2020.12.01

「NAMI☆1~Dec.~’20」

1、ゴキゲンwave(20分1本勝負)
○高瀬みゆき&梅咲遥(10分0秒、横十字固め)米山香織&青木いつ希●

土壇場での大幅なカード変更となった今大会。第1試合は、高瀬みゆき&梅咲遥のLuminous(ルミナス)と米山香織&青木いつ希のタッグマッチでスタートとなった。

青木がいつものように元気な声で「よろしくお願いしまーーーぁす!」と握手を求めると、米山も続く。警戒しながらルミナスが応じるその瞬間、手を引く青木&米山。カチンと来たルミナスが奇襲を仕掛けて、試合がスタートとなる。

ルミナスは米山&青木にトレイン攻撃。青木にダブルのフェースクラッシャーを決める。ポーズをキメようとするが、背後から米山が妨害。逆に青木&米山がダブルのガットショット。高瀬を捕獲し、米山「ルミナス」青木「ルミナスとき」米山&青木「ルミなさない」と三段活用。
そのまま青木が「ルミなさない」と張り付けボディーアタック→ダブル・ニーアタックでカバーする。続いて米山がキャメルクラッチ。耐えられると「本日、欠場となってしまった桜花由美のビッグブーツ行くぞー!」と串刺しビッグブーツを敢行。高さは足りないが、会場を盛りあげる。

走り込んでの一撃は、梅咲が妨害。そのままルミナスがダブルのドロップキック、エルボードロップを決める。

かわった梅咲がドロップキックで追撃。そして弓矢固めへ。耐えられるとネックブリーカードロップでカウント2。一方、米山もモンゴリアンチョップ、グルグルパンチ、クロスチョップを放つと、「今度こそ桜花由美のビッグブーツ行くぞ!」と飛び込むが、梅咲がキャッチ。高瀬が助けに入る。
ルミナスはダブルのクローズラインを狙うが、米山がフロントキックでかわして、桜花ばりのフェースクラッシャー!

続いて青木vs梅咲となり、青木がショルダータックル、串刺しバックエルボーをお見舞い。フェースクラッシャーからフットスタンプ、ボディープレスと波状攻撃を仕掛けて行く。これをキックアウトされるとテキサスクローバーホールドへ。耐えた梅咲がクロスボディーを敢行。青木がキャッチすると、背後から高瀬がドロップキックで梅咲を援護する。キックアウトされると、梅咲のドロップキック、ネックブリーカードロップが決まる。続くブレーンバスターは米山がカット。

かわった高瀬は逆水平チョップを連発。串刺しラリアット、ジャンピング・エルボーアタックにつなげる。カウント2。高瀬は「決めるぞー!」と担ぐも、青木が着地。ならばと高瀬はエルボー弾からロープに走るも、青木がカウンターのコンプリートショット。ショートレンジラリアットでカウント2。

今度は青木がロープに走るが、梅咲がドロップキックで妨害。そのままルミナスがツープラトンのブレーンバスターの体勢。これを米山が妨害する。ならばとルミナスは青木&米山に同時にドロップキック。さらにセカンドからのドロップキックを連続発射させる。勢いに乗る高瀬がカミカゼ→セカンドからのギロチンドロップにつなげる。カウント2。
ルミナスはトレイン攻撃を狙うが、青木が米山をファイアーマンキャリーで担いで、ルミナスを迎撃。高瀬におんぶプレスを放って形勢逆転。コーナー攻撃を狙うが、米山と青木は同時にコーナーに上がってしまい、互いに譲らず。

チャンスとばかりに高瀬が2人をコーナーから落とす。そして青木をファイアーマンキャリーで担ぐも、青木が切り返しエビ固めの応酬に。いずれもカウント2。走る青木に高瀬がカウンターのラリアット。米山のセントーンの誤爆を呼び込み、最後は横十字固めで3カウントを奪った。

試合後、米山がマイク。

米山「いつ希ちゃーん、コスチュームお揃いみたいだし。あの今日はね、ちょっと残念だったけど、私たちこれからルミなさないとしてやっていくのがいいと思うんだけど、どうかな?」

青木「ルミ…なさないは楽しかったけどぉー、セントーン忘れたんですか? 自分で上に乗ったセントーン!」

米山「これからこれからルミなさない」

青木「ヤダー! 私には凛ちゃんっていう激戦をともに闘った友達がいるので、ルミなさないは、あのー、いつか×4、でいいです。だってセントーン痛かったから…。でも、今日はありがとうございました!」

米山「お前のことなんてぜんぜん好きじゃないから。好きじゃないのに振ったみたいにするなーーー!」
2、ヤングwave(15分1本勝負)
○笹村あやめ(9分0秒、エビ固め)金子夏穂●
※パンダカッター改

2AWの笹村あやめとセンダイガールズの金子夏穂がシングルマッチで激突。序盤はリストロックやヘッドロックを巡る攻防。

金子がショルダータックルで仕掛ける。ロープに走るが、笹村がドロップキックで迎撃し、重いフォアアームでご挨拶。さらに笹村は張り付けレッグドロップでカウント2。

ファアアームの攻防を制した笹村がボディースラム。スリーパーで捕獲する。なんとか金子がロープ。
笹村はもう一度、ボディースラム。金子もガットショットから首固めに切り返す。スクールボーイでカウント2。そしてバックエルボー2発をお見舞いする。返されると逆片エビ固めへ。これは笹村がロープ。

再びバックエルボーを放つ金子。そして、コーナーポストに自ら頭を叩き付けて気合を入れ直すと、ジャンピング・ヘッドバット2連発。ボディースラムでお返しする。そして押さえ込みへ。いずれもカウント2。ロープに走るも、笹村が追走式バックエルボー、ショルダータックルでカウント2。

フォアアームの打ち合いで、気迫を見せる金子だったが、笹村が大外刈り。垂直落下ブレーンバスターにつなげる。ミサイルキックもカウント2止まりに終わると、パンダカッター改でトドメを刺した。
3、カオスwave(15分1本勝負)
○フェアリー日本橋(10分0秒、横入り式エビ固め)マドレーヌ●

12月13日に引退するフェアリー日本橋の正真正銘のラストwave。そのフェアリーが引退までにどうしてもやっておきたい相手として挙げたのが、ワールド女子プロレス・ディアナのマドレーヌだった。

フェアリーはいつものスタイルではなく、ブラックバージョンで登場。ステッキのほかに釘バットを持参する。

マドレーヌが握手を求めるが、フェアリーが拒否してゴング。格闘技スタイルのフットワークを見せるマドレーヌだったが、フェアリーが遮るように自己紹介。

フェアリー「我が名は、ギャンブル狂いの漆黒の堕天使・フェアリー。そなたも自己紹介を」

マドレーヌ「やってみたかったんですぅー! 私はメルヘン王国出身の8歳、マドレーヌです!」
握手を求めるマドレーヌだったが、フェアリーは「うるさーい!」とガットショットから首投げ。そしてコスチュームのファーで首を絞める。Tommyフェレリーが注意すると、今度は釘バットを持ち出すフェアリー。これもTommyレフェリーが厳重注意。

素直に応じるフェアリーに、マドレーヌがカニばさみ。そしてお転婆ダッシュでカウント2。フェアリーも「お待ちになって、いまのコレ、面白そうじゃない。私にもさせてちょうだい」と、フェアリーがお転婆ダッシュ。やりきったフェアリーは「私、もう満足だわ。試合アナタがスリー取って終わらせなさい」と仰向けになる。

マドレーヌがカバーするも、カウント2で引き起こし「まだ魔法も使ってないじゃないですか!」と諭す。するとフェアリーが思い出したかのように「魔法? すっかり忘れてた。みなさん、私は魔法が使えるんです」と釘バットを持ち出す。間違えたことに気付いてステッキに持ち変える。「この魔法のステッキを振ったら人間が跳びます。8歳によく効く魔法」とステッキを振ると、魔法がかかりすぎて止まらないマドレーヌ。

フェアリーもその威力に戸惑いながらも、ステッキポンでカウント2。フェアリーは「まだ特別な魔法があります。8歳が老いぼれになる魔法!」と、ステッキを振るも寸前でかわしたマドレーヌがスクールボーイ。だが、Tommyレフェリーがかかってしまい、カウントにいけない。
慌ててフェアリーが魔法を解くと、もう一度マドレーヌがスクールボーイ。復活したTommyレフェリーがカウント2を叩く。ここでマドレーヌは側転からのバックエルボーを叩き込み、さよならトレインを呼び込む。だが、コロナ対策もあったのか、セコンドはほとんどナシ。一人でトレイン攻撃を繰り返すマドレーヌ。

しびれを切らしたフェアリーが「一人しか来ねーじゃねーかよ!」とガットショット。ブレーンバスターを放って「もう終わらせてやるよ」とコーナーに釘バットをセットし、マドレーヌをハンマースルーしようとしたが…寸前でマドレーヌが切り返し、フェアリーが自滅。倒れ込むフェアリー。
マドレーヌ「フェアリーさん、そんな…そんな嘘だろ? フェアリーさん、フェアリーさん!」

フェアリー「私はもうダメだ…。しかし魔法があれば助かるかもしれない」

慌ててマドレーヌがステッキを渡す。

フェアリー「しかし、いまの私の魔力では魔法が使えない。魔法を使うのはお前だ…(ステッキを手渡す)」

マドレーヌ「フェアリーさーーーぁん! オレが、オレがフェアリーさんを生き返させる!」

魔法に挑戦するマドレーヌだが、フェアリーは生き返らず。

マドレーヌ「魔力が足りない×2、会場のみんな! 両手を上にあげてオレに魔力をわけてくれ。みんなの魔力をオレにわけてくれ!(観客が手をあげると)魔力を感じる、魔力がたまってきた。蘇りの魔法、ドン!」

フェアリーを生き返らせることに成功したマドレーヌ。抱きつきにいったところをフェアリーがスクールボーイでクルリ! 3カウントが入ってしまった。試合後、フェアリーがマイクを握る。

フェアリー「マドレーヌ、今日は来てくれてありがとう。そして、どうやら私が蘇ったのはお前の魔法の力のようだ。私は12月13日に引退します。私が引退したらプロレス界で魔法を使うのはアナタよ。さこの魔法のステッキを……」

マドレーヌ「お待ちになって×2。今夜のおやつよ」

ステッキとお菓子の花束を交換すると、フェアリーが「以上、第3試合でした」と締めくくった。
4、GOTO NEXT wave(60分3本勝負)
野崎渚&DASH・チサコ(2−0)宮崎有妃&旧姓・広田さくら
①○チサコ(7分9秒、首固め)広田●
②○野崎(14分43秒、片エビ固め)広田●
※ノアールランサーハイ


今大会よりNEXTトーナメントが開幕する予定wave。ところが出場予定のマーベラス・門倉凛が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となり、またPURE-J・中森華子もコロナに感染。トーナメントは延期となり、12・18新宿でワンデートーナメントとして改めて開催されることとなった。

そんななか迎えたメインイベントは、野崎渚&DASH・チサコと、waveの名タッグチーム・奇跡(宮崎有妃&旧姓・広田さくら)との一戦。レジーナの野崎を除き、みなNEXTトーナメントにエントリーが決まっているだけに、どの対戦も注目が集まる。

先発はチサコvs宮崎。ロックアップで宮崎が押し込もうとすると、エプロンでは広田がボ・ラギノールで待ち構える。なんとか回避しようと耐えるチサコ。野崎がブレイジングチョップで助けに入るも、その弾みでチサコが飛ばされ、早速ボ・ラギノールの餌食となる。
続いて宮崎が野崎に恥ずかし固めの体勢。チサコがイスを持ってカットに入ろうとする。気付いた宮崎もイスを持ち出す。だがTommyレフェリーに注意された宮崎が素直にイスを手放す。チサコも自コーナーに置きに戻ったところを、背後から宮崎がガットショット。チサコも応戦しドロップキック、フォアアームでお返しする。ネックブリーカードロップはカウント2。

かわった野崎が串刺しビッグブーツで飛び込むが、これを寸前でかわす宮崎。野崎のおしゃれキックもかわすと、広田がすかさず野崎にボ・ラギノール。宮崎が張り付けラリアットにつなげる。そして、「動画の準備をしろーーー!」とアピールしてからの恥ずかし固めへ。なんとかチサコがカット。

劣勢の野崎だったが、ブレイジングチョップで攻守を入れ替えると、鎌固めへ。宮崎がこれを回避し、広田と交代。
広田は野崎にスイングDDT。そして宮崎が野崎を逆立ち開脚させると、広田がボ・ラギノールで野崎の誕生日をお祝い。

野崎は「カンチョーばかり! アナタの超本気、見せてくださいよ」と走るが、広田がボ・ラギノールで迎撃。広田は「これがワシの本気じゃけぇぇせ!」と、野崎の歳の数だけボ・ラギノール。すぐさま広田はシャイニング・ウィザードの体勢。だが、野崎がガードし顔面バン!
すかさずチサコがフロントハイキックで出ていくも、広田がかわしてボ・ラギノール。のけ反るチサコだったが、走る広田に電光石火の首固めで3カウント! 1本目を先取した。

すぐに2本目がはじまり、チサコが広田にフロントハイキック。今度は広田もフェースクラッシャーを放って、宮崎と交代。

宮崎はチサコをコーナーにハンマースルーしようとしたが、形勢を入れ替えたチサコが野崎とトレイン攻撃。串刺しフットスタンプでカウント2。
かわった野崎が鎌固めへ。耐えた宮崎がDDT、キャメルクラッチで捕獲すると、広田がロープワークからの「絞れ、絞れ!」で応援する。宮崎は逆片エビ固めに移行する。ロープが近づくと、腰へのレッグドロップ。再び逆片エビ固めへ。苦しんだ野崎がなんとかロープ。

野崎がフォアアームを打ちながら立ち上がる。しかし、宮崎がヒザ蹴りでカウント2。野崎も串刺しビッグブーツ、ハーフハッチで反撃。キックアウトされるとチサコがミサイルキック、低空ドロップキックで続く。

そしてチサコ&野崎でツープラトンのブレーンバスターを狙うが、宮崎が逆に敢行。ここで宮崎はイスをコーナーにセットすると、チサコを投下しラリアット。カウント2。バックを取るチサコ。フェイントを入れつつ活路を見いだそうとするも、すべて読んだ宮崎が投げっぱなしジャーマンでコーナーホイップ。

続く広田がシャイニング・ウィザード、ボ・ラギノールでチサコを場外へ。野崎が助けに入るも、その野崎も場外に落とすと、トペ・スイシーダの体勢。だが、これは失敗。
チサコがコーナーに登ると、広田は「えっ、チサコ? お前がやるっていうのかーーー!」とロープ渡りをムチャぶり。チサコが転落すると、「チョー、ダセーの!」と小馬鹿にする広田。怒るチサコに広田はボ・ラギノールで追撃。チサコも首固めであわやの場面。キックアウトされると低空ドロップキックにつなげる。

野崎がミサイルキックで続き、バックを取る。これを脱出した広田が走ると、野崎がビッグブーツ。広田も追走式ボ・ラギノールで応戦する。野崎はもう一度、ビックブーツを叩き込みロープに走るも、エプロンから宮崎が妨害。すかさず広田がボ・ラギノール! ここで広田は誤爆を誘うとサクラライトを狙う。未遂に終わると逆に野崎はスリーパーからフェースクラッシャー、ランニング・ダブルニーアタック、ノアールランサーハイで追い込む。返されると、もう一発叩き込むも、今度は宮崎がカット。
すぐさま野崎はドルミルを狙うが、これも宮崎がカットする。ならばとチサコがイス攻撃で宮崎を排除。改めて野崎が広田にドルミルへ。なんとか広田がロープ。手つなぎフロントキックもカウント2。野崎は「終わりだ!」と走るも、広田がふらふらドーンでカウント2。

ダブルを狙う野崎&チサコに宮崎がダブルハンドのラリアットで援護射撃。朦朧とするなか広田は野崎に裏拳、へなーらサンセット。カットに入るチサコに広田がボ・ラギノール。ここで広田は今度こそはのサクラライトを敢行。これもチサコがカットする。

野崎が息を吹き返し、カウンターのノアールランサーハイ、後頭部へのノアールランサーを叩き込む。返されると、最後はチサコのホルモンスプラッシュのアシストからダメ押しのノアールランサーハイで3カウント!
◎エンディング
野崎「60分3本勝負、3本勝負ってこんなもんでしたっけ、広田さん! 私、9月にタイトルマッチやってから、もう1回今度は大きい場所で広田さんともう一度、タイトルマッチやりたいってずっとずっと熱い思い、言ってきたけど、こんなんだったんですか? 広田さんの超本気、まだまだあったんじゃないんですか? 18日、NEXTワンデーですよ!? このメンバーから勝ち上がって今度こそ超本気の広田さん、期待しています。あと宮崎さん、別にwaveの選手だから出てもらうってわけじゃないですからね。7月できなかったこともあります。もちろん宮崎さんともやりたいし、チサコ! 同期として今日は組んだけど年末の後楽園、チサコともやりたい。みんな18日ワンデー勝ち上がって、27日最高の舞台でこの私の大事なベルトをかけてやりましょう。で、一人、PURE-Jの中森華子選手ですが、リリースがあったとおり、コロナウイルス陽性反応が出てしまったということで、本当に非常に残念ですが、今回のトーナメント、中森華子は欠場という形で、すごく同期として15周年イヤーということで本当に出てもらいたかったんですけど、かわりに10月DUAL SHOCK WAVEでタッグパートナーを務めてくれたSAKIちゃんにNEXT出ていただくことになりました。18日のトーナメントの抽選は当日なのと、それまでにみなさんに1回戦で通常ルール+好きなルールを選んで言いという特別枠が3つあるので、18日までに全員好きなルール、考えておいてください。よろしくお願いします。ということで、12月1日ナミイチいかがだったでしょうか!?(広田を見て)立て…ないですね、大丈夫です。えー、桜花さんは元気なんですが、今日は大事をとって欠場ということで、次回のwave12月18日新宿FACE大会ではまた元気な姿を見せてくれると思うので、みなさん楽しみにしてといてください。しめます。いいですか、いいですか? まあいいです、行きます、これがー、waveだーーーっ!」
2020.11.21

「KABUKI-CHO WEEK ENDER Nov.」

1、スクランブル5wave(時間無制限勝負)
○笹村あやめ(10分13秒、オーバー・ザ・トップロープ)SAKI●、高瀬みゆき●
※退場順=梅咲遥、佐藤綾子、SAKI&高瀬みゆき

第1試合は、佐藤綾子vs SAKI vs高瀬みゆきvs笹村あやめvs梅咲遥による5WAYマッチ。オーバー・ザ・トップロープルールに、負け抜け勝ち残りルールが採用された。

はじめに標的になったのはWWWD世界王者の佐藤。みな示し合わせたかのように佐藤に向かって同時にガットショット!
トレイン攻撃で早々に離脱させる。
続いてルミナス(高瀬&梅咲)がSAKI&笹村にドロップキック。しかし、復活した佐藤が背後から梅咲にスクールボーイ。カウント2。梅咲がティヘラで佐藤をロープ際へ。ここでオーバー・ザ・トップロープを巡る攻防となったが、みなセーフ。

リング上はSAKIvsルミナスとなり、SAKIがルミナスにフェースクラッシャー。そのまま高瀬にカンパーナを極める。救出した梅咲がSAKIにスクールボーイ。しかし、高瀬が梅咲に裏切りのスクールボーイ!? ルミナスに不穏な空気が流れ、エルボーの打ち合いに発展。佐藤が止めに入るが、これはルミナスのフェイントだった。
だが、佐藤もルミナスにドロップキックを放って、笹村VS佐藤へ。笹村がショルダータックルを決め、佐藤の上にSAKIを投下。その上にフットスタンプを放つ。SAKIも笹村にファルコンアローでカウント2。

続いて佐藤vsSAKIとなり、SAKIがブレーンバスターを敢行。佐藤もお盆攻撃で流れを変えると、丸め込みの応酬に。そこに梅咲がラ・マヒストラルを仕掛けるが、逆に押しつぶした佐藤が3カウント! しかし、すぐに他の選手が佐藤を押さえ込み、佐藤も退場となった。
リング上は高瀬、笹村、SAKIの3人に。高瀬はアクトレスガールズを強調し、SAKIとの共闘路線をアピールするが、逆に孤立。コーナーホイップされるも、SAKI&笹村にドロップキック。さらに高瀬のジャンピング・エルボーアタックが笹村に決まる。

するとズル賢い笹村は高瀬側に寝返り、SAKIにトレイン攻撃。笹村の大外刈り+高瀬のラリアットが決まる。ここで高瀬がSAKIにカミカゼ。だが、笹村がすかさずSAKIをカバーする。

裏切り行為がバレて笹村が孤立する展開に。高瀬のギロチンドロップはカウント2。エプロンに逃れる笹村。高瀬&SAKIがロープ越えのブレーンバスターを狙うが、笹村が逆に高瀬&SAKIをDDTで引きずり込み、オーバー・ザ・トップロープ勝ちを収めた。
2、ド・コミカルwave(時間無制限1本勝負)
○フェアリー日本橋&チェリー(場外戦中)宮崎有妃&旧姓・広田さくら●


ZABUNグループのOSAKA女子プロレスに所属していたフェアリー日本橋(現在はフリー)が12月13日をもって引退。今大会が“最後のwave”ということもあり、通常はフリー選手を上げない方針のwaveだが、今回は特別にフリーのチェリーをパートナーに抜擢し、さらにはwaveの名コミカルタッグチームの奇跡(宮崎有妃&旧姓・広田さくら)が対角に立つというスペシャルなカードでフェアリーを送り出すことに。

リングインした広田が早速マイクを握る。「この試合のタイトルはド・コミカルと銘されています。そして、フェアリーちゃんがwave最後、出てくれました。特別に最後だからチェリーさんもありがとう。そんな今日、本当にスペシャルです。おそらく最後。この最後の闘い、ド・コミカルで完全決着つけたいと思います! 時間無制限、反則OK、場外カウントなしのコミカルデスマッチルールだ!」と提案すると、セコンドの桜花社長がOKマーク。20分1本勝負から、時間無制限1本勝負に変更されてスタートとなった。

まずはフェアリーが恒例の自己紹介。チェリーも続く。しかし宮崎は無視してラリアット。回避したフェアリーが「お待ちになって。この試合はド・コミカルwave。この試合にラリアットは必要ありません」と魔法のステッキを持ち出す。宮崎を魔法で投げようとしたが、宮崎には効かない様子。するとフェアリーは「キレイな人にはよくかかる魔法なのになぁ…」と首をかしげる。もう一度、ステッキを振るも、それでも宮崎は微動だにしない。困ったフェアリーが「キレイで若い人にはよく効くのになぁ…」とつぶやくと、味方のチェリーが魔法にかかりまくって、受け身を取りまくる……。
試合を再開させた宮崎はガットショットからフェアリーを逆立ち状態に。広田がボ・ラギノールを連射。反撃するフェアリーはステッキで宮崎のスネをコツンと叩いて、その隙にチェリーと交代。

かわったチェリーは「カメラの準備をしろーーー!」と、自ら恥ずかし固めにかかりにいくが、宮崎はビッグヒップ。チェリーはもう一度挑むも、宮崎は「するか、ボケッ! 13年くらい前から賞味期限は切れてるんだよ!」とバッサリ。それでも諦めないチェリーは「ふざけんじゃねー! 私の恥ずかしがってる姿がみんな見たいんだよ!」と宮崎の足をガンガンと踏みまくる。そして「熟女が熟女にドーン!」を狙うが、宮崎がガード。逆に宮崎が「豊満熟女が熟女にドーン!」をチェリーに決める。
宮崎がルーティーンのように恥ずかし固めの体勢。思いとどまるも、フェアリーが魔法をかけると宮崎はついに恥ずかし固め! 嬉しそうに恥ずかしがるチェリーだったが、広田がカットする。

かわった広田は高田純次を狙うが、チェリーがガード。逆にチェリーが高田純次の体勢に入るが、広田も迎撃。そして「年齢制限ができて、お前にはやる資格はねーんだよ。フェアリー、ラスト高田純次やってみろ!」とフェアリーに振る。フェアリーは高田純次からチェリーとのダブルエルボードロップを成功させる。

続いてフェアリー&チェリーは「スピリチュアルパワー!」という怪しい動きの念を送り広田を壊しにかかる。だが、これは宮崎が身代わりとなる。ならばとフェアリーは単独のスピリチュアルパワーを送るが、チェリーに誤爆してしまう。
攻守が入れ替わり広田は犬神家で反撃。吸引されていくフェアリーだったがステッキで広田の股間を強打し回避。ひろまない広田は「最後にwaveに参戦本当にありがとう。思い出のあるヤツ上がって来い!」とさよならトレインを呼び込むが、誰も上がらず!? 仕方なくセコンドの笹村が「思い出はありませんが」と串刺し攻撃。リング上の選手だけでトレイン攻撃を成立させた。

続いてチェリー&フェアリーでダブルのブレーンバスターの体勢。これは広田が回避し、トペ・スイシーダを3回トライするも、3回とも失敗。そのまま場外戦となり、会場外へと消えていく4選手。場外カウントがないため、戸惑うTommyレフェリー。選手たちの戻りを待っていたが、本部席の二上美紀子会長が「次の試合に行きましょう」と大会を続行させた。
3、Regina di WAVE~WAVE認定シングル選手権試合~(30分1本勝負)
<王者>○野崎渚(17分43秒、変形三角締め)進垣リナ●<挑戦者>
※第15代王者が5度目の防衛に成功

第2試合がどこかで続行されているまま、リング上では第3試合がスタート。レジーナ・野崎渚の5度目の防衛戦の相手は、2AWの進垣リナ。野崎は11・1新木場でおこなわれたDUAL SHOCK WAVE3WAYトーナメントで、進垣のSBTロックⅡにまさかのギブアップ負けを喫している。現レジーナとしては一日も早く、進垣に雪辱を果たしておきたいところだ。
試合はリストロックの取り合い、ヘッドロックの取り合いと慎重な滑り出し。進垣がグラウンドに持ち込みヘッドシザース。脱出した野崎がグラウンドでヘッドロックを極める。なんとか進垣がロープ。

だが、野崎がリング中央に戻して首極め式のリバース・インディアンデスロック。耐えられるとケンカキックで追撃する。さらにおしゃれキックを狙うが、かわした進垣が場外戦を挑む。野崎がビッグブーツを放って先にリングに生還。
進垣は場外カウント18でなんとか戻る。野崎がハーフハッチで追い打ちをかけ、変形ネックロックへ。耐えられるとドルミルⅡの体勢。
これを進垣が切り返しヒザ十字で形勢逆転。なんとかしのいだ野崎は小刻みエルボー。進垣はアームブリーカーで応戦する。そしてワキ固めへ。低空ドロップキックからコーナーに向かうが、野崎が足止め。雪崩式ブレーンバスターにつなげる。起き上がれない進垣に、野崎がスリーパー。かろうじて進垣がロープに逃れる。
進垣はヒザへのレッグドロップで反撃。しかし野崎も下から三角締めへ。耐えられると、ノアールランサーハイを狙うが、これを進垣がヒザ十字で捕獲する。ニアロープに助けられる野崎。
進垣はダイビング・ボディーアタックで追撃にかかる。キックアウトした野崎がドルミルを狙うが、切り返した進垣が丸め込み技からヒザ十字へ。耐えた野崎が至近距離からのビッグブーツ、そしてノアールランサーを敢行。ノアールランサーハイでも決まらない。もう一発ハイを叩き込んだ野崎は、カバーにいくも、そこからあえての変形三角締めに移行し、ギブアップで雪辱を果たした。
◎野崎のマイク中、第2試合が……?
5度目の防衛に成功した野崎がマイク。「20代最後の日にV5達成しました! 進垣!」と呼びかけたところに、第2試合中の奇跡vsフェアリー&チェリーが雪崩込む。よくよく目をこらすと、広田が押す台車の上で、宮崎がフェアリーに恥ずかし固めを掛けている。遅れて現れたチェリーは包帯だらけ…。どうやらバックステージでかなりの死闘が繰り広げられていたようだ。
リングに戻った広田はフェアリーにロープ渡り。そんななか野崎は何事もなかったようにマイクを続けている。広田が転落するとフェアリーがすかさずスクールボーイ。これは宮崎がカット。すぐさま宮崎がムーンサルト・プレスを投下させる。だが、寸前でかわされ自滅に。
広田vsフェアリーへ。その間も、野崎のマイクは続き、野崎は進垣との再戦を約束したのだが、進垣は「野崎さん、私、集中できない…」と試合だけでなく、こちらもギブアップ状態。
そんな時、フェアリーが秘伝☆でんでんクラッチで広田を丸めて、40分を越える熱戦に終止符が打たれた……。
2、ド・コミカルwave(時間無制限1本勝負)
○フェアリー日本橋&チェリー(43分7秒、秘伝☆でんでんクラッチ)宮崎有妃&旧姓・広田さくら●


広田「フェアリー、本当に引退しちゃうんだね。私は直接育てたわけではないけれども、縁があって最後にwaveに出てもらって対戦することができました。完全決着、本当にありがとう! ささやかだけど、waveからフェアリーちゃんにいままでの感謝を込めてプレゼントがあるので受け取ってください。チェリーちゃんも本当にあとで病院行ってください」

フェアリーに花束が渡される。
フェアリー「ありがとうございます。まさか、こんなサプライズがあるとは思いませんでした、非常に言いにくいんですけども、最後のwave参戦とのことなんですが、昨日、私、二上会長と一緒にちゃんすに入ったんですけど、12月1日も参戦することになりました。なので、12月1日もラストフェアリーよろしくお願いします。このお花はハッピーバースデー(と野崎に渡す)」
野崎「ありがとうございました。整理がつかないんですけど…、ベルト防衛しました……(広田に向かって)『セコンド付いてくださいね』って言ってたんですけど、覚えてます?」

広田「あー、そうだったね」

野崎「いないなぁって思ったら…」

広田「試合中だったの」

野崎「どういうことですか?」

広田「試合してたから」

野崎「何してるんですか?」

広田「いま見てたでしょ、負けちゃったの」

野崎「NEXT頑張るって約束しましたよね!?」

広田「した、した。頑張るよ。試合中だったからしょうがない。それは頑張るけど、頑張るよ、頑張る、頑張る」
野崎「(激闘のすえに崩れまくっている広田の顔を見て)顔が…(苦笑)。そんな血を出しながら頑張った結果、負けちゃったら仕方ないですね。でも、今日でDUAL SHOCK WAVEのトーナメントが終わって、次、いよいよはじまりますよ、NEXT」

広田「あぁぁぁ…」

野崎「なんですか、その顔!」

広田「だってさ、みんなは挑戦とか言ってさ、私は勝ち抜いて優勝してから挑戦できるんでしょ?」

野崎「広田さんならできる!って何回も言ったじゃないですか! 大丈夫! 血を流しても頑張れるんだから」

広田「やる方の身にもなってよ! だって誰がでるかわからない…」

野崎「待ってください、待ってください。私、去年のNEXT、当時ベルト持ってた彩羽に勝つために自分のトーナメントだと思って、去年のNEXT優勝したんです。今度は広田さんの番です。もう一度、やりたいんです。後楽園で広田さんと! なんでこの気持ちがわからないんですか!」

広田「(観客は手拍子)えーぇぇぇ…(しぶる広田だったが)やる気が出て来たーーー!」

野崎「凄いよ、みんな、凄いよ!」

広田「えぇぇー、マジで? すげー大変じゃん、優勝すんの!」

野崎「大丈夫、広田さんならできます。頑張ってください。ということで、なんか凄い間リングにいる気がしますが、無事、30歳を笑顔で迎えられると思います。みなさん今日はありがとうございました」
◎バックステージ
野崎「20代最後の試合で、絶対ベルト防衛するんだって気合を入れてて、最後の最後よくわかんなくなっちゃいましたけど、とりあえず進垣の関節技…。最後マイクで言ったことで聞こえてました? …誰も聞こえてないじゃん(苦笑)。11月1日に進垣で関節技で敗れて、タップアウトって一番悔しい負け方をして。なぜ進垣に負けたのか、どうやったらよかったのかというのを、自分で指名してからずっとずっと毎日毎日進垣の試合や、他の選手の試合を見て研究してきたんですけど、その成果が出たかどうか。もうちょっと出来たら良かったなって思いもありましたけど、普段は使わない変型の三角締めで進垣から今度は逆にタップアウトを奪うことが出来てよかったと思います。そして20代最後の日に、プロレス15年目ですが、進垣のおかげで成長できたなとすごく今アナタに感謝しています」

——次はNEXTが始まるが?
野崎「そうですね。さっきも言った通り、去年のNEXTは彩羽が持ってたレジーナに挑戦するために、私のためのトーナメントという気持ちを持って挑んだので。今度は広田さんにそのときの私の気持ちを味わってもらいたいなって思ってます」
4、DUAL SHOCK WAVE ~優勝決勝戦~(時間無制限勝負)
桜花由美&桃野美桜vs Sareee&響vs門倉凛&青木いつ希
①○門倉凛&青木いつ希(12分28秒、エビ固め)桜花由美&桃野美桜●
②Sareee&○響(25分26秒、片エビ固め)門倉凛●&青木いつ希
※ダイビング・セントーン。ストダマが優勝

10・24新宿で開幕した「DUAL SHOCK WAVE2020」。今年はコロナの影響もあり3WAYのトーナメント形式でおこなわれ、決勝の舞台に進んだのはストダマ(Sareee&響)、BOSS to Mammy(桜花由美&桃野美桜)、門倉と青木(門倉凛&青木いつ希)の3チーム。なお優勝チームはボスマミが現在保持している、wave認定タッグ王座への挑戦が決定する(ボスマミが優勝した場合は、好きなチームを指名)。

試合前にルール発表。通常のプロレスルールの3WAYタッグでおこなわれ、負け抜け、勝ち残りとなることがアナウンスされた。
先発は桜花vs響vs門倉。3選手が様子を伺うなか、青木が割って入ると、Sareeeも同時にリング内へ。早々に青木をリング下に放り出し、ストダマが桜花にトレイン攻撃。ダブルの串刺しドロップキックを決める。響がカバーすると、桃野がカット。

そのままボスマミが連係へ。桃野が「担いで」「投げて」「高い高い」と波状攻撃。さらに桃野は桜花をフェースクラッシャーで響に叩き付ける。桜花のカバーは門倉がカットしカウント2。
門倉と青木も桜花にダブルを狙うが、桜花が門倉にビッグブーツ。門倉もエルボー弾で向かっていくが青木への誤爆もあり、不穏な空気。遮るように桜花が門倉と青木にフェースクラッシャーをお見舞いする。

続いて桜花vs響となり、桜花が串刺しビッグブーツ。美桜ロケットにつなげる。そこに門倉が「桜花、ふざけんじゃねーぞ!」とドロップキックで飛び込むも、寸前でかわされ響にヒット。

改めて門倉は桜花にDDTを放って青木と交代。青木は桜花にショルダータックル、響ともタックルで衝突を繰り返す。そして響のラリアットをかいくぐりショルダータックルを成功させた青木は、響&桜花をコーナーホイップ。門倉をハンマースルーで投下するが、寸前でかわされて門倉、自滅……。

すぐさま青木は桜花&響&門倉のいるコーナーに突進するが、桜花&響にかわされ、味方の門倉に誤爆してしまう。混戦模様のなか、響が門倉&青木&桜花に串刺しスピアを成功させる。
続いて桜花と響がブレーンバスターの掛け合い。「ど・ち・ら・に・し・よ・う・か・な?」と迷った末の青木は桜花の助っ人に付く。そして、桜花&青木でツープラトンのブレーンバスターを成功。しかし桜花はすぐに裏切り、青木にガットショット。ブレーンバスターで響の上に投下する。カウント2。

桜花は響にケンカキック、ビッグブーツで飛び込む。もう一度、ブレーンバスターを狙う桜花。青木が再び助けに入る。そしてダブルのクローズラインの体勢に入るが、響がかいくぐると、すかさずSareeeが飛び込んで行く。続けざまに響がスピアを敢行。そこにSareeeが青木にジャックナイフ! カウント2。ミサイルキックで追い打ちをかけるSareeeだったが、青木もキックアウト。

劣勢の青木がエルボー合戦を挑むと、ロープに走るSareee。桜花が追走してビッグブーツ、バックドロップでカウント2。青木がカットすると、桜花は青木にもカカト落とし。これはSareeeがカットする。
すかさず桃野が出ていき、Sareeeを踏み台にして、青木にドロップキック。Sareeeにもドロップキックを放つが、Sareeeがかわして桃野を羽交い締め。青木を呼び込むが、桃野がルーチャで切り返す。

桃野はSareeeを排除すると、ボスマミでの連係へ。桃野のブーメラン・ボディーアタックから、桜花がダイビング・サンマドロップを青木に敢行。さらに合体スワンダイブ式ボディープレスを敢行する。しかし、復活したSareeeがカット。ここでSareeeは青木に鎌固めを狙うが、桃野が妨害。どちらも譲らずSareee&桃野で同時に鎌固めを極める。これをしのいだ青木がSareee&桃野にダブルハンドのラリアットを決めて、門倉と交代。

門倉はロープ際のSareeeに低空ドロップキック。桃野にも狙うが、かわした桃野がそのままSareeeにドロップキック。門倉にもお見舞いする。すぐさまJKボムを狙うが、門倉も回避。桃野の片足ドロップキックが決まりカバーするも、Sareeeがフットスタンプで妨害する。そのままSareeeは桃野に投げっぱなしジャーマン。低空ドロップキックで追撃。門倉にはフィッシャーマンSHを敢行する。
響が出ていき、桃野をファイアーマンキャリー。門倉がドロップキックで飛び込むが、かわした響が門倉の上に桃野を投下する。すかさず響が門倉にセントーン。

ここでストダマが連係を試みる。桃野を門倉の上に投下したあと、響vs桃野がエルボー合戦。走る桃野に、響が追走してラリアット。

桜花が出ていき、響をコーナーホイップすると、桃野が串刺しドロップキック、桜花が串刺しビッグブーツで飛び込んで行く。桃野は「終わり!」とボスマミのファンタスティックフリップ。これは門倉がカットする。ここで桜花は門倉にネックハンギングボム。桃野がジャックナイフで飛び込むがカウント2。ならばと桃野は門倉にJKボムの体勢。だが、そこに青木ともつれた桜花が衝突。崩れたところを門倉が丸め込み、逆転の3カウントが入ってしまった。ボスマミは、ここで脱落。
試合は続行され、ストダマvs門倉と青木へ。響が門倉にバックフリップ。ラリアットはカウント2。ストダマが門倉にダブルのドロップキック。ボディースラムでカウント2。門倉もネックブリーカードロップでやり返し、青木と交代。

青木はSareeeにショルダータックルを連発していく。逆エビ固めへ。なんとかSareeeがロープ。フォアアームの打ち合いからSareeeがドロップキック。響がダブルスレッジハンマーから串刺し攻撃を狙うが、逆に青木が串刺し攻撃。ボディープレスでカウント2。セカンドからのフットスタンプを放つも、かわした響が串刺しスピア。さらに走り込んでのスピアを敢行。Sareeeが出ていき、ドロップキック4連発でカウント2。
青木もショルダータックルでやり返す。カウント1で返したSareeeがドロップキック。響のカニばさみからSareeeがサッカーボールキック。そしてロープ際に青木を追いやると、エプロンからの低空ドロップキックで挟み撃ち。さらに響のミサイルキック、Sareeeのミサイルキックが決まる。そこからSareeeがSTFへ。これは門倉が助けに入る。
ようやく攻勢に転じた青木がバックフリップ。大外刈りでカウント2。かわった門倉が低空ドロップキック。ミサイルキックでカウント2。フォアアームの打ち合いからSareeeが「そんなもんか、門倉!」と挑発する。奮起する門倉がドロップキックを放つと、Sareeeもお返し。そして低空ドロップキックを放って、フィッシャーマンSHへ。裏投げを狙うが門倉が回転エビ固めに切り返す。キックアウトしたSareeeも逆さ押さえ込みでカウント2。

門倉は横入り式エビ固めをローリングで仕掛けて行く。響がカットに入りカウント2。エルボーで飛び込む門倉。これをかいくぐったSareeeがジャーマンSH。響がラリアットで追撃する。コーナーに登るも、門倉が雪崩式フランケンに切り返す。すかさず青木がセカンドロープからのフットスタンプで飛び込むが、カウント2。続く門倉のダブルリスト・アームサルト、丸め込みもカウント2止まり。ならばと門倉はウラカンラナの体勢。これを響が切り返してカウント2。すぐさま門倉がトラースキック。逆打ちもカウント2止まり。
劣勢のストダマだったが響がカウンターのラリアットで形勢逆転。ショートレンジラリアット、走り込んでのラリアットと攻勢を強める。これは青木が助けに入る。間髪入れずに響はカミカゼからのダイビング・セントーンを投下。これも青木がカットする。ならばと最後はSareeeの裏投げ、響のダイビング・セントーンと畳みかけ、3カウントを奪い取った。
◎エンディング
二上美紀子会長からトロフィーと賞状が授与される。会長は12・27後楽園でのタイトル戦を発表。「もしも巻いたらそのままアメリカに渡ってもらっていいですよ」と付け加える。

響「勝ったぞー! 勝ちました。自分、二上“社長”が言ってた通り、SNSでこのタッグトーナメント制して、Sareeeさんアメリカ行っちゃうので、自分はもう勝ったら2人でベルト巻けたら十分なので、アメリカ行くときにでも返上しようかなと思ってたんです。でも、これは予定かもしれないですけど、決定事項です。そこの2人見てますか? おーい、勝ったぞぉ。次、当たるんで、もうちょっと練習しといたほうがいいんじゃないですか? アナタは体力、そしてもう一人はパワー。楽しみに待ってますので、どうぞよろしくお願い致します」

Sareee「(ボスマミがエプロンへ)えーっと、怒った顔で出て来られて困っているんですけど…、すみません、ちょっといいですか? 響! 響にね、今日勝ってもらいたいなと思って、思ってた通り結果出してくれてありがとう。私ごとなんですけど、今日、世志琥と次、SEAdLINNNGのベルトに2人に挑戦することが決まったんですけども、でも響が『Sareeeさんと一緒にプロレスやってると楽しい』とか『メチャクチャ自分、楽しいんです』とかね、言ってくれて本当に嬉しいし、そんな響とちょっと欲ばりかもしれないんですけど、響とも巻きたいと思ってる、このベルト。ストダマは過去でも、ない。いま現在進行形なので、自分たち勢いあるので油断してたら本当にそのベルト巻いちゃいますからね。12月27日、それまでせいぜいベルト磨いておいてください。私たちが取りに行くんで。おチビちゃんわかったかな?」
桃野「お前らに言われなくてもな、ベルトは毎日、歯磨きしてるから。なんか2人が返上するとか言ってますけど、そんな2人の記念?みたいなものにしようとしてる…この大事なベルトを。記念にしようとしているヤツらなんかにあげられません! まあ負けたのは…認める。こっち(桜花)が当たってきたから。美桜のせいでも何でもなくて。門倉と青木に負けたっていうことはちょっとダサイから、だから第1回目でストダマで負けてるよね、マミー。今度こそは頼むよ」

桜花「おい響、お前一つだけ間違ってる。この会社の社長はア・タ・シ。アイツは会長。それだけは間違って、本当にイラとしたから。私の方がエラいんや! 今日のnトーナメント、ストダマが優勝して、12月27日のタイトルマッチに挑戦してきてくれること、とても喜んでおります。絶対、負けない。最強で最高のBOSS to Mammy見せてやるからな。よろしくお願い致します」
続いてDUAL SHOCK WAVEに出場したチームで記念撮影。そのあと、再び二上会長がマイク。

二上会長「DUAL SHOCK WAVE終わりました。次はシングルのトーナメントNEXTが始まります。12月27日、DUAL SHOCKの挑戦が決まっているので、桜花、桃野、響、Sareeeちゃんの4人は出れません。それ以外のメンバーでいきたいと思います。みなさんよろしくお願いします」
これで終わりと思いきや、誕生日の野崎、進垣、Tommyを恒例の顔面ケーキでお祝い。
最後は野崎が「これがwaveだ!」で大会を締めくくった。
◎バックステージ
Sareee「響よく頑張った、今日。本当、響の成長、すごく隣で感じれて、それが優勝につながったと思うのでメチャクチャうれしいですね」

——3WAYという難しい形式だったが。
Sareee「3WAY、ただでさえ普通の3WAYでも苦手なのに、リングの中に9人? 9人じゃない。6人? 頭の中ゴチャゴチャだったんですけど、響が助けてくれたのでなんとか優勝できて、本当にうれしいです。12月27日にボスマミのベルト挑戦決まったんですけども、私は今日、いま世志琥と最強最高タッグっていうのを組んでいて、いろいろ複雑な思いもあるんですけど、でも響がいつも『Sareeeさんとプロレスやると楽しいんです』って笑顔で言ってくれて、すごく私も幸せな気持ちになるし、そんな響が一緒にベルトを巻きたいって思ってくれるんだったら、私は巻きたいと思う、そのベルトも。だから、27日、私と響でベルト巻いて、響が幸せそうな顔をしているのを見るのがとても楽しみなので、私も本気で取りにいきます」

響「27日、さっきマイクで言ったんですけど、Sareeeさんがアメリカに行ってしまうから返上するって言いましたけど、たしかに美桜さんが言った通り、記念品ではないと思っています、ベルトは。自分はプロレスラー人生1回もベルトを巻いたことはないです。ただはじめてのベルトはSareeeさんと巻いて、誰ともそれ以外の人とは考えてないので、そういう風に思ったんですけど、返上はたしかに記念品と思われるのはすごいイヤなので、そのまま守り抜いて(Sareeeさんに)アメリカまで持っていて、帰ってくるかわからないですけど、そのときにまたずーっと自分たちが持って、伝説のベルトにまでしていきたいなと思います。チョー楽しみです! しかもSareeeさんとのタッグは本当に楽しいです。プロレスってこれだ!って、いつも思わされます。だからこの勢いで必ずベルトを勝ち取りたいと思います。よろしくお願いします」

Sareee「ストダマは、ファンの皆様にとっても自分たちにとっても過去でも、思い出でも何でもないので、いまこうやって響がプロレスのリングに帰ってきて、一生懸命頑張ってて、私もいる。これはもう現在進行形でストダマも続いていると思うので、しっかりね、それを見せていこう。ありがとうございました」

響「ありがとうございました!」

——タッグ優勝という結果をSareeeさんと出したが。
響「そうですね。いや、でも当然の結果だと自分は思っています。自分が前にディアナのときもSareeeさんとはヤングのタッグトーナメントで優勝しています。なので自分たちの力は必ず、間違いではないので、それをファンのみなさんにもwaveのみなさんにもタッグベルトを持っているボスマミにも感じとってもらえたんじゃないかなと思います。自分たちの強さを。でも、まだまだこんなもんじゃないです。やっぱり3WAYタッグトーナメントだったので、自分たちもはじめての試みだったので、まだまだこんなもんじゃないと思っています。次は2対2、一騎打ちなので逃げどころもないし、休む暇もないし、追い込んで追い込んで、追い込みまくりたいと思います」
2020.11.07

『大阪ラプソディーvol.48』

taisenn
1.OSAKA・アブノーマルwave(20分1本勝負)
野崎渚&○SAKI(19分30秒 体固め)宮崎有妃&旧姓・広田さくら●
※カワイドルバスター
taisenn
2、OSAKA・コミカルwave(15分1本勝負)
○桃野美桜(9分53秒 アミュライロック)めぃりぃ●
taisenn
3、OSAKA・メモリアルwave(15分1本勝負)
○フェアリー日本橋(11分27秒 でんでんクラッチ零式)桜花由美●
taisenn
4、DUAL SHOCK WAVE 〜3WAYトーナメント〜(時間無制限勝負)
○門倉凛&青木いつ希(12分35秒スモールパッケージホールド)進垣リナ&笹村あやめ●
※青木がぶつかった反動で
※門倉&青木組が11・21新宿大会の決勝戦に進出。もう人組は高瀬みゆき&梅咲遥組。

2020.11.01

「NAMI☆1〜Nov.〜’20」

日時
11月1日  日曜日
観衆
155人※超満員札止め
場所
◎入場式
waveが恒例のNAMI☆1(ナミイチ)興行を新木場1stRINGにて開催。大会に先立ち、桜花由美、野崎渚、宮崎有妃がまずはリングへ。

桜花が「みなさん、こんにちは! 本日はたくさんのご来場、誠にありがとうございます。本日のチケットですが、完売いたしました。ありがとうございまーす!×2 今日はまだ出て来てないんですけど、このあと広田さん、出て来ます。みなさん、オレンジリボンって知っていますか? 選手がみんな(リボンを)付けているんですけど、プロレスリングwaveでは子供の虐待防止運動のオレンジリボンを推奨しています。11月は、子供虐待防止月間ということで、今日はそのオレンジリボンの理事とウチの子持ちの広田さんが代表となって挨拶をしてもらいたいと思いますので、このあとみなさんオレンジリボンについてもちょっと知っていただきたいなと思っております。よろしくお願い致します」と挨拶。
続いてオレンジリボン運動の高祖常子(こうそ・ときこ)理事ともに、旧姓・広田さくら(オレンジリボン親善大使)、ワールド女子プロレス・ディアナの佐藤綾子がそれぞれのお子さんを連れて登場。
広田「こんにちは! オレンジリボン親善大使の旧姓・広田さくらでーす! ありがとうございます。今日はオレンジリボンという運動を、これをきっかけに広めていこうということで特別に子供と一緒に入場したんですけど、こんなに大成功して、こんなに和むもんだとは思いませんでした。私も叱ることはありますが、本当に子供というのは私にとって生きがいで、なくてはならない存在です。やっぱり虐待のニュースがあるのも事実ですし、正直虐待というのは、心が痛いし、胸も痛いけど、ちょっと自分のことではないので、(お子様を持っていなければ)そこまで踏み込んで考えるという機会もなかなかないと思います。親だとしても『かわいそうだな』と思うけど、自分の子供のことではないというか、どこか少し『なくなればいいな』と思っても、それ以上は動かないというのが現状だと思います。でも、本当に私にとっての生きがい、誰の親にとっても子供は生きがいだと思うので、そういった子供たち自身も傷ついているので、悲しいことを一つでもなくしたいと思って、せっかくね、私がいろいろ発信できる立場にいますので、これを機に、私が先頭に立ってオレンジリボンを広めていって、虐待を少しでもなくしたいなと決意を持って今日はリングに上がりましたので、皆様も、ちょっとでいいので何か気がかりなこととかあれば調べてもらったり、ホームページを覗いてもらったり、いつも少しだけ気にかけるだけで変わっていくと思うので、1人の力ではできないので、これを機に皆様も少しの協力、よろしくお願いします。同じ子供を持つ、母の佐藤綾子さん、お願いします」

佐藤「みなさん、こんにちは! 三児の母、女子レスラー、佐藤綾子です。本日、オレンジリボン月間初日ということで、今日waveさんに、そんな記念すべき日に参戦させていただきまして、とても光栄に思います。みなさんのお席にフライヤーあると思うんですけども、今日を機に知らない方もこういう活動があるんだと知っていただければ幸いです。(高祖理事に向かって)今日はありがとうございます」

高祖理事「皆様、今日はよろしくお願いします。児童虐待防止全国ネットワークの高祖常子と申します。ありがとうございます。皆様からお話もありましたけど、11月は毎年児童虐待防止の推進月間ということで、それの初日にこのような場を設けていただいたこと、本当にうれしく思っています。いま、お二人からもお話ありましたけど、子育てっていうのはですね、親だけがやってるわけではなくって、周囲の温かい目がすごく大事ということですね。あとは虐待かなと思ったら、189という電話番号にかけていただくと、全国どこからでも児童相談所などにつながります。虐待じゃなくても、いま判断は児童相談所がしますので、でも心配な親子さんであれば、なんらかのサポート、支援のきっかけになりますので、ぜひね迷わずに情報提供ということでね、ご連絡いただければなと思います。お子さん達をみなさんで子育てしてる感がすごく、いろんな方が声かけたり、おトイレに連れて行ったりですね、そういう様子がとてもすばらしいなと思いました。みなさんもぜひ、これからもよろしくお願いします。ありがとうございます」

記念撮影のあと、広田が「今日はですね、満員のお客様。久しぶりで嬉しいぞー! ありがとーーー! 満員のお客様の前でそれに負けないくらい、こちらも熱い闘いを繰り広げますので、最後まで楽しんでいってくださーい!」と大会をスタートさせた。

1、スクランブルWAVE(20分1本勝負)
高瀬みゆき&○梅咲遥(13分13秒、ラ・マヒストラル)優宇&三浦亜美●

WWWD世界タッグ王者組の高瀬みゆき&梅咲遥<ルミナス>と、優宇&三浦亜美によるタッグマッチ。アクトレスガールズの大型新人・三浦はwave初参戦となる。

梅咲vs三浦の顔合わせで試合がスタート。身長差をさりげなくアピールする三浦がショルダータックルをお見舞い。続く優宇が逆水平チョップ。腕十字の体勢。慌てて梅咲がロープに逃げ込む。劣勢の梅咲に優宇&三浦が逆水平チョップを交互に放っていく。続く三浦がヘアーホイップ。
梅咲もヘアーホイップでやり返し、ボディースラムでカウント2。かわった高瀬が首投げからダイヤル固めへ。カウント2。梅咲も小刻みエルボーで続き、三浦の背中を張っていく。さらに低空ドロップキックで追撃し、ボディースラム。これもカウント2止まり。
ここでルミナスはトレイン攻撃を選択。三浦に張り付けチョップを狙うが、これは優宇が救出。

攻勢に転じた三浦はショルダータックルを放っていき、ようやく優宇と交代。優宇は高瀬にショルダータックルを放つと、梅咲をボディースラムで投下。その上にセントーン。そして、高瀬に旋回式サイドバスターでカウント2。逆水平チョップの意地の張り合いのあと、優宇がドロップキック、キャノンボールを狙う。
これを高瀬がドロップキックで迎撃し流れが変わる。ブーメラン式ドロップキック、串刺しラリアット、ジャンピング・エルボーアタックと猛攻。ラリアットで突っ込むが、これは優宇が迎撃する。

続いて梅咲が出ていき、優宇にドロップキック。自陣まで吹っ飛ばされた優宇が三浦とチェンジ。三浦はショルダータックルを連発する。梅咲の串刺しドロップキック、ボディースラムはカウント2。走る梅咲に優宇が追走式ラリアット。三浦&優宇でダブルのショルダータックルを放って、三浦が逆エビ固めへ。
梅咲がしのいで、ルミナスで優宇にダブルのドロップキック。三浦にはツープラトンのブレーンバスターを決める。カットに入った優宇がセントーン。しかし、これはかわされ三浦に誤爆してしまう。すかさず高瀬が優宇にドロップキックを放って分断。
リング上では梅咲が三浦に逆さ押さえ込み。返されると首固めを狙うが、三浦も堪える。高瀬がアシストにまわると、梅咲がカニばさみからのラ・マヒストラルで3カウントを奪ってみせた。
2、Future wave(15分1本勝負)
○門倉凛(11分27秒、エビ固め)青木いつ希●
※丸め込みの応酬から


第2試合は門倉凛vs青木いつ希が対戦。2人のシングルはこれがはじめて。青木が早速「よろしくお願いしまーす!」と大きな声で握手を求める。「うるさい…」と塩対応の門倉だったが「お願いします」と握り返してゴング。

ロックアップは青木が押し込み、クリーンブレイク。再び組み合うと、青木がヘッドロック。かわす門倉がハンマーロックに捕らえていく。青木も取り返し、両者譲らず。
すると青木が突然「門倉、来い!」と手四つの力比べを挑む。慎重な門倉に対し、「びびってる?」と挑発を繰り返す青木。門倉は応じるとみせかけ、首投げからの低空ドロップキックをお見舞い。ヘアーホイップにつなげる。そして、張り付けドロップキックへ。

5分経過。青木の小刻みエルボー、門倉のドロップキック、青木のショルダータックルが交互に決まる。そして青木がお返しの張り付けボディーアタック。キックアウトされるとワキ固めへ。耐えられると、門倉の腕を蹴り上げる青木。
門倉もDDT、低空ドロップキックで攻守逆転。低空ドロップキックからコーナーに向かう。しかし青木がデッドリードライブ。セカンドからのフットスタンプを投下するも、門倉がかわして片足ドロップキック、キャノンボールにつなげる。続くミサイルキックはカウント2。

青木もショートレンジラリアット3連発でそのままカバー。キックアウトされると、ロープに走るが、門倉がカウンターのトラースキック、ダブルリスト・アームサルトへ。これも返されると、バズソーキック3連発。キックアウトされるとワキ固めへ。そこから裏十字固めに移行する。

残り5分のコール。青木のサイドバスターはカウント2。門倉の逆打ちから、丸め込みの応酬となり、最終的には門倉が丸めて先輩の意地をみせた。
3、プレミアムwave(30分1本勝負)
Sareee&○佐藤綾子(23分29秒、ドラゴン・スープレックス・ホールド)宮崎有妃&旧姓・広田さくら●


宮崎有妃&旧姓・広田さくらの奇跡とSareee&佐藤綾子の師弟タッグが対戦。宮崎はSareeeが小さいころにNEOをよく見に来ていたことを話しはじめる。そして、「今日はSareeeの技、受けるわ」と腹をくくるも、Sareeeは「大丈夫ですか?」と余裕の答え。観客を笑わせる。
試合はその宮崎vsSareeeでスタート。Sareeeの強烈エルボーに心が折れ気味の宮崎。しかし、逆水平チョップでやり返すと、田村欣子をオマージュしたヒザ蹴り、エースクラッシャーをお見舞い。続く広田がロープ渡りへ。1度目のロープジャンプは成功するも、2度目は転落。すかさずSareeeが突っ込むも、これをカニばさみでかわす広田。張り付けボ・ラギノールを狙うが、佐藤が交通事故タックルで妨害する。その佐藤が足4の字固めへ。ブレイクした広田がロープに走る。佐藤がリープフロッグでかわそうとするが、広田はくぐらずに佐藤の股間に激突!?
広田は「いまの感じ。オマエなかなかだな」と佐藤にコミカル要素を感じ取った模様。仕掛ける広田だったが、佐藤が読みかわす。串刺し攻撃を狙う佐藤だったが、広田がフロントキックで迎撃。そしてスイングDDTを敢行する。続く広田は高田純次狙い。これを佐藤が迎撃し、高田純次の流れとなる。

広田は「いまの感じ。オマエなかなかだな」と佐藤にコミカル要素を感じ取った模様。仕掛ける広田だったが、佐藤が読みかわす。串刺し攻撃を狙う佐藤だったが、広田がフロントキックで迎撃。そしてスイングDDTを敢行する。続く広田は高田純次狙い。これを佐藤が迎撃し、高田純次の流れとなる。

だが、広田が遮り「何も悪くないよ、佐藤さんは。でもやっぱ今日は違うでしょ。今日やるのは…」とSareeeに振る。Sareeeはロープワープから、高田純次からのフットスタンプを放つ。

宮崎vs佐藤となり、シリアスな攻防となったが、宮崎がビッグヒップ。奇跡でのダブルを選択するが、かわした佐藤が回転足折り固めへ。返されるとドロップキック、ダブルリスト・アームサルトでカウント2。
Sareeeが出ていき、ミサイル発射。宮崎のバックにまわる。なんとか宮崎がロープ。Sareeeはカサドーラ。「クソデブ!」とフットスタンプを放つ。「デブ」発言に怒った宮崎がビッグヒップでお仕置きする。恥ずかし固めの体勢に入るも、広田が「世界に行くのでアレはちょっと」と止めに入る。WWEへの確認を求めると、Sareeeは梅咲にスマホを取ってくるように指示。

リング上でWWEに電話するも「ダメだそうです」と断るSareee。諦めない宮崎が恥ずかし固めを狙う。Sareeeがかわすと作戦変更。Sareeeの目の前で、佐藤の恥ずかし固めでギブアップを迫るという奇策に出る。
なんとか耐えたSareee。宮崎がムーンサルト・プレスで追い打ちをかけようとしたが、かわしたSareeeがスクールボーイ。キックアウトされると、Sareeeがダイビング・フットスタンプを投下させる。これもカウント2。ジャーマンSHも返されると、裏投げの体勢。だが、これは宮崎も堪える。
一方、宮崎はグリグリ目突きで流れを変える。カウント2。広田が出ていき、張り付けボ・ラギノールの体勢。ここでも広田はWWEへの確認を求める。Sareeeが再び電話するも、その背後から広田がボ・ラギノール。さらにもう一発決めて、619。続いて奇跡がダブルのクローズラインを狙うが、Sareeeがまとめてミサイルキック。

かわった佐藤が広田にお盆攻撃。これは反則とみなされノーフォール。なおもお盆を振りかざす佐藤だったが、かわす広田。お盆を奪った広田がやり返そうとしたが、寸前で佐藤がかわしたため、自滅。チャンスとばかりに佐藤がスクールボーイでカウント2。ダブルのドロップキックが決まるも、ブレーンバスターは広田がDDTに切り返す。そして、佐藤&Sareeeにボ・ラギノール。場外に落ちると、トペ・スイシーダで追撃する。
リングに戻って広田がへなーらサンセットの体勢。堪える佐藤。ここで奇跡がダブルの攻撃。佐藤の上に広田を投下しようとするが、佐藤がかわす。佐藤のミサイル→Sareeeのジャーマン→佐藤のジャックナイフという波状攻撃はカウント2。ならばと佐藤がお盆攻撃を狙うが、Sareeeに誤爆。

すかさず広田がお盆を奪い殴打すると、佐藤がボ・ラギノールでやり返す。掟破りのお盆とボ・ラギノールの攻防から、広田がお盆でのボ・ラギノールをサク裂させ、サクラライトへ。キックアウトした佐藤がボディースラム。カウント1。ならばと佐藤は宮崎のラリアットを広田に誤爆させると、Sareeeのソバットをうけて、ドラゴンSHでトドメを刺した。
4、DUAL SHOCK WAVE〜3WAYトーナメント〜(時間無制限)
桜花由美&桃野美桜vs野崎渚&SAKIvs進垣リナ&笹村あやめ
①○桃野(14分52秒、回転足折り固め)進垣●
※ボスマミが11・21新宿での決勝戦に進出
②○進垣(28分27秒、SBTロックⅡ)野崎●
※Active Advance Animalsが11・7大阪での敗者復活枠に進出

10・24新宿で開幕したDUAL SHOCK WAVE 2020。今年はコロナの影響もあり3WAYタッグトーナメントとして開催され、まずはストダマ(Sareee&響)が11・21新宿でおこなわれる決勝戦に一番乗り。
現wave認定タッグ王者組のBOSS to Mammy(以後、ボスマミ。桜花由美&桃野美桜)は10・24新宿で敗れたため、今大会は敗者復活枠での参戦。野崎渚&SAKI< peerlessティーンズロード>vs進垣リナ&笹村あやめと対戦することとなった。
先発は桃野vs進垣vsSAKI。組み合う瞬間、桜花が妨害。早速、ボスマミが合体ロケット、SAKIに高い高いをお見舞い。続いて3Aがダブルのドロップキックを桃野に決める。すかさず進垣がワキ固めへ。
今度はティーンズロードが波状攻撃。進垣を孤立させて、SAKIが逆エビ固めへ。これは桃野がカット。

桜花が出ていき、SAKI&進垣にフェースクラッシャー。美桜ロケットをSAKI&進垣に投下させる。
リング上は桜花vsSAKIとなり、桜花のビッグブーツが決まる。SAKIもニーリフトからのビッグブーツ。ブレーンバスターを放つ。そこに進垣が復活し、桜花に顔面ドロップキック。SAKIvs進垣に移行し、SAKIがブレーンバスターの体勢。これを進垣がアームロックへ。耐えたSAKIに串刺しドロップキックで追撃する。さらにアームブリーカーを放つと、桜花にも見舞っていく。
かわった笹村は桜花&SAKIを対角ロープにセットしランニング・ニーで往復。串刺し攻撃を狙うが、これは自滅。逆にSAKI→桜花が串刺し攻撃につなげる。孤立しかけた笹村だったが、桜花とSAKIを衝突させると、笹村がSAKIの上に桜花を投下。すかさず横取りカバーでカウント2。さらにSAKIのエルボーを桜花に決めさせ、その勢いで逆さ押さえ込みに行く。
桜花は笹村にビッグブーツ。SAKIもビッグブーツで続く。だが、すぐに桜花がSAKIにバックドロップ、笹村にはカカト落としを決める。さらにSAKIは桜花との合体ドロップキックを笹村に発射。続けざまに桜花&笹村にフェースクラッシャーを決めて、野崎と交代する。

3Aが出ていき、野崎にトレイン攻撃。これを迎撃した野崎が、串刺しビッグブーツでやり返す。野崎式串刺しビッグブーツ、おしゃれキックを見舞う。桜花にもビッグブーツを放つと、桜花も応戦。ボスマミでファンタスティックフリップを決める。
すぐさま桃野は野崎に低空ドロップキック。カットに入る笹村と桃野が野崎の上でエビ固めの応酬。いずれもカウント2。野崎は桃野&笹村にドロップキック。これを桃野がかわして、足4の字固めを狙うが、笹村がカット。逆に笹村が野崎に足4の字固めを極める。

膠着状態となると、桃野が野崎→笹村にフットスタンプをお見舞い。

桃野vs笹村となり、笹村は桃野にショルダータックル。飛び起きる桃野。フォアアームの打ち合いから笹村が大外刈り。進垣がドロップキックで続く。そしてワキ固めへ。
10分経過。野崎がカットに入ると、桃野&野崎をまとめてワキ固めで捕獲する。これは桜花&SAKIが同時にカット。ならばとコーナーに登る進垣を追う野崎。雪崩式ブレーンバスターを放つと、桃野がダイビング・ボディープレスでカバーする。これは野崎がカットし、カウント2。

続いてボスマミは野崎にクローズラインを狙う。野崎がかいくぐるとティーンズロードがダブルのビッグブーツ。そして、桜花&桃野にダブルのザキゴエ。野崎が桃野にランニング・ダブル・ニーアタック、ノアールランサーで追撃する。いずれもカウント2。

仕留めにかかる野崎だったが、桜花がカウンターのネックハンギングボム。桃野がジャックナイフに飛び込む。返されると合体不知火を敢行。これもカウント2止まり。

そこに3Aが合流。桃野を孤立させると、笹村のドロップキック、進垣のレッグドロップ、笹村のミサイルキック、進垣のドロップキックが決まる。

だが、そこに野崎が現れ進垣にスリーパー。大外刈りへ。ドルミルを狙うが、切り返した進垣がヒザ十字に捕獲する。

カットした桃野が進垣のバックを取る。耐えられると逆さ押さえ込みの体勢。これも耐えられると、回転足折り固めへ。桃野が3カウントを奪い、11・21新宿でおこなわれる決勝戦への切符を手にした。
試合はタッグマッチで続行され、11・7大阪でおこなわれる3WAYタッグマッチの敗者復活枠をかけ、野崎&SAKIvs進垣&笹村が繰り広げられる。15分経過。野崎のビッグブーツが進垣に決まる。続いてSAKIがビッグブーツで飛び込み、ダイヤル固めへ。カウント2。リバーススプラッシュを投下するSAKI。かわされると、トップロープにセットしてのニーリフト。これもカウント2。

劣勢の進垣だったがドロップキックを放って笹村と交代。笹村はフォアアームをお見舞い。SAKIもやり返し、ラリーとなる。
試合はタッグマッチで続行され、11・7大阪でおこなわれる3WAYタッグマッチの敗者復活枠をかけ、野崎&SAKIvs進垣&笹村が繰り広げられる。15分経過。野崎のビッグブーツが進垣に決まる。続いてSAKIがビッグブーツで飛び込み、ダイヤル固めへ。カウント2。リバーススプラッシュを投下するSAKI。かわされると、トップロープにセットしてのニーリフト。これもカウント2。

劣勢の進垣だったがドロップキックを放って笹村と交代。笹村はフォアアームをお見舞い。SAKIもやり返し、ラリーとなる。
かわった進垣が小刻みエルボー。野崎も後方回転エビ固めへ。返されるとドルミルⅡの体勢。これは崩れたため命拾いした進垣。すぐさま低空ドロップキック。ダイビング・ボディーアタックを放つが、かわした野崎がドルミルで捕獲。これもなんとか進垣がロープ。

ならばとSAKIのビッグブーツ、野崎のダブル・ニーアタックが決まるも、カウント2。なおも走る野崎に笹村が低空ドロップキック。すかさず進垣がニーロックへ。今度は野崎がロープに逃れる。

25分経過。進垣のレッグドロップはカウント2。すぐに走る進垣に、野崎がカウンターのノアールランサーハイ。至近距離からのビッグブーツ、ノアールランサーでカウント2。もう一発狙うが、進垣がかわしてヒザ十字へ。さらにグラウンド卍のように極めて、レジーナ・野崎からギブアップを奪った。これで3Aが11・7大阪での3WAYタッグトーナメント・敗者復活枠を獲得した。
◎エンディング
桜花「ボス、決勝に進出することになりました。これで11・21新宿大会の決勝はストダマ対ボスマミ対、11・7の大阪で勝ち上がったチームとなります。宮崎さん、彩羽が欠場になったのでどうしますか、11・7大阪大会」

宮崎がリングに上がるも、門倉がマイクを奪う。

門倉「ちょっと待って、ちょっと待って。ちょっと待ってください。先日、マーベラス彩羽匠選手が欠場になりまして、waveさんはいまDUAL SHOCK のタッグトーナメント中ということで、宮崎さんの隣り、大事な、大事な、大事なタッグパートナー・ユキタクのタクこと彩羽匠選手が不在ということで、ここは、ここは! 私しかないでしょうと、匠さんがいないいま、私なら絶対、絶対宮崎さんの足を引っ張らずにむしろ絶対、優勝するくらい、自分は準備万端、できているので」

広田「Twitterで盛り上がってたヤツでしょ?」

門倉「そうです、そうです」

広田「渡辺さん、メッチャ盛り上がって食いついて、今日来てないってどういうことよ!」

門倉「まー、まぁ×4。大人の事情っていうものがあるからしょうがないです」

広田「あんなに食いついてきたのに? 来ないの? 大人の事情で?」

しどろもどろになる門倉。

広田「まぁ、じゃあ(門倉は)ラッキーだよね…」

門倉「私しか絶対いないので!」

宮崎「あのさ、本当に凛ちゃんが言ってくれたこととか、本当に当然というか、渡辺さん絶対来ると思ったから、ちょっと私もビックリしちゃったけれど、まぁ×3、いろいろね、あるのしょうがない。忙しいのもしょうがない。私も昨日…昨日というか、いろいろ考えて出した答え…やっぱりユキタクで出ないと意味がないと思いました。なのですみません、辞退させていただきます。すみません。ありがとう、すごく嬉しかった」
桜花「ってことは、11月7日の対戦カードどうなってる?」

野中リングアナ「宮崎選手が辞退するとなると、高瀬みゆき&梅咲遥vs進垣リナ&笹村あやめの、2組ということになります」

桜花「じゃあ、このタッグで決勝進出を争ってもらうかな?」

SAKI「ちょっと待ってもらっていいですか? いままでこんな3WAYとかやってきたんだから、私たちにももう1回チャンスください。敗者復活×3、チャンスをくださいよ!」

広田「おい、そこのピアス。ピアスあけすぎババア! オマエ、あけすぎるのはピアスの数だけにしろよ、オマエは」

SAKI「ほかに何をあけるの?(苦笑)」

広田「アンタ達が行けるなら私とさ、佐藤ママにもチャンスがあるでしょうが、ねえっ!」

SAKI「私たちのほうが拍手多かったんじゃない?」

広田「いま聞いたら、きっと私たちのほうが拍手多いですよねぇ!(大きな拍手が沸き起こる)ほらぁ!」

SAKI「裏切りやがったなーーー!」
そこに青木もリングサイドへ。

青木「あの、自分が休んでいる間に何がはじまってるんですか? すごい難しいルールのタッグ、いま1枠あいてる? いつやるんですか? 11月7日の大阪ですか? 大阪と言えば、おる、おる、ここに! あいてる、あいてる。出れますよ。出れる、出れる!」

広田「じゃあ参戦はしてくれるということで、これいまタッグの話、してるからさ」

青木「違う×3、タッグ×3、出れる×3。もう忘れちゃってぇ、社長。ねぇ、優宇さん! 優宇さんと(タッグ)あったでしょ、ねぇ、優宇さん!」

優宇「100キロある?」

青木「えっ、100キロ? ない、ないです」

優宇「じゃあ無理だ。私、100キロの人としか組まないって決めてるの」

青木「えー、待って。まだある、まだある、まだあるよ。まだあります、候補があります。高瀬みゆき! 高瀬ーー! 私たちの熱い絆あったよね!? 高瀬さん」

高瀬「いま(梅咲と)一緒にベルト持ってるの、知らないんですか? タッグベルトを持ってるんですよ」

青木「それは知ってる…」

高瀬「だからごめんなさい」

青木「まあもう、さっきフラれた凛ちゃんでいいよ。凛ちゃん、タッグ組みましょう。ケッテー、ケッテー!」

桜花「じゃあ、いいや。ここのチーム(野崎組)とここのチーム(広田組)と、ここのチーム(青木組)で超・敗者復活戦みたいなのやる?」

青木「いまからやろうぜ!」

桜花「無理無理、いま何時だと思ってるの?」

青木「でも、すぐ決めたいですよね?」

桜花「すぐ決めたい…。だって1週間後。だから今日カード決めたい」

青木「オッケー、社長! ジャンケンで決めよう!!」

桜花「いいアイデア! すぐ決まる、すぐ決まる。いいよ、いいよ。ジャンケンだったらすぐ決まるし、そうしたら11月7日、カード発表できるし一石二鳥。時間もないし、早くして。時間ないから」

急きょ青木、広田、SAKIによるジャンケンがおこなわれ、青木が勝利。辞退のユキタクの枠に青木&門倉が収まることに。

桜花「知ってた? 運も実力のうち。カード決まったから発表しちゃっていいよ」
野中リングアナ「それでは11・7大阪大会の3WAYトーナメントですね、高瀬みゆき&梅咲遥のルミナス、対進垣リナ&笹村あやめ・Active Advance Animals、対青木いつ希&門倉凛。タッグチーム名考えておいてください」

桜花「考えておいて、今日発表するから。考えたら連絡ちょうだい。よろしくお願いしまーす。しめるよ、しめるよ。広田、そんな顔しない。運も実力のうち! 負けたからしょうがないよ。今日はなんてたってオレンジリボンなので、広田さん締めてください」

広田「いろんな感情にならせといてさ、そうやって持ち上げてさ…。みなさまいろんなことありましたが、お腹いっぱいになってくれましたか? 3WAYにこだわって、あれだけ試合でこだわっていたのに最終的にジャンケンで決める団体です。いままでもこれからもアホなことやっていきます。今日はオレンジリボンということで、子供たちこんなに笑顔になって、リングに上がってもらっていますが、子供たちが大きくなって、『これwaveだ!』というのをやりたい、やりたいっていうので、時間が許す限り、子供をリングに上げてやりたいと思いますが、皆様、今日はねコロナなので『waveだ!』は言えないですが、心の中で、拳を高く突き上げてください。そして今日は満員ということで、ビッグウエーブやりたいと思いまーーーす。行くぞ、今日は楽しかったかーーー、また来てくれるかーーー、いくぞこっちから。ビッグウエーーーーーブ(と会場をwaveが一周)、これがwaveだーー!」
◎バックステージ(青木&門倉)
——急きょ(タッグトーナメント出場が)決まりました。
青木「最高!」

門倉「決まったんじゃなくて、勝手に言ったんです!」

青木「決まった、決まった」

門倉「いや、勝手になんか持って行っちゃってそうやって。ジャンケンで」

青木「勝ったー!」

門倉「どんだけ運もってるの?」

青木「やっぱりこういうところで、運も実力のうち。でも凛ちゃんも出たかったでしょ?」

門倉「いや×3、それは違う、違う! 宮崎さんのタッグパートナーが不在だから、私がかわりに責任を持って出ますっていうアピールをしたわけ。もうおかしい、おかしい」

青木「たぶん凛ちゃんもうれしいヤツですよ。いやよ、いやよも」

門倉「うるさいの。耳元でもう」

青木「仲良しなんでね、これがねー」

門倉「仲良しって勝手に…。やめて、やめて。ビックリ×2。まず出るって言ってないですし、勝手にジャンケンで勝って、出るって決まっちゃって…」

青木「決まったんでね、だから一緒に頑張りましょう。出るなら優勝しましょ!」

門倉「えー!? いや×4」

青木「凛ちゃん!」

門倉「いや×4」

青木「行こうぜ、凛ちゃん」

門倉「ちょっと待ってください。まだ気持ちの整理ついてないんですよ。急にそういう流れで勝手に勝っちゃって、決まっちゃって、大阪でやりますみたいな。気持ちの整理まったくついてないんですけど…まあ、ねぇ。どうなんですか? やるって決めたら優勝狙いますけど、いまのままだったら不安! 私、すごく不安…」

青木「私は今日、シングルをして思いました! 凛ちゃんとなら絶対大丈夫!!」

門倉「言うても2人にフラれてるよね? 高瀬と優宇さんに」

青木「そういうこともある」

門倉「不安、不安! 不安だらけ。でももう、ね! 11月何日だっけ?」

青木「7日。いいなの日」

門倉「(苦笑)そういうのいらない…」

青木「ハハハハ」

門倉「11月7日、タッグで3WAYでしたっけ? 出るって決まったのでカードを聞いた限りではね、ウチら負けてないと思ってるので、やるって決めたらやりますよ。組むからには、優勝を目指しましょう」

青木「その言葉待ってたよ、凛ちゃん! よろしく」

門倉「まだまだ。気持ちの整理ついてない、ついてない」

青木「7日までに整えよう」

門倉「怖い×5」
◎バックステージ(ボスマミ)
——おめでとうございます。
ボスマミ「ありがとうございます!」

桜花「いやー、よかったです。イチ抜けして決勝決定して」

桃野「よかった…。でもなんか、試合前にも思ってたんですけど、2抜けでたくさん試合ができるっていうのも魅力的だなって」

桜花「いや×2、いややややや」

桃野「幸せじゃん、自分の好きなことをそんな長い時間できるのは、幸せだなとは思ってたんですけど、そんな試合がはじまったら『よし、2抜け狙っていこう』なんて余裕はないから、しかも2回連続敗者復活戦というのはダサイし」

桜花「そうですよ、チャンピオンですからね。私たち」

桃野「だから頑張ったら、勝てました」

桜花「よかったですー」

桃野「よかった…。次は」

桜花「決勝!」

桃野「でも、なんかズルいなって思ったんですよ。ジャンケンで敗者復活戦に出れるって決めたのはマミーだよ」

桜花「だって今回は3WAYのタッグトーナメントで、(ユキタクが辞退で)いなくなってタッグで決めるよりは、もう1組入れて決めたほうがいいと思ったし、今日中に決めておいたほうが、来週だから。時間もないし、一番手っ取り早いのがジャンケンじゃん。運も実力のうちなんでね。あの人たちが…」

桃野「敗者復活戦に出るのにも、あんな苦しい思いをしたのに、ジャンケン一つで敗者復活戦に出る凛と、まあ凛はちょっと微妙な感じだったからアレなんですけど」

桜花「でも大阪で決まるから、次。これ以上はないので」

桃野「まあ決勝で」

桜花「どこが来てもウチが優勝です。ボスマミが最強で最高なタッグチームとして今回のトーナメント優勝して、こっちから指名してやりましょうよ」

桃野「透明人間(笑)。もう決めました」

桜花「マジか!」

桃野「透明人間と防衛戦(笑)」

桜花「防衛戦はボスがやりたいこと、やりたいなと思ってます」
◎バックステージ(3A)
——敗者復活という形になったが。
進垣「1本目取られたときに正直どうしようと自分の中でありまして、次は絶対、負けられないという気持ちが最後まで続いて、シングルチャンピオンである野崎渚から1本取れたんだと思います。正直、負けたくないという気持ちがすごい出たので、ギブアップ取れてよかったなと思います」

笹村「同期の進垣と一緒にこうやって他団体さんに出ることがあまりないので、ふだんというか、練習生のときからずっと一緒にやってきた絆っていうのは、きっとどこのタッグチームにも負けない絆があると思うので、それを敗者復活という形ではあるんですけど、こうやってみなさんに見せることができて自分はうれしいですし、野崎さんからギブアップを取った進垣と一緒にもっともっと上を目指していきたいなと思います!」

——大阪大会のメンバーを聞いて。
進垣「そうですね、大阪大会のメンバー聞いたんですけど」

笹村「みんな、若い。フレッシュ!」

進垣「ねえ、ジャンケン…」

笹村「そうだよ! あんなしんどかったのにジャンケンでいいの? 運も実力のうちとか言ってたけど(苦笑)」

進垣「そうっちゃそうだけど、負けたくはないよね」

笹村「負けたくはないね」

進垣「まあ一筋縄ではいかなさそうですけど」

笹村「うん、うん」

進垣「しっかりキッチリ、ギブ取りたいと思います」
2020.10.26

『朱里一旦waveラストマッチ〜また逢う日まで〜』

none
1、モシャスwave(20分1本勝負)
○朱里(13分59秒 片エビ固め)旧姓・広田さくら●
※高田純次
none
2、スマッシュwave(20分1本勝負)
△野崎渚(14分44秒 ドロー)朱里△
※両者ノックダウン

2020.10.24

『KABUKI-CHO WEEK ENDER Oct.』

◎オープニング
2020年のタッグトーナメント「DUAL SHOCK WAVE」が10・24新宿FACEで開幕。今年はコロナの影響もあり、3WAY形式のタッグトーナメントでおこなわれることに。優勝チームにはWAVE認定タッグ王座への次期挑戦権が与えられ、現タッグ王者組が優勝した場合は、挑戦者チームを指名する形となる。参加チームは、以下の7チーム。

・桜花由美&桃野美桜
・野崎渚&SAKI
・宮崎有妃&彩羽匠<ユキタク>
・旧姓・広田さくら&佐藤綾子< THE MOTHER FACE>
・Sareee&響<ストダマ>
・高瀬みゆき&梅咲遥<ルミナス>
・進垣リナ&笹村あやめ


大会に先立ち、wave選手による入場式がおこなわれ、桜花由美、野崎渚、宮崎有妃、旧姓・広田さくらがリングへ。代表して野崎が「みなさんこんばんは! wave新宿FACE大会にご来場ありがとうございます。本日からDUAL SHOCK WAVE、タッグトーナメントが開幕となるんですが、その前に私のタッグチーム名・peerlessにイチャモンをつけた人がいて、ティーンズロードの名前にしろとか(張本人の宮崎だけなく、桜花も広田もそっちのほうがいいと勧める)なんで? 味方がいない…。名前をかけてユキタクと試合をするので、peerlessとして優勝したいと思います。みなさん応援してくださいね。よろしくお願いします!」と挨拶をおこなった。
1、Future wave (15分1本勝負)
○門倉凛(11分17秒、逆エビ固め)金子夏穂●

Marvelousの門倉凛とセンダイガールズの金子夏穂が初シングル。金子がショルダータックルで仕掛けるも、受け止めた門倉がドロップキック。そしてヘアーホイップでコーナー下に追い込んで行く。さらに門倉は張り付けドロップキックをお見舞い。カウント2。ボディースラムで叩き付けたあと、ロープ際で金子の背中を踏みつけていく。さらにキャメルクラッチ→逆片エビ固めで捕獲。なんとか金子がロープ。門倉はさらにボディースラムを連発していき、「オラ、どうした!」と挑発する。
金子も小刻みエルボーでやり返すが、門倉は余裕の表情。逆に門倉がドロップキックでカウント2。ロープに走ろうとした門倉。その後ろ髪を掴んだ金子がマットに後頭部を叩き付けると、ショルダータックル3連発でようやく攻勢に出る。さらに門倉のボディースラムを首固めに切り返す金子。キックアウトされると串刺しバックエルボー2連発からショルダータックルでカウント2。
門倉も再びボディースラムからの逆エビ固めへ。金子がロープ。

その金子が首固め、スクールボーイでカウント2。逆さ押さえ込みの体勢に入るも、これは門倉が堪える。ならばと金子はスクールボーイでカウント2。なんとか逆さ押さえ込みに持ち込むが、これもカウント2止まり。

門倉もトラースキックを放つとリストクラッチ式スープレックス・ホールドを敢行。帰されると逆エビ固めでギブアップを奪った。
2、ヤングwave(15分1本勝負)
○松井珠紗(9分59秒、MARU×MARUスープレックス・ホールド)大空ちえ●


アクトレスガールズの松井珠紗とPURE-Jの大空ちえのシングル初対戦。試合はリストの取りあいでスタートとなる。松井がヘッドロックからグラウンドに持ち込むと、主導権を握った松井がヘアーホイップ→張り付けドロップキック→ボディースラムはカウント2。さらにグラウンドで関節地獄へ。
しのいだ大空がドロップキック3連発で反撃開始。キックアウトされるとボディースラムの体勢。松井が堪えてエルボーのラリーとなる。松井の串刺しドロップキックが決まると、大空も同じ技でお返し。ロープに走るも、松井がクロスボディーで迎撃し、ワキ固めへ。これも大空がエスケープ。

すぐさま松井はセカンドからのフットスタンプを投下。かわした大空がカサドーラからの裏ヒザ十字へ。劣勢の松井がロープ。続く大空のボディースラムはカウント2。すぐに走る大空に松井がガットショット、DDTをお見舞い。セカンドからのドロップキックでカウント2。
大空も首固め、スクールボーイ、逆さ押さえ込みなどで追い込む。いずれも帰されると、ロープに走るが、松井がドロップキックで迎撃。低空ボディーアタックからセカンドからのフットスタンプを投下させる。これもカウント2止まり。ならばとMARU×MARUスープレックスで3カウント!
3、スクランブルwave(20分1本勝負)
△野崎渚&SAKI(時間切れ引き分け)宮崎有妃&彩羽匠△

DUAL SHOCK WAVEにエントリーしている野崎渚&SAKIと、宮崎有妃&彩羽匠<ユキタク>がタッグマッチで激突。野崎組のチーム名に対し、SNS上で異を唱えていた宮崎有妃。この経緯から、もし野崎組が試合に敗れた場合は、ティーンズロードに改名させることとなった。

試合前にめずらしくマイクを握る野崎。

野崎「入場式でも言った通り、われわれpeerlessが勝って、ティーンズロードにならないように絶対死守したいと思いまーす。ところでさ、彩羽、アンタの目どうした?」

彩羽の左目が腫れて少し青くなっている。

宮崎「今日は本当に顔面とか禁止! 見て! かわいい、かわいい顔がこんなになって…。私が守るから。絶対、顔面ダメだぞ!!」

野崎「はい×3、確かにかわいい顔が傷つくのはファンの人もショックだろうから…わかりました! 今日は顔面蹴りません!! なんて言うわけねーだろ、ボケ!」
そう言い放った野崎がいきなりビッグブーツを狙うが、宮崎が全力阻止。そのままゴングが鳴らされる。先発した宮崎が野崎にビッグヒップ。そして恥ずかし固めへ。なんとかしのいだ野崎。

かわったSAKIが宮崎にサーフボードストレッチ。宮崎もDDTでやり返し、彩羽と交代する。

彩羽が出ていくと宮崎は優しく「ガンバ」と声をかけるも、SAKIのエルボースタンプが決まる。SAKIは野崎と交代。
野崎は早速ビッグブーツを連発し、顔面狙い。かわしまくる彩羽。ならばと野崎は顔面バーン!へ。カウント2。キャメルクラッチで捕獲する。彩羽は噛みつきで脱出。ソバットから串刺しバックエルボーを放つが、かわした野崎が串刺しビッグブーツ狙い。

宮崎が止めに入るが、野崎は蹴散らし彩羽に串刺しビッグブーツ。SAKIの串刺し攻撃を挟んで、野崎のおしゃれキック→ビッグブーツが決まる。
かわったSAKIがカンパーナ。これを耐えた彩羽が反撃にかかるも、宮崎がエプロンからSAKIを足止め。結果、彩羽の自滅に。宮崎の過剰なアシストにペースを掴めぬ彩羽だったが、ブレーンバスターからローリングエルボーを叩き込むと、キックのコンビから低空キックをお見舞い。そして、ユキタクでダブルのクローズライン。ダブルのエルボードロップは寸前でSAKIが回避。

これで攻守が入れ替わり、野崎&SAKIがトレイン狙い。宮崎がかわして、まとめて野崎&SAKIにチンクラッシャー。そしてSAKIに恥ずかし固め!
しのいだ野崎&SAKIが反撃に転じ、ダブルのブレーンバスター狙い。堪えられるとトラースキックで宮崎を挟み撃ち。SAKIのブレーンバスターが決まるもカウント2。

かわった野崎が宮崎にスリーパー。コーナーに叩き付けて脱出した宮崎が串刺しラリアット。DDTを放っていく。キックアウトされると逆片エビ固めで捕獲。

野崎が耐えると、宮崎が投げっぱなしジャーマンでコーナーに投下。ムーンサルト・プレスを体勢へ。これを野崎がブラ下がりドラゴンスリーパーに捕獲する。

残り5分となり、野崎がドルミルへ。彩羽がカット。ならばと野崎は蒼魔刀でカウント2。仕留めにかかる野崎だったが、彩羽がトラースキック。

ならばとSAKIが助けに入り、野崎とダブルのクローズライン。宮崎にも狙うが、これは宮崎がダブルハンドのラリアットで迎撃。そして、改めて野崎にラリアット。
しかし野崎もドルミルで捕獲。ここで残り時間3分のコール。なんとか野崎がロープ。ここで野崎がノアールランサーハイを決める。キックアウトされると、ノアールランサーを狙うが、彩羽がキックで妨害。そして野崎を捕獲。「来い、ラリアット!」と呼び込むが、宮崎はなぜか眉山…。そして、ムーンサルト・プレスにつなげる。これはSAKIがカット。

改めて「終わりーーー!」と叫ぶ宮崎。デスバレーボムの体勢に入るが、これは不発。逆に野崎がカウンターのノアールランサーハイ、ノアールランサーにつなげるも、彩羽がカット。残り30秒から野崎がノアールランサーハイ。宮崎がデスバレーボムを放ったところで時間切れとなった。
◎試合後のマイク
野崎「まさかのドローでした。でも、負けてないから」

宮崎「いや、違う×3」

野崎「なんですか?」

宮崎「あの、(ユキタクは)負けてないよ? (野崎&SAKIも)勝ってもないから。ティーンズロードだよ。勝てば良かったんじゃない?」

野崎「負けたらティーンズロードなんで、負けてないんで。でも確かに…。勝ってもないんで、SAKIちゃん、2つ合わせるというのはどう? これは決着付けられなかった私が悪い。“私たち”が悪いね」

SAKI「えーーっ!」

野崎「オッケー? タッグトーナメント優勝するにはもっと頑張らないとね。肝に銘じるつもりで、peerlessティーンズロードにしましょう。ということで、(ダメージのため)立てなくてごめんなさい。Peerlessティーンズロードで11月1日、初戦、イチ抜けして決勝いきましょう。(ユキタクに向かって)お互いに勝ち上がって決勝で会いましょう。ありがとうございました」
4、DUAL SHOCK WAVE~3WAYトーナメント(時間無制限)
桜花由美&桃野美桜vs旧姓・広田さくら&佐藤綾子vs Sareee&響
①○Sareee(15分48秒、エビ固め)桜花●
※コルバタから。Sareee&響が決勝進出
②○桜花(27分25秒、片エビ固め)広田●
※ビッグブーツ。桜花&桃野が11・1新木場の敗者復活枠を獲得


メインイベントはDUAL SHOCK WAVE・3WAYトーナメントの初戦となる桜花由美&桃野美桜vs旧姓・広田さくら&佐藤綾子vsSareee&響の一戦。この試合で1番に勝ち抜けたチームは11・21新宿でおこなわれる決勝戦への進出が決定。試合は敗れた2チームで続行され、勝ったチームが11・1新木場での敗者復活枠に出場する権利が与えられる。
試合は桃野vs響vs広田でスタート。警戒しながら3人で力比べ。だが、アイコンタクトした響&桃野が広田にガットショット。低空ドロップキックを決める。さらにツープラトンのブレーンバスターを狙うが、しのいだ広田が2人にボ・ラギノール。そして串刺し攻撃を狙うが、桃野&響で迎撃。ここで桃野は響に「(コーナーに)登れ!」と指示を出す。だが、その間に、桃野が広田を丸め込む。早速の裏切り行為。
桃野のかわりに桜花が出ていき、waveであることをアピールし、桜花&広田で合体ドロップキックを響にお見舞い。しかし、そのまま広田に裏切りのバックドロップを決める桜花。なおもwave勢でダブルの攻撃を狙うが、響がスピアで迎撃する。

ここからストダマがトレイン攻撃。ダブルの串刺し低空ドロップキックを決める。続いてSareeeが出ていくも、広田がフェースクラッシャー、桜花にもフェースクラッシャーをお見舞いする。
広田と変わった佐藤が桜花にスクールボーイ。Sareeeも佐藤にスクールボーイを決める。3選手によるスクールボーイの応酬となるなか、桜花がSareee&佐藤にフェースクラッシャーを放って桃野とタッチ。

ここでSareeeと桃野がエルボーのラリー。ドロップキックも交互に打ち合う。続く桃野の低空ドロップキックはカウント2。Sareee&佐藤がダブルのドロップキック。ツープラトンのブレーンバスターをお見舞いする。ところがSareeeは佐藤を裏切り、スクールボーイ。カウント2。さらに桃野がSareeeにドロップキックを放ってカバーするも、佐藤がお盆で阻止する。
目まぐるしく攻守が入れ替わるリング上。佐藤はSareeeにブーメラン式ドロップキックを放つとバックを取る。振り払ったSareeeがウラカンラナでカウント2。

響が出ていき、佐藤にセントーン。逆エビ固めへ。ここで桃野が復活。佐藤の両手を踏みつける。逃げ場を失う佐藤だったが、助けに広田が入り桃野にボ・ラギノール。響が佐藤を、桃野が広田を、Sareeeが桜花を捕獲し、6選手が膠着状態となる。

リリースされると、桃野が響にドロップキックを放っていく。佐藤のダブルリスト・アームサルトはカウント2。続いて広田が響に顔面ウォッシュ。そして、桃野にはボ・ラギノールをお見舞い。そして、広田がロープ渡りへ。ルーチャを決める。
ここでストダマが波状攻撃。ダブルのバックドロップを桃野に決めると、広田をその上に投下。さらに響が広田&桃野をバックフリップ。桃野のカサドーラから桜花が響にダイビング・サンマドロップ。カウント2。ここで佐藤がお盆でアシスト。すかさず広田はウラカンラナを狙うが、桜花が踏ん張り広田は宙づり状態。すぐに桃野が広田の顔面に低空ドロップキック。

続く桃野のドロップキックは桜花に誤爆。このチャンスに広田が桜花に619、響が広田にヘッドバット、広田もバックブローで応戦する。
今度は桜花がカットに入り、Sareeeにバックドロップ、広田にはスパインバスターをお見舞い。そしてケンカキックを放つ。これをSareeeが投げっぱなしジャーマンで阻止。広田も投げっぱなしジャーマンをSareeeに放っていく。

混戦となるなか、桜花が広田に垂直落下ブレーンバスターを放つ。これは佐藤がカットに入りカウント2。Sareeeが走ると、場外から足をすくわれ転倒。桜花も足をすくわれ場外に落ちると、広田がトペ・スイシーダを敢行。

これによりリング上はSareeevs桜花となり、Sareeeが一瞬の隙を突いたコルバタを桜花に敢行。すかさず丸めて3カウントを奪った。これにより、ストダマの決勝進出がまずは決定!
そのまま試合が続行され、タッグマッチに。リング上は桜花vs広田。何度も丸め込みを狙う桜花。いずれもカウント2。桜花のビッグブーツもカウント2。すかさず桃野がダイビング・ボディーアタックを放って低空ドロップキックにつなげる。カウント2止まり。

一方、広田もボ・ラギノールとフェースクラッシャーの連発で攻守を入れ替えると、佐藤がミサイル発射。カウント2。ダブルアームスープレックスもカウント2。

桃野も佐藤にドロップキックを放って、アームホイップ、十字固めでカウント2。無道で捕獲する。なんとか佐藤がロープ。

20分経過。桃野のJKボムは未遂に。ダブルを狙う広田&佐藤だったが、桃野がまとめてホイップ。そして、桃野の旋回式ダイビング・ボディープレスが決まる。続いて桜花が出ていき、佐藤に串刺しビッグブーツ。美桜ロケットから桜花がビッグブーツにつなげる。キックアウトされる。

一方、佐藤も桜花に後方回転エビ固め。返されると佐藤がバックを取る。桜花がロープに逃げ込むと、すぐさま広田がお盆で脳天を殴打。ならばと桜花はブラディーEXへ。佐藤がエスケープするも、桜花が追撃の張り付けビッグブーツ。

ところが広田がお盆をパスすると、佐藤が形勢逆転に成功する。かわった広田のシャイニング・ウィザードはカウント2。へなーらサンセットを狙うが、桜花もタイガースープレックスに切り返そうとする。攻守が二転三転とするなか、広田のへなーらが決まる。カウント2。
25分経過。コーナーに登る広田。桜花が雪崩式ブレーンバスターに切り返し、桃野とのファンタスティックフリップ→高い高い→桜花のボディープレスと波状攻撃。すぐに走る桜花だったが、広田がカウンターのバックブロー、桜花もビッグブーツでやり返す。カウント2。広田のバックブロー、佐藤のお凡が交互に決まり、すかさず広田がサクラライト。

なんとかキックアウトした桜花がお盆の誤爆を呼び込むと、すかさず桃野がJKボム。続けざまに桜花のビッグブーツが決まり、熱戦に終止符。ボスマミはなんとか11・1新木場の敗者枠に進むこととなった。
◎エンディング
桜花「ボス、ごめん…。現タッグチャンピオンなのに、イチ抜けして自動的に決勝に行けませんでした。だけど…だけど! 11月1日のまたタッグの3WAYで敗者復活戦があるから、それも1ヌケが決勝に自動的に行けて、(負けても)2回目に勝ったほうが自動的に11月7日の大阪大会の3WAYのトーナメントに入ることになる。(野崎&SAKIがリングサイドに現れる)次か、次か!?」

桃野「ちょっと待って、ちょっと待って。ぜんぜんさっぱり意味がわからなくて、なんか表みたいな……?」

桜花「表はないな…。今日私、書けなくてさ、ここ(野崎&SAKI)と、あともう一つのところがどこでしたっけ」

野中リングアナ「野崎さんとSAKIさんと、ボスマミと、笹村&進垣さんです」

桜花「ここでイチ抜けしよう。ストダマみたいにイチ抜けすると、次タッグ(マッチ)はないから」

桃野「今日、勝つ気でいたから。だから先のことは何も考えてこなかった…」

桜花「ごめん…」

桃野「で、いま言われても理解ができないから、あとでLINEして」

桜花「とりあえずここ(野崎&SAKI)と、笹村&進垣のチームと?」

桃野「また3WAY?」

桜花「そう」

桃野「ああ、なるほど。そこはOK」

桜花「えっと、ティーンズロードだっけ?」

野崎「peerlessティーンズロードになりました」

桜花「(チーム名にティーンズロードが)入ってるじゃん(苦笑)」

野崎「11月1日、イチ抜けするのはウチらなんでヨロシク(マイクを投げる)」

桃野「こういうところがティーンズロードって言われるんじゃないんですか?」

桜花「マイクはね、ちゃんとスイッチ切ってから投げてください。じゃないとマイクが壊れます! 覚えておいて!!」

桃野「ヤンキーがっ!」

桜花「あの2人はヤンキーよ、だってにじみ出てるじゃん。ギャル風な感じだけど、あれは90年代のヤンキー」

桃野「了解」

桜花「そう。だから私たちは次、イチ抜けして、自動的に決勝に上がって、そこで優勝したら、私たちがどことやりたいか決められるの」

桃野「あっそう?」

桜花「どこのチームとタイトルマッチをしたいかって決められるから、絶対次はイチ抜け。そして、決勝は優勝。ね! ボス、わかった?」

桃野「わかった…」

桜花「そういうことです。わかりましたか、みなさんも? このルールわかりました? ちょっとやってるコッチもね、理解不能なところが多いんですが、やってみて、なんとなく今日わかりました。タッグの3WAYってメチャクチャ難しい。次は11月1日です。新木場、しかも日曜日・昼間、みんな予定あいてるよね?(拍手が起こる)あれ、ちょっと拍手が小さいんだけど!(大きな拍手となる)私、もう今日のみんなの顔、覚えたから、今日の人が全員来たら、新木場は満員です。11月1日、満員にしましょ! ねっ!! ボスマミが満員のなかで決勝進出いきましょう。今日はご来場誠にありがとうございました! 今日からDUAL SHOCK WAVE開幕しました。決勝で優勝するのはボスマミです。なのでみなさん、ボスマミの応援よろしくお願い致します。いつも『これがwaveだ!』で締めてるんだけど、ボスやってくれない?」

桃野「いいよ。皆様、本日はご来場ありがとうございました。お身体にご不自由のないかたはご起立ください」

桜花「立ってください」

桃野「何か言ってよ」

桜花「わかった。今日のwave大会は楽しかったか? ボスマミは最高かーーー? またwave見に来たいか? それではボス、最後の締めお願いします」

桃野「はい、せーの! これがwaveだーーー!」
◎バックステージ
ストダマ「ありがとうございます」

響「自分たちのこと知らない人も、スト魂というタッグを組んだことを知らない人もたぶんいると思うんですけど、今回のこの1勝で印象を強く持ってもらえたんじゃないかなと思います。あと最後マイク、自分たちが勝ったのに…」

Sareee「そう、なんで自分たち勝ったのに、先帰されちゃったのかなって」

響「ボスマミが締めるっていう」

Sareee「そう」

響「自分たちが締めるべきじゃないですか? 勝ったんだから」

Sareee「はい」

響「負けた人がマイク持つというのはありえないですね」

Sareee「そういうときも自分たちが行かなきゃね」

響「あっ、そうですね」

Sareee「そういうところも積極的に行きたい。今日本当にイチ抜けできてよかったなと思います。最後、残った2チームやばいですよね、あれはね。凄かったです。まあでも自分たちが今日勝ったので、決勝進出なのでしっかり次も勝って、必ず優勝したいと思います」

響「で、タッグのベルト」

Sareee「出るからには必ず優勝して、ボスマミのベルトを私たちがいただきます!」
◎バックステージ
桜花「よかったー、よかった! 敗者復活戦、残れて。すみませんでした」

桃野「本当に、タッグの3WAYって、まあみんなほとんどはじめてか…。なんか、美桜、数字が3くらいまでしか強くなくて、3以上になるともう4も100も一緒みたいな感じになっちゃうから。ちょっと今日不安だったけど、まあでも不安でももちろん負けるかなとやったりはしないので、勝ちにいくつもりで行って、勝ったことしか考えてなかったから、最後ね、美桜よくわからなかったんだけど、結局はあと2回勝てばいい?」


桜花「そう! 次、1ヌケして決勝で勝ったら優勝」

桃野「決勝にスト魂がいる?」

桜花「(スト魂)も、いる。次、イチ抜けできなかったら、また敗者復活で勝たないと。で、また11月7日の3WAYに入っちゃったりしたら、また面倒くさいことになるから本当に、次イチ抜けしないと本当に大変なことに今回のトーナメントはなるから…」

桃野「すごいこと考えましたね」

桜花「本当だよ。まあ私が考えているわけじゃないから、これは私が参戦する側というか、出場する側なので会長がこういうやつを考えるんですけど、やる側のことを考えてない。チョー大変」

桃野「でも、まあ乗り越えたら強くなれるような気がするから」

桜花「ボスマミがもっともっと強くなって、プロレス界でイチバンいいタッグチームだねって言われるよ。がんばろうね」

桃野「ふふふ。ちょっとなんか気持ち悪い…。耳が気持ち悪いんですけど、優勝して自分たちからやりたい人」

桜花「ちょっと他のチームを見てね」

桃野「優勝したいと思います、必ず。ありがとうございました」
2020.10.01

「NAMI☆1~Oct.~’20」

1、ヤングwave(15分1本勝負)
○進垣リナ(8分34秒、SBTロックⅡ)網倉理奈●


2AWの進垣リナとアクトレスガールズ・Color’sの網倉理奈がシングルマッチで激突。2018年デビュー同士のフレッシュな対決となった。

まずは網倉がショルダータックル、逆水平チョップ、ワープレスで先制。続くセントーンは進垣が読みかわす。

これで流れが変わる。進垣が腕攻めでプレッシャーをかけていく。網倉もエルボー弾からのボディースラムで反撃。もう一発を狙うが、これを進垣がチキンウイング・アームロックに切り返す。

コーナーに叩き付けて脱出した網倉が串刺し攻撃を敢行。寸前でかわした進垣がドロップキック。アームブリーカーでマットに叩き付ける。
しかし、網倉も逆水平チョップでお返し。進垣はフォアアームで応戦する。ロープに振ろうとする網倉だったが、進垣が切り返してワキ固めで捕獲。なんとか網倉がロープ。

すぐに走る進垣だったが、網倉がヒップドロップ、サマーソルトドロップで攻勢。カナディアン・バックブリーカーで絞り上げる。コーナーに逆さ吊りにしてのボディーアタックも敢行。キックアウトされると、セカンドからのセントーンを投下させる。

寸前でかわした進垣が走る。網倉も別方向に走り意表を突くが、進垣が飛びつきヒザ十字からSBTロックⅡに移行し、ギブアップを奪った。
2、パワーwave(15分1本勝負)
○優宇(6分53秒、片エビ固め)Yappy●
※べあべあーず!


プロレスリングEVEの優宇とP’sPartyのYappyが対峙。新世代の重量級ファイター同士の顔合わせが実現した。

ロックアップからの押し合いを制したのは優宇。ショルダータックルで挑むYappyだったが、優宇が受け止め、逆に成功させる。勢いに乗った優宇は串刺しボディーアタック! だがYappyも2発目を迎撃し、ロープに走る。これを優宇がカウンターの旋回式サイドバスターで投げ捨て、セントーンでカウント2。
優宇は「はじめまして、Yappy!」と逆水平チョップをお見舞い。ここから優宇のチョップ、Yappyのエルボーがラリーとなる。優宇が制してドロップキックを敢行。そしてキャノンボールの体勢。

これをYappyがカウンターのショルダータックルで迎撃し、ブロンコバスター、ヒップドロップ3連発につなげる。これはカウント2。すぐさまYappyはギロチンドロップを投下。これも返される。
優宇は水車落としで流れを変えると、今度こそはのキャノンボール。カウント2。反撃にかかるYappyだったが、優宇がカウンターのラリアット。リバーススプラッシュ→べあべあーず!につなげて3カウント。
3、チャレンジwave(15分1本勝負)
○朱里(9分5秒、エビ固め)笹村あやめ●
※バズソーキック


“モノが違う女”朱里に、2AWの笹村あやめが挑んだチャレンジwave。クリーンな握手でスタートとなる。

朱里が軽くローキックで牽制。そこから組み合い、グラウンドの攻防となる。スタンドに戻るとハンマーロックの取り合いから朱里がヘッドロックへ。そこから徐々に朱里ペースとなっていく。
スリーパーで捕獲する朱里。笹村がロープに逃げ込むと、朱里がヒザ蹴り。そしてランニングニーをお見舞いする。レッグロックも笹村がロープ。すると朱里はキック、ヒザ蹴りで追い打ちをかける。キックアウトされるとヒザ十字へ。なんとか笹村がロープ。

5分経過。笹村もフェイントを入れたショルダータックルでようやく攻勢。しかし朱里もキックで応戦する。走る朱里に、笹村がカニばさみ。ロープ際に追い込み、後頭部にヒップドロップを投下させる。さらにドロップキック、ボディースラムで叩き付ける。
一方、朱里はアキレス腱固めで捕獲。なんとかエスケープした笹村は、朱里のキックをかわしてスクールボーイ。ブレーンバスターからミサイルキックをお見舞いする。カウント2。ロープに走るが、朱里がニーリフト。今度は朱里がロープに走る。これを笹村がブロックバスターホールドでカウント2。一進一退となるなか、朱里がハイキックで流れを掴むと、バズソーキックでトドメを刺した。
4、Halloween wave=全集中=鬼vs人スペシャルイリミネーションマッチ(時間無制限)
桜花由美&宮崎有妃&旧姓・広田さくら&野崎渚(4—3)伊藤薫&梅咲遥&高瀬みゆき&松井珠沙
①○広田(19分7秒、へなーらサンセット)松井●
②○野崎(26分2秒、片エビ固め)梅咲●
※ノアールランサー
③○伊藤(27分36秒、体固め)宮崎●
※ラリアット
④○伊藤(27分56秒、体固め)広田●
※ラリアット
⑤○桜花(29分2分、オーバー・ザ・トップロープ)高瀬●
⑥○伊藤(33分12秒、オーバー・ザ・トップロープ)桜花●
⑦○野崎(33分52秒、オーバー・ザ・トップロープ)伊藤●
※wave(鬼)の勝利


メインイベントは恒例のハロウィンマッチ。今年は「鬼vs人」というテーマのもと、変則イリミネーション形式でおこなわれた。まずは野中美智子リングアナウンサーがルール説明。最初の7分間は2対2のタッグマッチをおこない、次の7分間で残りの選手による2対2のタッグマッチとなる。その後、8人タッグマッチに移行し、通常のプロレスルールのほかに、試合権利がある選手のみオーバー・ザ・トップロープルールが採用される、という特殊なルールが明かされる。

最初に入場してきたのは高瀬みゆき&松井珠紗。wave勢からは鬼に扮した桜花由美&野崎渚が登場。まずはこの顔合わせによる通常のタッグマッチでゴングとなった。

高瀬が「鬼、鬼!」と叫びながらロープワーク。桜花がビッグブーツで迎撃し、串刺しビッグブーツへ。桜花が「野崎、ダブル!」と要求するも、野崎は「私に指図をするな!」と拒否。高瀬が反撃にかかるがドロップキックはかわされる。

改めて桜花は野崎とタッチ。高瀬も松井と交代しようとする。だが、ビビりキャラの松井はタッチを拒否。仕方なく高瀬は野崎にスピアを放っていく。そして、松井をデッドリードライブで投げ落とし、強引にタッチ。

松井は鬼を恐がりながらもドロップキック。しかし野崎もビッグブーツで応戦し、コーナーに押し込み連続のブレイジングチョップ、顔面バーン!につなげる。
松井もようやく反撃にかかりダイビング・ボディーアタックでカウント2。ここで野崎は桜花と交代。桜花が松井を踏みつけプレッシャーをかけていく。ダブルニードロップを放って、クロスフェースで捕獲する。

7分が経過し、次のタッグチームとして伊藤薫&梅咲遥が登場。リングに入ると、ストンピングで松井を救出する。続いて宮崎有妃&旧姓・広田さくら<奇跡>がリングイン。ドリフのような青鬼&赤鬼の姿に、観客からは失笑が漏れる。

対戦相手の伊藤も「バカじゃないの、コイツら」と苦笑しながら奇跡をコーナーに押し込み、梅咲がドロップキック。だが、伊藤の串刺し攻撃は不発に終わり、広田がボ・ラギノールで反撃にかかる。

奇跡の連係はことごとく自滅。逆に伊藤&梅咲が合体ドロップキックを広田にお見舞いする。すかさずコーナーに登る伊藤。仕留めにかかるが、広田がロープ渡りを無茶ぶりする。ロープを渡りきった伊藤が宮崎のヒザにフットスタンプ。

7分が経過し、オーバー・ザ・トップロープルールの8人タッグマッチがスタートとなる。高瀬が宮崎にドロップキック。逆水平チョップ&エルボーパットを交互に放ち、ブーメラン式ドロップキックをお見舞い。気合を入れ直す高瀬だったが、宮崎が切り返して恥ずかし固めへ。
続いて広田vs松井に移行。広田はフェースクラッシャーを放ち、20歳になった松井に、解禁のボ・ラギノール。さらに角でのボ・ラギノールを狙うが、これは松井も回避する。広田のシャイニング・ウィザードはカウント2。

逆に高瀬&松井がツープラトンのブレーンバスターを狙うが、DDTに切り返した広田が2人にまとめてボ・ラギノール。松井もトレイン攻撃で形勢逆転。フィッシャーマンSHで反撃する。だが、これをキックアウトした広田が、桜花のビッグブーツを呼び込み、ボ・ラギノール→へなーらサンセットとつなげて3カウント。

広田vs高瀬で試合続行。広田がボ・ラギノール。高瀬を場外に落とすとトペ・スイシーダで追撃する。だが、これは同士討ちに。形勢逆転の伊藤が場外の宮崎&広田にスライディング・キックを放つ。

リングに戻り、高瀬が広田にブレーンバスター。着地する広田。ロープに走るも、高瀬がカウンターのえびす落としでカウント2。

20分経過。高瀬が走るも、広田がカニばさみからの619、ボ・ラギノールを放って野崎と交代。野崎は高瀬に串刺しビッグブーツ。野崎式串刺しビッグブーツをお見舞いする。さらに正調ビッグブーツを叩き込んだ野崎がおしゃれキックを敢行し、ロープに走る。

高瀬がパワースラムに切り返し、ブレーンバスターを放って、梅咲と交代。梅咲はドロップキックを連発する。低空ドロップキック、セカンドからのドロップキック2連発につなげる。野崎の足を思い切り踏みつけロープに走るが、野崎がカウンターのビッグブーツ。
流れが変わり、野崎がフェースバスターからランニング・ダブルニーアタック、ノアールランサーと畳みかける。これは高瀬がカット。wave勢は伊藤に4人同時のビッグブーツ!

梅咲は高瀬のラリアットのアシストから、ラ・マヒストラルへ。キックアウトした野崎がザキゴエからのノアールランサーで3カウント!

伊藤が出ていき、八面六臂の大活躍。宮崎がラリアットで突進していくも、受け止めた伊藤がカウンターのラリアットで3カウント。

続いて広田が向かっていくが、これも伊藤がカウンターのラリアット。あっさり3カウントが入り、一気に戦況はイーブンに。

伊藤は桜花にもラリアットを放つが、これはカウント2。伊藤は高瀬と交代。桜花がビッグブーツで逆襲にかかる。高瀬もカウンターのラリアットでやり返し、カミカゼからセカンドロープからのギロチンドロップを投下させる。

一方、ブラ下がりブラディーEXを狙った桜花。高瀬がエプロンに転落してしまう。これを桜花が蹴り落としてオーバー・ザ・トップロープ葬。

この時点で青コーナー陣営は伊藤一人に。伊藤は「私が主役だから!」と気合を入れ直す。桜花&野崎がトレイン攻撃。ビッグブーツで襲いかかる。さらにカカト落とし&おしゃれキックの競演で魅せたあと、桜花がビッグブーツでカウント2。

ここで桜花は「挙げるぞ!」とブレーンバスターの体勢。しかし、これは伊藤が逆に敢行する。ならばと野崎が伊藤を羽交い締め。桜花がビッグブーツで飛び込むも寸前でかわされ、同士討ちとなる。

反撃に転じた伊藤が桜花にフットスタンプを放ち、セントーンを投下。返されるとセカンドからのフットスタンプを落としていく。これは野崎が寸前で助けに入る。ならばと伊藤は野崎にパワーボム。コーナーに登ると、桜花がビッグブーツで飛び込み、伊藤はエプロンに転落。チャンスとばかりにビッグブーツで追い打ちをかける桜花だったが、伊藤がかわして桜花もエプロンに転落してしまう。もみあうなか、桜花が転落し、失格。

だが、すぐに野崎が伊藤を蹴り落とし、wave勢が勝利となった。

野崎「ハロウィンwave、みなさんいかがでしたでしょうか!? ちょっと違う鬼がまざっちゃってて、最初、キャラ設定守っていて、桜花さんに対して、マジブチ切れられるようなこと言ったりとか、すっごい私、守ったのに……何なんですか、それ! 近くで見ると本当に怖いんです(笑)。まあ写真、撮りましょう(記念撮影)。改めまして10月ナミイチありがとうございました! それではこのままこのメンバーで締めさせていただきたいと思います。それではいきます! これが、waveだーーー! ありがとうございました!!」
2020.09.21

『SENDAI WAVE KEEP SMILE:)11~again~』

none
1、wave vs 仙女遺恨なき団体対抗戦(10分1本勝負)
○宮崎有妃(9分51秒 首固め)優宇●
※目潰しから
none
2、wave vs 仙女遺恨なき団体対抗戦(10分1本勝負)
○橋本千紘(8分52秒 オブライト)桜花由美●
none
3、wave vs 仙女遺恨なき団体対抗戦(10分1本勝負)
△野崎渚(時間切れドロー)DASH・チサコ△
none
4、wave vs 仙女遺恨なき団体対抗戦(10分1本勝負)
△旧姓・広田さくら(時間切れドロー)金子夏穂△

※対抗戦が1対1の引き分けだった為、タッグマッチの延長戦が急遽決定。
none
5、wave vs 仙女遺恨なき団体対抗戦(時間無制限1本勝負)
○旧姓・広田さくら&野崎渚(12分53秒 ふらふらどーん)DASH・チサコ&金子夏穂●

※結果2対1でwave軍の勝利となる。
2020.09.18

「HIROe引退LAST LONGBEACH~」

1、スクランブルwave(20分1本勝負)
Sareee&○響(13分33秒、片エビ固め)進垣リナ&網倉理奈●
※ダイビング・セントーン


コロナの影響で渡米が遅れているSareeeがwaveに参戦。かつてタッグを組んでいた響(当時は田中盟子)とのペアで登場し、一夜限りの“スト魂”復活となった。Sareee&響は、スト魂のテーマ曲で入場。懐かしのオープニングダンスも披露する。

試合は響vs網倉でスタート。肉弾戦が繰り広げられたあと、Sareeeがドロップキックからのボディースラム。響も続き、交互に叩き付けていく。劣勢の網倉だったがチョップ合戦を挑んでいき、ようやく進垣と交代。
反撃にかかる進垣は響の腕を集中攻撃。ワキ固めに入るも、これを切り返す響。逆にボディースラムの体勢に入る響だったが、進垣がチキンウイング・アームロックへ。これをコーナーに叩き付けて脱出した響が串刺しスピアを連続で敢行する。

かわったSareeeが進垣にドロップキック3連発。エルボー合戦となる。Sareeeが制してボディースラム。カウント2。串刺し攻撃を狙うが、寸前でかわした進垣がワキ固め。Sareeeもなんとかエスケープ。ならばと進垣はダイビング・ボディーアタックで追撃にかかる。
続いて網倉が出ていきSareeeにカナディアン・バックブリーカー。コーナーに逆さ吊りにセットし、串刺しボディーアタックをお見舞い。そしてボディープレス2連発につなげるも、Sareeeがドロップキックで形勢逆転。そしてSTFへ。

進垣がカットしたところで10分経過。響がショルダータックルで飛び込む。カウント2。網倉も串刺しボディーアタック、ショルダータックル、セントーンで反撃。網倉&進垣の波状攻撃が決まる。
なんとかしのいだ響が網倉を担ぐも、回転エビ固めに切り返す網倉。キックアウトされるとすぐに走る網倉だったが、Sareeeが追走式ドロップキックで足止め。すかさず響がカバーする。返されると、響はカニばさみで網倉をロープ際まで追いやり、スト魂がエプロンから低空ドロップキックで挟み撃ち! さらにSareee→響で連続ミサイルキックが決まる。
なんとかしのいだ響が網倉を担ぐも、回転エビ固めに切り返す網倉。キックアウトされるとすぐに走る網倉だったが、Sareeeが追走式ドロップキックで足止め。すかさず響がカバーする。返されると、響はカニばさみで網倉をロープ際まで追いやり、スト魂がエプロンから低空ドロップキックで挟み撃ち! さらにSareee→響で連続ミサイルキックが決まる。

進垣がカットに入ると、Sareeeが排除にかかる。分断に成功したスト魂は、響がカミカゼからのダイビング・セントーンを網倉に決めて、久々のタッグで快勝を収めた。
2、チャレンジwave(15分1本勝負)
○藤本つかさ(8分46秒、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド)梅咲遥●

ディアナの梅咲遥がアイスリボンの藤本つかさに挑んだ一戦は、序盤から藤本ペース。首投げからのサッカーボールキックを放った藤本がヘアーホイップ。コーナー下で踏みつけプレッシャーをかけていく。そして逆エビ固めで捕獲。
なんとか梅咲がロープ。すぐに藤本は対角コーナーにハンマースルーしたが、これを梅咲がドロップキックで迎撃し、攻勢に転じる。弓矢固めで絞り上げる。

耐えた藤本がボディースラムでお返し。卍固めを決めたあと、張り付けドロップキックで追い打ちをかける。セカンドからのドロップキックは梅咲がかわして、逆に敢行。ボディースラムで叩き付け返す。

5分経過。エルボーのラリーを挟んで、梅咲のブレーンバスター、ノーザンライトSHはいずれもカウント2止まり。
藤本はサッカーボールキックで攻守を入れ替え、串刺しドロップキック、串刺し低空ドロップキックにつなげる。カウント2。ここで藤本はJOサイクロンの体勢に入るも、梅咲が着地して首固め。キックアウトされると十字固めへ。さらにラ・マヒストラルを狙うが、読んだ藤本が延髄斬り。

走る藤本に梅咲がカウンターのラ・マヒストラル。キックアウトされると、またもや走る梅咲だったが、藤本がカウンターのドロップキックで動きを止める。そしてミサイル発射! キックアウトされるとJOサイクロンSHで貫録勝ちを収めた。
3、チャレンジwave(15分1本勝負)
○朱里(10分0秒、サソリ固め)門倉凛●


マーベラス9・11新木場で復帰した門倉凛が朱里に挑む。2人のシングルは今回がはじめてとなる。

序盤から試合は朱里ペースで進むなか、朱里の串刺しニー→ハーフハッチが決まる。返された朱里はヒザ十字へ。なんとか門倉がロープ。
5分経過。動きの止まる門倉を朱里が連続でカバーする。いずれもカウント2。門倉がエルボーを放つと、朱里は「来いよ! もっと!」とゲキ。門倉が奮起し、小刻みエルボーからのネックブリーカードロップを敢行。
フォアアームの打ち合いから朱里がバッククラッカー。ランニング・ローキックでカウント2。そして、アキレス腱固めへ。
なんとか門倉がエスケープし、カウンターのドロップキックでようやく攻勢。低空ドロップキック、ミサイルキックにつなげる。門倉はフェイントを入れたスクールボーイを連発。キックアウトされると逆打ちを狙うが、これは未遂。ならばとトラースキックからノーザンライトSHへ。走る門倉に、朱里がカウンターのハイキック。これで流れが変わり、デスバイロデリックを敢行。そこからサソリ固めでガッチリ捕獲し、ギブアップを奪った。
4、DUAL SHOCK WAVE~WAVE認定タッグ選手権試合(30分1本勝負)
<挑戦者組>桜花由美&○桃野美桜(19分7秒、エビ固め)宮崎有妃●&旧姓・広田さくら<王者組>
※JKボム。奇跡が3度目の防衛に失敗。ボスマミが第24代王者組となる

宮崎有妃&旧姓・広田さくら<奇跡>が保持するWAVE認定タッグ王座に、前王者チームの桜花由美&桃野美桜が挑んだリベンジマッチ。なお奇跡はこれが約1年ぶり、3度目の防衛戦となる。
ボスマミの奇襲でゴングを迎える。早速、ボスマミは広田に合体ドロップキック。先制に成功したが、広田がボスマミへの串刺し攻撃で反撃。これはあいにく桜花にのみヒット。すぐさま桃野が串刺しドロップキックで応戦するも、広田がかわして桜花に誤爆してしまう。それでも心の広い桜花は気にした様子もなく、ボスマミの連係ロケットキックを成功させる。
一方、広田はフェースクラッシャーで流れを掴むと、ロープ渡りへ。ロープジャンプで観客から拍手喝采。しかし2度目のジャンプは転落。すかさず桃野がドロップキックを狙うが、かわした広田が張り付けボ・ラギノール。宮崎が出ていき、恥ずかし固めの体勢。回避した桃野だったが、ビッグヒップは食らってしまう。
対角コーナーに振られた桃野が、コーナートップに駆け登る。すると宮崎は、桃野の両足を掴んで、大股開き! 桃野を辱めたあとビッグヒップでカウント2。さらに奇跡は連係を試みるが、自滅が続く。
これで流れが変わり、ボスマミが優勢に。かわった桜花が奇跡にフェースクラッシャーを決めると、宮崎に串刺しビッグブーツ。宮崎も恥ずかし固めで応戦しようとするが、需要を考え躊躇する。かわりに宮崎は桃野をイスに固定し、その目の前で桜花に恥ずかし固めをかけるという作戦に出る。顔を背ける桃野…。
かわった広田が高田純次。桜花がガードすると、桜花にフルも「四十肩と老眼のお前にやる資格はないんだよ!」とガットショットをお見舞いする。桃野がかわりに高田純次。桜花がエルボードロップにつなげる。
広田がスイングDDT、619を決めれば、桜花はカカト落としで応戦。広田と桜花はへなーらサンセット、タイガースープレックスを巡って二転三転。どちらも決まらず、桃野のドロップキックから桜花がバックドロップにつなげる。ネックハンギングボムを狙う桜花だったが、広田がウラカンラナに切り返す。これは桃野が寸前でカット。桜花のビッグブーツもカウント2止まり。
ここでボスマミが連係のブレーンバスター。カウント2。すかさず桃野が広田にダイビング・ボディーアタック→低空ドロップキック2連発で追い打ちをかける。

劣勢の広田だったが、場外のボスマミにトペの体勢。見事に成功させるが、宮崎&桜花にキャッチされる。
攻守を入れ替えた桃野がプランチャ・スイシーダを投下!場外戦を挟んで、ボスマミがファンタスティックフリップ、桃野のフットスタンプを敢行。さらにJKボムを狙う桃野だったが、回避する広田。桃野も広田のボ・ラギノールをかわして丸め込む。桃野のウイングクラッチホールドもカウント2止まり。

広田は裏拳で流れを変えると、へなーらサンセットの体勢。桜花がビッグブーツで飛び込むが、かわした広田がボスマミにボ・ラギノール。すぐさま広田は延髄斬り、シャイニング・ウィザードで攻勢。かわった宮崎が桃野を逆立ちさせると、広田がボ・ラギノールを連射していく。

さらに宮崎は投げっぱなしジャーマンで桃野をコーナーに叩き付けたあと、えびす落としへ。キックアウトされるとムーンサルトプレスを投下させるも、これは桜花がカット。
ビッグブーツでアシストに入る桜花。すぐに桃野が回転エビ固めへ。丸め込みの応酬から、桃野が宮崎にJKボムを敢行。キックアウトされると、もう一度、JKボムの体勢。宮崎が堪えると、広田がボ・ラギノールでアシストに入る。しかし、これも耐えた桃野がJKボムを完璧に決めて3カウント!
試合後、二上美紀子会長が賞状とベルトを授与。ここで会長は2本とも桃野に巻いて、会場の笑いを誘う。そして桃野が勝利者マイク。
桃野「ベルトさんが自分のそばに帰ってきました。本当に嬉しいです。対戦してくださった奇跡のお二人は自分がケガをしたあとの防衛戦で、自分のベルトさんが取られてしまいました。そこから欠場期間約2年。自分が復帰するの待っててくださったんですよね?(奇跡は否定するようなジェスチャー)ひにくれてますけど、本当に待っててくださり、ありがとうございました。今日、対戦してくださり、ありがとうございました。何かありますか?(奇跡はマイクはせずに退場)お二人が欠場期間にかけてくださる言葉はすごく温かくて、自分は二人のこと好きですよ。ついでにマミーも待っててくれて、どうもありがとう。今日だけいいよ(とバックハグを許す。笑顔で桜花がハグすると、照れた桃野が…)。3・2・1!(とカウントダウン。慌てて離れる桜花)みなさん、ベルトさんを取ってからが本当だと思います。タッグベルトなんですけど、自分が2個ね、大事に同棲生活していきたいと思います。今日はありがとうございました」
◎ボスマミバックステージ(大会終了後に収録)
——おめでとうございます。改めてどうですか?
桜花「すごい嬉しいんですけど、まだボスにちゃんとハグしてもらってないので、このあとちゃんとしてもらおうと思っています。ねっ!」

桃野「それはおいといて。自分がはじめて巻いたベルトさんがこのベルトで、ケガをしたままサヨナラしちゃってたので、すごいこうやってまた自分のそばに戻ってきてくれてすごい嬉しいです。愛は勝つって言うじゃないですか。自分のベルトさんへの愛が強かったから、今日は勝てたんじゃないかなと思いました」

——ベルトさんは待ってたよって言ってました?
桃野「言ってます! よく頑張ったねって。ちょっと意外と厳しいんですよ。アメとムチのムチが強いんですけど、よく頑張ったじゃん!って言ってくれました。2つになっちゃった。うふふ」

桜花「2人で取ったんだよ!?」

桃野「うん。でも会長が巻いてくれたから」

桜花「2人で取ったんだよ!?」

桃野「美桜が大事にします」

桜花「どっちのベルトさんが大事なの?」

桃野「どっちも」

桜花「三角関係になる?」

桃野「いや、なりません。右手と左手があるので。ふははははは」

--桜花さんは復帰を待ち続けたが。

桜花「はい、ずっと待ってました。私って自分で思うんですけど、健気だなって思いました。ずっと待ってましたもん。一応、期間限定で野崎とタッグを組みましたけど、どっちかのパートナーが帰ってきたら、解散しようねってちゃんと。そういう約束を」

桃野「それもどうかと思いますけどね!」

桜花「約束をして、ボスが帰ってきたから野崎を捨てて、ボスのもとに戻って参りました」

——今後の目標は?
桜花「今後の目標は、やっぱりいっぱい防衛したいね!」

桃野「はい、10年一緒にいます」

桜花「頑張ろう!」

桃野「嘘、やめよう」

桜花「50代になっちゃうけど(苦笑)」

桃野「自分が100歳でプロレスラーやめるまで。100歳でやめるのでプロレスラー」

桜花「じゃあ私……」

桃野「だからそのときのために自分が2つ持ってる(笑)。つながった?」

桜花「ちょっと待って、12○歳か…。生きてるかな。でもボスが喜んでくれる顔を見るのが私の幸せなんで、頑張ります!

(向こうは老かいなチームで、やりにくい相手だったが予想はしていた?)そうですね。もともと奇跡にベルト取られて、また取り返したことになるんですけど、何回か当たっているので」

桃野「でも、別に何も考えてないです、自分は。そのとき、そのときで…はい」

桜花「ボスが精神的にダメージ受けなくてよかったなと思います」

桃野「いや、受けましたよ! あんなの見せられて!! そうだ、それは今日の試合の汚点です」

桜花「それでボスがテンションがガタガタって下がらずにちゃんとボスのベルトさんへの思いのほうが強かったのかなって。精神的苦痛を味わわされても、ボスがちゃんとベルトを取りに行ってくれたので」

桃野「正直言うと、ボスマミで勝ったことないので、自分が」

桜花「ああ、ボスの力でちゃんと3カウント取ったので」

桃野「頑張りました。ありがとうございます」
5、HIRO'e引退LAST LONGBEACH(30分1本勝負)
○HIRO'e&野崎渚(20分49秒、ジャーマン・スープレックス・ホールド)米山香織●&高瀬みゆき


waveの生え抜き2号として嘱望されていたHIRO’eが、もう一つの夢(柔道整復師)に向かうため、今大会を持って引退。当初は、8・16後楽園大会でおこなわれる予定だったが、コロナの影響で大会自体が中止に。心配された引退試合だったが、約1カ月遅れでの実現にこぎつけた。HIRO’eの最後のパートナーを務めるのは、身近な先輩として苦楽をともにしてきた野崎渚。対峙するのは、HIRO’eが節目で対戦してきた米山香織と、元タッグパートナーの高瀬みゆきが務める。
最後に入場したHIRO’e。対角コーナーの高瀬はすでに感極まった様子…。

試合はHIRO’e対米山でスタートとなる。米山も泣き顔だったが、これはフェイント。力比べの際、米山は思いきり足を踏みつけ「お前なんかとっとと辞めちまえ!」とロープにふる。これをHIRO’eがショルダータックルで突っ込んでいく。
高瀬が出ていく。HIRO’eがヘッドロックに捕らえると、高瀬はドロップキックで応戦。HIRO'eもやり返し、野崎とタッチ。

野崎は高瀬にブレイジングチョップを連発。鎌固め、顔面バン!を2連お見舞い。HIRO’eもストンピングで続く。
高瀬はエルボー弾でやり返しDDT、スタナーへ。ここで米山が出ていきHIRO’eをロープに張り付け「ひ・ろ・え・ちゃ・ん・あ・り・が・と・う」と四方に張り付けチョップ。すぐさま高瀬が串刺しドロップキックで追い打ちをかける。かわった米山も串刺し攻撃を狙うが、HIRO’eが焼豚で攻守を入れ替え、野崎と交代。

野崎は高瀬に串刺しビッグブーツ、米山には野崎式の串刺しビッグブーツをお見舞い。HIRO’eとのダブルおしゃれキックにつなげる。野崎のビッグブーツはカウント2。
米山もモンゴリアンチョップ、グルグルパンチ、クロスチョップで応戦し、高瀬と交代。高瀬は野崎に串刺しラリアット、セカンドからのジャンピング・エルボー弾でカウント2。

一方の野崎もエルボー弾からビッグブーツを敢行。ロープに走るも、高瀬がラリアットで迎撃。ならばと野崎もビッグブーツ。すぐに高瀬がショートレンジラリアットをお見舞いする。
試合が再開され、高瀬がスピアで飛び込み、米山とタッチ。すかさずセントーンでを放つ米山。HIRO’eも低空ウラカンラナで流れを変えるとロングビーチで捕獲。耐えられるとミサイル発射。スピア、サクラ落としでカウント2。バックドロップの体勢。米山が堪えてエルボーのラリーへと発展する。
HIRO’eは四方のファンに向かって気合を入れ直して、エルボー弾! するとここで米山がタイムを要求。引退セレモニーの真っ最中に、引退を撤回した米山らしい質問を投げかける。
米山「引退前に最終意思確認をしたいと思います。HIRO’eちゃんプロレス人生楽しかったですか?」

HIRO'e「楽しかったです!」

米山「HIRO’eちゃん、引退を撤回したくはありませんか?」

HIRO'e「しません!」

米山「HIRO’eちゃん最後の相手に選んでくれてありがとう!」

試合が続行となり、HIRO’eがチンクラッシャー、野崎がビッグブーツ、HIRO’eが裏カサドーラでカウント2。コーナーに登るも、米山が追いつき雪崩式のダブルリスト・アームサルト。高瀬のカミカゼを挟んで、米山がセカンドからの千豚♪を投下。高瀬もセカンドからのギロチンドロップで続く。さらに米山のダイビング千豚♪が成功するも、なんとHIRO’eがキックアウト!?
ここで米山&高瀬がダブルの攻撃。HIRO’eがスピアで迎撃し、米山にバックドロップを決めてカウント2。
20分経過。HIRO’eのジャーマンSHはカウント2止まり。だが、ここで高瀬が米山を裏切り、米山にラリアット。野崎がノアールランサーハイで飛び込むと、HIRO’eが「みんなありがとう!」とジャーマンSHへ。米山から3カウントを奪ってプロレスラー人生に終止符が打たれた。
◎引退式
コロナウイルス感染拡大防止という観点から、女子プロレス恒例の関係者からの記念品贈呈などはなし。紙テープもなし…そのかわり、後楽園の許可のもとHIRO’eのイメージカラーであるオレンジのサイリウムの使用が認められた。
まずは関係者から送られた花束の送り主の名前が読み上げられる。そのなかには浜田文子の名前も…。そして、広田興行8・9大阪大会で流す予定だったサプライズVTRとして、AEWの志田光が英語でメッセージ。さらにお母さんからの手紙も読み上げられた。
続いてwave所属選手がリングに上がり、花束贈呈。桜花社長が「waveの生え抜きとしてデビューして6年間、自由なHIRO’eちゃんでしたが、本当に、本当にお疲れさまでした!」と労いの言葉。二上会長からは退職金が送られ、思わずHIRO’eが中身を確認。最後はwaveらしい送り方として、宮崎が恥ずかし固め。所属選手が取り囲んで1枚の写真に収まった。
最後にHIRO’eが挨拶。

HIRO’e「えー、やっと引退する日が来た。いや、引退するときが来たという感じです、いまは。1回引退日が延期になり、今日という日が来るのかどうか、不安に思うことはありましたが、でも、そのぶん時間が延びたぶんだけすごく、すごく楽しい時間が増えて、プロレスをさらに好きになりました。私にとってこの延びた1カ月は無駄じゃなくて、本当にすごく大切なものになりました。そして、引退試合を終えたいま、さらにプロレスが大好きになってます。プロレスがすごく楽しいです! このような状況のなか、こうやって見に来てくださったみなさんには感謝しかないですし、こうやって今日参戦してくれた選手、そして試合はないけど見に来てくれた選手。そして、たくさん、たくさんお世話になった先輩…このみんながいなかったら、いまここにもいないし、プロレスラー・HIRO’eというものは存在しなかったなって思います。本当にみなさんありがとうございます。約6年間、短いのか長いのかわかりませんが、私のプロレス人生、悔いなく終わることができそうです。すごく、すごく楽しい時間でした。みなさん本当にありがとうございました!」
吉野希里リングアナが経歴を読み上げたあと、恒例の10カウントゴングへ。ここで会場が暗転となり、オレンジのサイリウムが点灯。HIRO’eのイメージカラーであるオレンジ色で後楽園ホールが包まれたあと、吉野リングアナ、野中美智子リングアナ、高瀬みゆき、響、雪妃真矢、米山香織、小川佳世さん(スタッフ兼元waveOG)、渋谷シュウさん(waveOG)、MIOさん(waveOG)、大石美咲さん(旧姓・大畠/waveOG)が順番にゴングを鳴らし、HIRO’eを送り出した。
そして騎馬にのってリングを一周。ファンに最後の別れを告げて引退した。
◎HIRO’e&野崎バックステージ
——引退試合終わりましたが。
HIRO’e「そうですね、なんかぜんぜん緊張してなくて、へへへへ。なんか緊張してるから逆にハイなのかもしれないですけど、最後まで本当に笑顔で終わることが出来て、本当にプロレスというものを最後まで楽しめたんじゃないかなと思っています」

——望んでいた紙テープは飛ばなかったが、逆にスペシャルな引退になったが。
HIRO’e「ねー! サイリウムですか?」

野崎「メッチャきれいだった」

HIRO’e「キレイでしたね。なんか、いまだからこそのあのサイリウムだと思うので、いつも通りだと紙テープになると思うので、こうやってすごいきれいな紙テープを飛ばしてもらえる状況になった私は、絶対いないじゃないですか、今後。だからみなさんの心に、今日来てくださった心にあのきれいな光景が私と一緒に残ってるんじゃないかなって思っています!」

——コロナ禍ということで引退も不安だったと思うが、引退ロードを完走した感想は?
HIRO’e「楽しかったです。本当にリング上でも言ったんですけど、延びた1カ月も含めてコロナで短くなった時間もそうですけど、本当にそのあとが幸せで、さらにプロレスというものに向き合って、すごく充実した時間だったんですよ。だから本当に最後の最後まで楽しかった!」

——最後のパートナーとして。
野崎「いやー、そうですね。たぶんきっと私のほうが泣きそうになってたかなって」

HIRO’e「いや、泣いてましたよ」

野崎「アレは試合前のVTRが悪い(笑)。2人で曲しか聞こえないんですけど、聞いてたら私だけ泣くという。あれは泣けましたね」

HIRO’e「いやでも私はこの引退を笑顔で終えたいと思ったんで、泣かないって思ってたんですけど、ちょっと親からの手紙って反則ですよね。あれは反則。我慢したんですけど、やっぱ気持ちは出ましたけど、最後に皆様に感謝の自分の思いを伝えられたんじゃないかなって思っています」

——最後にファンへ。
HIRO’e「えっと約6年間、プロレスラー・HIRO’e。長浜浩江の時代も含めて応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。無事に今日引退することができました。明日からは長浜浩江、一般人として生きていくのですが、たぶん皆様、いままでの私のままだったら心配が絶えないと思いますが、大丈夫って思ってもらえるような人になれるように、明日からも元気に笑顔で楽しく生きていきたいと思います」

野崎「絶対変わらないじゃん、それ(笑!」

HIRO’e「いいんです! でもこれからもファンの皆様とかかわることは減りますが、こうやって先輩たちとは絡んでいきますので、これからも大いにかわいがってください。はははははは」

野崎「図々しい!」

HIRO’e「皆様、本当にありがとうございました。幸せでした!」

野崎「お疲れさま!」

HIRO’e「ありがとうございます」
2020.09.13

『HIRO’eメモリアルwave~COUNTDOWN LONG BEACH・5日~』

9月21日(月・祝)
『SENDAI WAVE KEEP SMILE:)11~again~』
日時
9月13日  日曜日
観衆
50人※超満員札止め
場所
蕨・アイスリボン道場
none
1、メモリアルwave~COUNTDOWN LONG BEACH・5日~(20分1本勝負)
○門倉凛&桃野美桜(14分20秒 ウラカン・ラナ)HIRO'e●&高瀬みゆき


none
2、メモリアルwave~COUNTDOWN LONG BEACH・5日~(15分1本勝負)
○HIRO’e(8分40秒 ヒロギョプサム)門倉凛●
none