ。
高瀬が握っていたのは、10・1新木場でおこなわれる広田自主興行のチラシ。
どうやら橋本が投げ捨てたチラシを拾ってしまったようだ。
さらに桜花社長が続ける。

桜花「そして、HIRO’e。HIRO’eは昨日、ヤングブロック優勝しました。レジーナにまっさきに挑戦する権利があるんだけれども、7月15日はできないので、アナタにはとっておきのカードを用意しました。志田光とシングルでお願いします」
HIRO’e「アメリカにいく志田に、胸かしてやりたいと思います」

桜花「ということで、7月15日は彩羽、水波、野崎の波女の三つ巴戦と、広田さん&宮崎さんVS高瀬&有田のタイトルマッチと、HIRO’eと志田のシングルマッチが決定しております。ぜひ見に来てください。今日は野崎が勝ったし、野崎に締めてもらいたいと思います」
野崎「やっと私、コール&レスポンスとビッグウエーブができるんですけど、その前に、ムカつくことに、今日リアル・バースデーのヤツがいるんですよ! 橋本千紘、上がってこーい!」

橋本がリングに上がると、ケーキが運ばれてくる。

野崎「橋本千紘、7月1日で何歳になりました?」

橋本「27歳です」

野崎「27歳の誕生日、おめでとー!」

橋本がロウソクの火を吹き消すと、恒例の顔面ケーキ。
橋本「まさか、他団体に出てこんなお祝いをしていただけると思ってなかったので、ありがとうございます。27歳で初の毒霧を受けて、こんな姿ですが、自分はホントに真の強さを求めて女子プロレスというものをもっともっと世間に広めて、女子プロレスのトップ、そして自分の信じた道を突き進んで、最後はみんなで一緒に『ぎゅん!』したいと思います。ありがとうございました!」
最後は、野崎が初のコール&レスポンスを担当。

野崎「今日もいい波乗れたか! 絶対にレジーナ取るぞ! 7月15日見に来いよ!  ビッグウエーーーーーブ! これが、waveだ、ぎゅーん!」
◎バックステージ
——リーグ戦を振り返って。
彩羽「不本意ではありますよね。急に2人欠場になって、岩田選手とは、一番当たりたかった選手だったので不戦勝になったこと自体は、よく言えば運がよかったと言いますけども、ケガは、レスラーは仕方ない部分もあるので、しっかり岩田選手には治してもらって、またこの続きがいつかできたらと思います。今回、テクニカルブロックは門倉、岩田選手が欠場になったんですけども、その人たちのぶんまで背負って、自分は決勝をしっかり勝ち抜いていきたいと思うので。そして、今回は波女になったらレジーナに、チャンピオンになれるということで、負ける気はないです。ただ野崎選手が上がったことですね。いままでずっと負けているんですよ、そこだけが引っかかるんですけども、しっかり三つ巴、厳しい闘いになるとは思うんですけども、いま自分もシードリングさんのチャンピオンなのでしっかりそこも背負って優勝していきたいと思います」

——三つ巴はどんな闘いになると思う?
彩羽「やっぱりタイトルマッチ級なのが2連続ってことですもんね。なので普通の、いまこのまま普通に万全ですと言って闘っても、ダメだと思うので、頭も使いつつ、いままでにないくらいの闘いは覚悟しています。でもそれを乗り越えた先には素晴らしいものが待っているので、あとは覚悟ですね。覚悟と気合。大丈夫です」

——ファンの皆様に意気込みを。
彩羽「いま自分は脂が乗ってる時期だと思うし、いま女子プロレスを変えていかなきゃいけないと思うので、マーベラスのエースとして、waveさんのベルトを取って、いまシードリングのチャンピオンでもあるので、しっかり女子プロレスをまとめて、これから盛りあげたいと思います。みなさん応援よろしくお願いします」
◎バックステージ
——タイトルマッチが決まったが。
宮崎「アイツらナメてますね」

広田「アイツらは、令和に変わり、新生waveになり、そして初の防衛戦。覚悟がね、足りないんですよ」

宮崎「そうだよ」

広田「私はいま何を言っても説得力がないかもしれない。だけど、7月15日、こうなるのはお前らだからな!」

宮崎「おう覚悟しておけ。これで終わると思うなよ」

広田「ベルト巻けると思うなよ!」
◎バックステージ
野崎「ビジュアルブロック1位通過しましたー。イエーイ! 振り返ってみて…、やっぱり全勝優勝を目標にしてたので、いまでも志田戦が引き分けだったのは悔しいなと、いまでも思うんですけど、結果1位通過という形になったので、悔しいですけど満足はしています」

——7月15日は三つ巴戦だが。
野崎「三つ巴戦の相手が彩羽匠、水波綾。この2人、シングルで私すごく(分がいい)、私にとっては好都合な選手だなと。水波を何回も落としたことあるし、彩羽は彩羽で、水波と同じように締め落としてるので、なんか余裕ではないですけど、勝ったという自信が過去にあるので、そこを自分のモチベーションとして、15日を迎えられるかなと思っています」

——彩羽選手に負けたことない?

野崎「そうなんですよね! タッグでよくクソ女とニュートラやってたときは、直接、私、彩羽に取られたことなく、シングルで当たったときも私が勝ち、新生waveになってからも私は直接負けたことがない。過去に本当に彩羽に取られたことないので、そこも自信になってます」

——波女になる自信は?

野崎「あります、100%です。レジーナ絶対取ります。みんなとの約束を守ります!」
◎バックステージ
——次回新宿でタッグ挑戦決まりました。
高瀬「いつも余裕ぶって、試合して、負けるといっさい思ってないみたいですけど、私は宮崎有妃に2回勝ってますから、2回。これは紛れもない事実。油断してれば足下をすくわれることをわからせてやろうと思います。何色にでもなってやるって言ったけども、お前らもまともな色ですむとは思うなよ!」

有田「みゆきさんは2回、勝っていて、前回の新木場大会で、奇跡VSザ・ビギニング、両者リングアウトの悔しい結果だったんですけど、それでも負けてはないので、15日までに惑わされず、精神面も強くなって、こっちが上回るってところをたくさん考えて、お客さんも奇跡の2人もビックリさせて7月15日は自分たちがベルトを巻きたいと思います」

高瀬「そやな。ふざけたような試合ばかりして。でもね、言っておきたいです。実際に奇跡をおこしまくってるのも、波にノってるのもウチらなんで。よろしくお願いします!」
2019.06.30

WAVE Phase2「大阪ラプソディ―Vol.45」

Xを除く出場全選手による入場式。
11選手がリングに揃ったところで対戦カードが発表された。
そして、挨拶に指名されたのは水波。
「本日は雨で、お足下が悪い中、ご来場ありがとうございます! 前回の、4月の大阪大会の時は、自分はちょっと、急きょ、欠場になってしまいまして。なので今日は、WAVEのリニューアル後、初の大阪大会でございます。大阪の皆様、お元気でしたか!?
(大きな拍手に対し)よかったです。今日もですね、WAVEの大会を、胸いっぱい、体いっぱい、楽しんでいってください! 最後まで、応援よろしくお願いします!」と、いつも以上に元気に挨拶してのオープニングとなった。
▼CATCH THE WAVE 2019~ヤングブロック~(10分1本勝負)
○HIRO'e<3勝=6点>(9分5秒、片エビ固め)Maria<1勝2敗=2点>●
※バックドロップホールドが崩れるも押さえ込んで。HIRO'eがヤングブロック優勝


ヤングブロックへの出場権を獲得しながら、出場枠争奪戦で敗れた門倉凛がテクニカル部門での出場を許可されたことに納得がいかず、全勝優勝を宣言したHIRO'e。
ここまで2戦2勝で迎えた最終リーグ戦。
最高得点を獲得しても最終戦で引き分けた場合には「全勝」という約束は果たせないことになる。

Mariaが求めた握手を握り返して試合開始のゴング。
鳴らされる同時にコーナーを飛び出した両選手。
いきなりスピアを決めたHIRO'eだが、Mariaの丸め込みの連続にペースを乱される。
低空ドロップキックを浴びながらも串刺しドロップキック決めて反撃に転じるHIRO'e。
しかし、Mariaも串刺しドロップキックをお返し。
それでもHIRO'eはエルボー、ストンピング、スリーパー、ダブルレッグロックとスリーパーの複合技、逆エビで優位に試合を進める。
ロープブレイクに持ち込まれても、ブレーンバスターを放っていく。
2発目のブレーンバスターをこらえたMariaは、HIRO'eにぶら下がる形でフロントスリーパーを決め、そのままグラウンドに持ち込んでギブアップを迫る。
HIRO'eはサードロープに足を伸ばして、なんとかブレイクに持ち込んだ。
ブレイク後、腰を落とした状態のHIRO'eには低空ドロップキック5発からボディースラムを放っていくMaria。
カウント2で返されると、馬乗りになってエルボーを落としていく。
Mariaがロープに走ったところでスピアを決めたHIRO'eは、Mariaをコーナーに運ぶと串刺しでのスピアを決めてミサイルキック。
そしてムーンサルトプレスを狙ってコーナーに上がる。
2段目ロープに足をかけた状態で背を向けているHIRO'eにドロップキックを放って場外に落としたMariaは、リング下でボディースラムを放って一足先にリング内へ。
リングに戻ってからもボディースラム、エビ固め、首固めと丸め込んでいくMaria。
カウント2で返していったHIRO'eは、逆にMariaの背後に回って背中合わせになり逆さ押さえ込み。
これをカウント2で返されたHIRO'eは北斗原爆。続いて決めたスピアもカウント2で返される。
ここでバックドロップホールドを放つも、崩れてMariaの肩が上がる。
しかし、そのまま片エビで固めてカウント3を奪った。
これでHIRO'eは勝ち点6。
宣言通り全勝でヤングブロック優勝を飾るとともに、レジーナ王者への第1挑戦権を手にした。
▼CATCH THE WAVE 2019~スピンオフ~(15分1本勝負)
△彩羽匠(時間切れ引き分け)旧姓・広田さくら△

門倉凛、岩田美香の欠場で闘わずしてテクニカルブロックを1位通過した彩羽匠。
当初、この日は岩田とのリーグ戦が組まれていたがカード変更。対戦相手はXと発表されていた。
そして、Xとして入場してきたのは岩田美香のコスプレに身を包んだ旧姓・広田さくら。
リングインしてリングアナから選手紹介のコールを受ける際にキックのデモンストレーションまでマネするが、その“変身ぶり”に、彩羽は笑いをこらえられない。
試合開始のゴングが鳴ってにらみ合う両者。広田がフェイントで蹴りを繰り出すだけで、彩羽はこらえ切れず笑いが漏れてしまう。
短期勝負に出た彩羽が決めたグラウンドでのスリーパーは逃れたものの、スタンドに戻ってローキックを叩き込まれると1発で及び腰に。
逆にローキックを返しても彩羽は微動だにせず。
広田をコーナーに飛ばして串刺しエルボーバットを決めた彩羽。
ローキックを連発していくと広田はダウン。
ここでロープに走って蹴りを放ったものの、それをかわした広田は下からボ・ラギノールを見舞う。
ダウンした彩羽を見てタカダジュンジを狙ったが、足を出されてカットされた。
「さては、お前がやりたい……」とまで言ったところで彩羽が攻撃を仕掛けると、広田は彩羽のエルボーを受けたところでダウンしてタカダジュンジを誘う。
仕方なくタカダジュンジを仕掛ける彩羽。
ヘッドバットが決まって、タカダジュンジ成功!
ここで広田は「タカダジュンジも決まったことだし、今日、ダブルヘッダーだし、もう終わりにする」とリング上で大の字に。
カバーに来た彩羽を丸め込んだがカウント2。
だまし討ちに怒った彩羽がサッカーボールキック2発。
観客の「もう1回」の声にこたえて3発目を放ったが、その蹴り足をキャッチした広田はヒザにエルボーを落とし、リストをつかむ。
そしてコーナーに上がろうとしたが、彩羽はロープに足をかける前にスライディング・レッグシザースを決めてクロスフェースロックへ。
広田は必死にロープに逃げる。
彩羽はブレイクしてもすぐに起き上がれない広田に、正面からの蹴り2発。
さらにフロントネックチャンスリー気味のブレーンバスター。
そしてコンビネーションで蹴りを放っていくが、それを見切ってかわした広田。
逆に蹴りを放ってからカカト落としを狙ったが、足を上げた瞬間に股関節を痛めた様子。
ここで彩羽は股裂きから股割りの状態に持っていき、ヒザ十字へ。
ロープブレイクに持ち込まれると広田をロープに飛ばしたが、広田は走ることさえできない。
チャンスとばかりに近づいてきた彩羽を丸め込んだ広田。カウント2で返されると、股関節を痛めたのは「嘘だ」。
そしてロープ歩き、ロープに張りつけにしてのボ・ラギノールを決める。
さらにロープを挟んでのエルボーで彩羽をリング下に落とした広田。
トペを放つもセカンドロープに引っかかって失敗。
そのまま場外乱闘を繰り広げているところで「残り時間3分」のコール。
観客の傘を手にして、徹底して彩羽の尻を突いてリングに転がり込んだ広田。
彩羽は痛みにのたうち回りながらも、なんとかカウント20寸前にリングに滑り込んだ。
リング内に戻ると、カウンターのハイキックを決めた彩羽。
さらにトラースキックをヒットさせるが、広田はカンチョーを返していく。
ハイキックを決められた広田だが、そのままふらふらドーンで押さえ込む。
カウント2で返した彩羽は、「残り10秒」がコールされたところでパワーボム。
そのまま丸め込むが広田はカウント2で返す。
2発目のパワーボムを狙って広田を担ぎ上げたところでタイムアップのゴングが打ち鳴らされた。
試合後は互いに「もう1回」と、再戦をアピールしてからリングを下りた。
▼CATCH THE WAVE 2019~ビジュアルブロック~(15分1本勝負)
△桜花由美<1勝1敗1分=3点>(時間切れ引き分け)有田ひめか<1敗1分=1点>



有田ひめかが求めた握手に応じた桜花由美。
試合開始のゴングが鳴らされるや、いきなりラリアットを放った有田。
それをかわした桜花はビッグブーツを放つが、さらにそれをかわしたジャンピング・ニーを決めた有田。
カウント2で返した桜花は、有田のバックに回り、相手の両腕をクロスしてのバッククラッカーからビッグブーツ。
ベイダーアタック、串刺しジャンピング・ニーを返していたあ有田は、ショルダータックル5発。
さらに逆エビから逆片エビと攻め立てる。
エルボーを放ってきた有田を捕まえてフロントヘッドロックにとらえた桜花だが、有田はそのまま頭越しに投げ飛ばす。
すると桜花はトップロープ越しに場外に転落。
しかしリング上でダウンした状態の有田を見ると、桜花はリングに戻る際、コーナーからフライング・ボディーアタック。
カウント2で返されると、クロスフェースロックで有田の動きを止めにかかった。
ロープに逃れた有田だが、桜花はロープ際で有田のボディーを踏みつける。
桜花のビッグブーツをかわした有田は、セカンドロープに足を引っかけている桜花の背後からベイダーアタック。
しかしアルゼンチンバックブリーカーを狙ったところを押し潰され、クロスフェースロックに持ち込まれた。
それでも有田は、なんとか―ドロープに手を伸ばしてブレイクに持ち込んだ。
桜花のビッグブーツをかわして背中にジャンピング・ニーを決めた有田は、うつ伏せ状態の桜花にボディープレスから逆片エビ。
ギブアップを迫るも、ロープブレイクに持ち込まれた。
強引にアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げた有田は、前方に落としていく。
さらにバックフリップ、正面から走り込んでのジャンピング・ニー。
有田のジャンピング・ニーをかわしてキルスイッチからカカト落とし2発を決めた桜花は、3度目のクロスフェースロック。
そこから腕を取ってサーフボードに移行するも、有田は足を伸ばしてブレイクに持ち込んだ。
スタンドに戻ってエルボーの打ち合いから、互いにロープに走った相手を追いかけて有田がベイダーアタック、桜花がフォアアームを放て行く。
有田が反対側のロープに走るとするところ、髪をつかんでダウンさせた桜花は、有田が立ち上がってくるところにランニング・エルボー。
有田もラリアットを放っていく。
2発目のラリアットをかわした桜花は、有田の体を持ち上げるとトップロープにノド元を打ちつける。
さらにビッグブーツ2発。
カウント2で返されるとロープに走るが、有田はジャンピング・ニーで迎撃。
ラリアット2発を決め、桜花がビッグブーツを放ってカバーにいったところでタイムアップとなった。
これで互いに1点を追加。
桜花は得点3でリーグ戦を終了。
すでに志田光も3点で公式戦を終了しており、野崎は1試合を残して得点3。
有田もここで1点を追加したことで1位通過の可能性を残している。
大混戦のビジュアルブロックは公式戦最終戦(6・1新木場、野崎渚vs有田)の結果待ちとなった。
休憩明けのインフォメーションコーナーでは二上美紀子代表がリング上へ。
今後の大阪大会として、10月12日~14日、大阪・アゼリア大正で女子プロレス祭り的なイベントの開催を発表。
全団体とはいかないまでも、主要団体大阪に集結し、主催興行を持ち寄る形で企画。
幕開けとなる12日の午後は「ヤングOH!OH!」として開催。
そこでデビュー5年目となるHIRO'eがヤングを卒業することに。
初日は2大会、2日目と3日目はそれぞれ3大会を開催予定。
“女子プロレス見本市”の詳細は後日発表される。
▼スクランブルwave(60分3本勝負)
水波綾、野崎渚、高瀬みゆき(2-1)宮崎有妃、旧姓・広田さくら、神童ミコト
①○水波(10分12秒、片エビ固め)神童●
※ラリアット
②●高瀬(13分30秒、外道クラッチ)宮崎○
③○高瀬(3分0秒、体固め)宮崎●
※宮崎がパワーボムを決めてカバーしているところに、水波に突き飛ばされた広田がぶつかって、高瀬が宮崎に覆いかぶさる形になってカウント3が数えられて

この日、2試合目で疲れを隠せない旧姓・広田さくら。
水波綾と高瀬みゆきは、広田先発をアピール。
結局、1本目の先発は高瀬と神童ミコトとなる。
ゴングと同時に飛び出してきた神童を飛び越えて、コーナーに控える広田と宮崎有妃に攻撃を仕掛ける。
無視された格好の神童は躍動感のあるドロップキックを連発で浴びせていったが、高瀬は神童をボディースラムで叩きつけると、神童を敵コーナーに付き飛ばして広田に交代するよう要求する。
それに応じて出てきた広田に、カミカゼからセカンドロープに飛び乗ってギロチンドロップ。
さらにミサイルキックを放つと、野崎渚が広田の背後からミサイルキック。
さらにブレーンバスター。神童のドロップキック、水波のラリアットのアシストを受けて、えびす落としを決めた。
さらにブレーンバスター。神童のドロップキック、水波のラリアットのアシストを受けて、えびす落としを決めた。
タッチを受けた野崎はダブルニーアタック、ドロップキックを叩き込んでいくが、ブレーンバスターをDDTに切りあ消した広田は、高瀬と2人に二刀流のカンチョーを決める。
しかし、水波の強烈なエルボー、高瀬のドロップキック、野崎のビッグブーツを浴びるも、カウント3は許さない。野崎のドルミルは、神童と宮崎が必死のカット。
やっとのことで広田からタッチを受けた宮崎は、低空ドロップキックからビッグヒップ。
これは水波と高瀬がカット。
宮崎は両腕でのラリアットで水波と高瀬を決めると、2人まとめてビッグヒップの餌食にする。
さらに野崎にドロップキック。野崎は串刺しビッグブーツを決めて水波にタッチ。
水波はマシンガンチョップからパントマイムを交えての串刺しラリアット。
リング中央でラリアットの打ち合いとなるも、最後に同時に放った際は宮崎が打ち勝つ。
代わった神童のドロップキック連発を受け流した水波は強烈なエルボーを叩き込み、神童がブレーンバスターを狙ってきたところボディースラムに切り返す。
しかし神童は、ボディースラムをかけられたタイミングで水波の背中におぶさってスリーパーを決めていった。
それを前方に一本背負いの要領で投げ飛ばした水波は、ラリラットからギロチンドロップ。
カウント2で返されると、逆エビを決める。
ここは宮崎がカット。
しかし水波は、神童をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げた。
それを滑り下りながら丸め込もうとする神童をつかんで阻止した水波は、そのままジャーマン気味に後方に投げ捨てようとしたが、うまく水波の首に腕を回して絡みついた神童は首固めに切り返す。
カウント2で返されると逆さ押さえ込みへ。
ギロチンドロップをかわして丸め込む。
さらに前方回転式のエビ固めを決め、水波のラリアットをかわして足をすくう形でジャックナイフホールド。
いずれもカウント2で返されたが、丸め込み技の連続に、水波はたじたじの表情。
しかし走り込んでくるところにカウンターでラリアットを叩き込み、カウント3を奪った。
2本目のゴングが鳴ると、水波はダメージが残ってふらふらの神童を一気に攻め立てる。
ラリアット、スピアから肩に担ぎ上げるが、ここで宮崎が飛び込んできてときめきメモリアル。
これで動きが止まった。代わった広田が水波とボ・ラギノールの打ち合い。
広田はロープ歩きを決め、飛びついてのウラカンラナへ。
さらに619を決めたものの、高瀬がミサイルキックで追撃を阻止。
タッチを受けた野崎がコーナーに詰めてブレイジング・チョップ連発。
ロープにもたれかかった状態へのビッグブーツを決めると、広田がトペを狙うもロープに引っかかって失敗、そのまま場外乱闘となり、バックステージに消えていった。
リングに残されていた神童は、水波に「(バックステージへ追いかけて)行くぞ!」と声をかける。
水波は「行かなくていい」というものの、神童を追いかける形でバックステージへ消えた。
しばらくリングは無人状態。
アリーナに戻って来ると、野崎の顔面は緑に染まっていた。
リング中央に寝かすと広田がタカダジュンジを狙おうとするも、「どうせ足を出されて失敗するんだから」と、自らリング中央に大の字になって、野崎にタカダジュンジをするよう求める。
仕方なくロープワークから広田の上を飛び越えてタカダジュンジを放つが、
それをかわした広田は、フェースクラッシャーからプロレスLOVEポーズ。
しかしプロレスLOVEポーズを取っているところに野崎がフェ―クラッシャーを決めてプロレスLOVEポーズのお返し。
広田のボ・ラギノールを浴びた野崎だが、宮崎にビッグブーツを放っていく。
それを受け止めた宮崎は恥ずかし固めへ。
これは高瀬がカット。
宮崎にカウンターのビッグブーツを決めた野崎はコーナーに上がる。
しかしここは、神童にデッドリードライブで叩き落とされてしまった。
宮崎にカウンターのビッグブーツを決めた野崎はコーナーに上がる。
しかしここは、神童にデッドリードライブで叩き落とされてしまった。
この間に対角線のコーナーに上がっていた広田だったが、コーナーでの攻防でロープを揺らされたため、足を滑らして宙吊り状態に。
ドルミルに捕らえられた宮崎は、そのまま後方に走り込んで野崎をコーナーにぶつけようとするが、広田が挟まる形になった。
何とか野崎を振りほどいた宮崎は、コーナーに宙吊りになっている広田を使ってのハンマープレス。野崎は再び宮崎をドルミルにとらえるが、今度は広田がカット。
6選手が入り乱れる中で、高瀬にえびす落としを決めた宮崎に対し、高瀬もコーナーからのフライング・フォアアームを返していく。
そして水波との合体ギロチンドロップ。
広田も対抗して神童を使っての合体ギロチンドロップを狙うが、バランスを崩してそのままバックドロップで投げてしまう形に。
しかし宮崎はカウンターのラリアット。
続いての外道クラッチは野崎のカットに遭ったが、投げ捨てジャーマンを決めると、広田がボ・ラギノールでアシスト。
ここで外道クラッチを決めてカウント3を奪い、1-1のイーブンに持ち込んだ。
3本目、ゴングと同時に6人がリング上で入り乱れる。そのまま戦場はリング下へ。
1人リングに残った広田がトペを決めると、観客から大きな拍手が。
広田も「やればできる!」とガッツポーズ。
リングに戻るとカミカゼ を決めた高瀬だったが、直後に広田のミサイルキックを浴びてしまう。
宮崎は高瀬をボディースラムで叩きつけると、コーナーに上がっていた水波を捕まえてファンタスティックフリップを放つ。
しかし高瀬がかわしたため、結果的には水波がデッドリードライブで叩きつけられる形になった。
野崎が宮崎に低空ドロップキックを突き刺すと、水波が裏投げ。
そしてコーナー最上段に上がっていた高瀬が急降下ギロチンドロップ。
宮崎を引き起こそうとした高瀬だったが、逆にパワーボムの態勢に担ぎ上げられた。
これをウラカンラナで切り返そうとしたが、踏ん張って阻止した宮崎は、反動をつけて高瀬を担ぎ上げてパワーボム。
そのまま押さえ込んだものの、コーナーでもみ合っていた水波が広田を突き飛ばしカバーを崩す。
もつれ合った状態で高瀬が宮崎に覆いかぶさる形に。
そのままカウントが数えられ、Tommyレフェリーの手が3回マットを叩いて勝負が決まった。
まさかの勝利に喜びを隠せない高瀬はマイクを通さずにタッグ王座への挑戦をぶち上げるが、広田から「この前(6・19新木場)の話でやるってことになっただろ!」と突っ込まれる。すると高瀬は「いつやるやんだよ?」。これに広田は「近々……」と答えた。
さらに広田は「お前ら、自分たちが持ってたベルト落としたからってな、ベルトを獲り返すことに躍起になってると、足元すくわれるからな。お前、次、野崎みたいにさせてやるからな」と宣戦布告。そして「野崎、お前も覚えとけよ」と挑発した。
ここでリング上にマイクが置かれているのに気づいて取り上げると、広田から「お前、マイクでしゃべれよ」と突っ込まれた。高瀬は「気づかなかったんだ!」と返し、そのまま「今日はWAVE(所属選手)じゃないけど、私が(最後)勝ったから、私が締める!」と強引にコール&レスポンスで観客のビッグウェーブを起こし、「これがWAVEだ!」で新体制2度目の大阪大会を締めた。